松尾芭蕉・おくのほそ道文学館
おくのほそ道文学館 松尾芭蕉真筆展示室
天宥法印追悼句文
出羽三山歴史博物館所蔵

天宥法印追悼句文
              芭蕉庵桃青拝 
羽黒山別当執行不分叟(「叟」は長老の意。「不分叟」は、別当・執行の両方を兼ねたことを表したもの)天宥法印は、行法いみじききこ(聞)え有て、止観円覚の仏智才用(仏法の智恵を働かせる意)、人にほどこ(施)して、あるは山を穿(うがち)、石を刻て、巨霊が力、女(中国上古の女帝の名)がたく(工)みを尽して、坊舎を築、階を作れる、青雲の滴をうけて、筧の水とほ(遠)くめぐらせ、石の器・木の工、此山の奇物となれるもの多シ。一山挙て其名をした(慕)ひ、其徳をあふ(仰)ぐ。まことにふたゝび羽山開基にひとし。されどもいかなる天災のなせるにやあらん、いづ(伊豆)の国八重の汐風に身をただよ(漂)ひて、波の露はかなきたよ(便)りをなむ告侍るとかや。此度下官(やつがれ[僕]。自分の謙称)、三山順礼の序(ついで)、追悼一句奉るべきよし、門生(「生」を見せ消ちに「」に改める)等しきりにすゝ(勧)めらるゝによりて、をろをろ(おろおろ)戯言一句(謙遜して「中身のない一句」と言ったもの)をつらねて、香の後二(焼香の後に)手向(たむけ)侍る。いと憚(はばかり)多事になん侍る。
  無(「無」を見せ消ちに「」に改める。「其玉」は天宥法印の魂)玉や羽黒にかへす法
(のり。仏法)の月
  元禄二年季夏
上の句文は、「門徒等しきりにすゝめらるゝによりて」とあるように、芭蕉が羽黒山に滞在中、天宥の門徒であった人々が、天宥追悼の一句を(羽黒山に奉納するように)勧めたことから詠まれたもの。真蹟は、現在、出羽三山歴史博物館に所蔵されている。

[参 照]

俳聖 松尾芭蕉・みちのくの足跡

第24集 芭蕉と出羽三山


掲載している画像について

「天宥法印追悼句文」の画像は、
出羽三山神社から借用したもので、許可を得て掲載しています。

掲載している画像の無断使用・転載を禁止します。


おくのほそ道 総合データベース

俳聖 松尾芭蕉・みちのくの足跡

松尾芭蕉・おくのほそ道文学館


Copyright(C) 2004-2006  LAP Edc. SOFT.  All Rights Reserved.
 
Maintained online by webmaster@bashouan.com
 
LAP Edc. SOFTのホームページ

 
LAP Edc. SOFTのホームページ