_ _












 

田一枚植て立去る柳かな
こそ立より侍つれ

給ふを

いづくのほどにやと思ひしを

今日此柳のかげに
此所の郡守戸部某の此柳みせばやなど


ゝにの給ひ聞え



清水ながる
ゝの柳は蘆野の里にありて田の畔に残る



蜂蝶のたぐひ真砂の色の見えぬほどかさなり死す

 
殺生石は温泉の出る山陰にあり

石の毒気いまだほろび
 

野を横に馬牽むけよほと
ゝぎす

のこ

短冊得させよと乞

やさしき事を望侍るものかなと

 
是より殺生石に行

館代より馬にて送らる

此口付のお


とりあへぬ一句を柱に残侍し

 

木啄も庵はやぶらず夏木立
法雲法師の石室をみるがごとし

ぼれば

石上の小庵岩窟にむすびかけたり

妙禅師の死関



さて

かの跡はいづくのほどにやと

後の山によぢの


卯月の天今猶寒し

十景尽る所

橋をわたつて山門に
はおくあるけしきにて

谷道遥に

松杉黒く

苔した
ゞり
き人おほく道のほど打さはぎて

おぼえず彼梺に到る

みんと雲岸寺に杖を曳ば


々す
ゝんで共にいざなひ



松の炭して岩に書付侍りと

いつぞや聞え給ふ

其跡
 



むすぶもくやし雨なかりせば
 

 
竪横の五尺にたらぬ草の庵
 
当国雲岸寺のおくに佛頂和尚山居跡あり

 

夏山に足駄を拝む首途哉
まねかれて行者堂を拝す

えらる

暮れば桃翠宅に帰る

修験光明寺と云有

そこに



とちかひしも此神社にて侍と聞ば

感應殊しきりに覚
宮に詣

与一扇の的を射し時


別しては我国氏神正八ま
那須の篠原をわけて玉藻の前の古墳をとふ

それより八幡
ふるま



日とひ郊外に逍遙して

犬追物の跡を一見し

ぶらひ

自の家にも伴ひて

親属の方にもまねかれ

日を
じの悦び

日夜語つ

けて

其弟桃翠など云が

朝夕勤と
 
黒羽の館代浄坊寺何がしの方に音信る

思ひがけぬある
頓て人里に至れば

あたひを鞍つぼに結付て

馬を返しぬ
 

かさねとは八重撫子の名成べし

曽良

しかりければ


しる

独は小姫にて

名をかさねと云

聞なれぬ名のやさ





かし侍ぬ

ちいさき者ふたり

馬の跡したひては
えん

あやしう侍れば

此馬のと

まる所にて馬を返し給
ども此野は縦横にわかれて

うゐうゐ敷旅人の道ふみたが
どもさすがに情しらぬには非ず


いか
ゞすべきや

され
に野飼の馬あり

草刈おのこになげきよれば

野夫といへ
暮る

農夫の家に一夜をかりて

明れば又野中を行

そこ


直道をゆかんとす

遥に一村を見かけて行に

雨降日
 
那須の黒ばねと云所に知人あれば

是より野越にか

 

暫時は瀧に籠るや夏の初


うらみの瀧と申伝え侍る也

岩の碧潭に落たり

岩窟に身をひそめ入て瀧の裏よりみれ
 
廿余丁山を登つて瀧有

岩洞の頂より飛流して百尺

仍て黒髪山の句有


衣更


の二字力ありてきこゆ

旅立暁髪を剃て墨染にさまをかえ

惣五を改て宗悟とす

潟の眺共にせん事を悦び

且は羈旅の難をいたはらんと


をならべて

予が薪水の労をたすく

このたび松しま

 
曽良は河合氏にして

惣五郎といへり

芭蕉の下葉に軒
 

剃捨て黒髪山に衣更

曽良

 
黒髪山は霞か

りて

雪いまだ白し

 

あらたうと青葉若葉の日の光
民安堵の栖穏なり

猶憚多くて筆をさし置ぬ

にや

今此御光一天にか

やきて

恩沢八荒にあふれ

空海大師開基の時

日光と改給ふ

千歳未来をさとり給ふ
 
卯月朔日

御山に詣拝す

往昔此御山を二荒山と書しを

に近きたぐひ

気禀の清質尤尊ぶべし



唯無智無分別にして

正直偏固の者也

剛毅木訥の仁
をたすけ給ふにやと

あるじのなす事に心をと

めてみる
の濁世塵土に示現して



る桑門の乞食順礼ごときの人



一夜の草の枕も打解て休み給へ


と云

いかなる仏
を佛五左衛門と云

萬正直を旨とする故に

人かくは申侍
 
卅日

日光山の梺に泊る

あるじの云けるやう


我名
縁記の旨世に伝ふ事も侍し

煙を読習し侍もこの謂也





このしろといふ魚を禁ず

中に


々出見のみこと生れ給ひしより室の八嶋と申

姫の神と申て富士一躰也

無戸室に入て焼給ふちかひのみ

室の八嶋に詣す

同行曽良が曰


此神は木の花さくや
なれるこそわりなけれ

たき餞などしたるは

さすがに打捨がたくて

路次の煩と
は夜の防ぎ

ゆかた

雨具

墨筆のたぐひ

あるはさりが
れる物

先くるしむ

只身すがらにと出立侍を

帋子一衣


其日漸早加と云宿にたどり着にけり

痩骨の肩にか

まだめに見ぬさかひ

若生て帰らばと

定なき頼の末をか
ひたちて

呉天に白髪の恨を重ぬといへ共

耳にふれてい
 
ことし元禄二とせにや

奥羽長途の行脚只かりそめに思
ならびて

後かげのみゆる迄はと見送なるべし

是を矢立の初として

行道なをす
ゝまず


々は途中に


行春や鳥啼魚の目は泪
別の泪をそ
ゝぐ



前途三千里のおもひ胸にふさがりて

幻のちまたに離
りつどひて

舟に乗て送る

千じゆと云所にて船をあがれ
花の梢

又いつかはと心ぼそし

むつましきかぎりは宵よ
光おさまれる物から

不二の嶺幽にみえ


上野
・谷中の
 
弥生も末の七日

明ぼの
ゝ空朧

として

月は在明にて
面八句を庵の柱に懸置


草の戸も住替る代ぞひなの家
住る方は人に譲り

杉風が別墅に移るに

かえて

三里に灸すゆるより

松島の月先心にか
ゝりて

ひて

取もの手につかず


ゝ引の破をつ
ゞり

笠の緒付

ゞろ神の物につきて心をくるはせ

道祖神のまねきにあ
らひ




年も


春立る霞の空に白川の関こえん



海浜にさすらへ

去年の秋江上の破屋に蜘の古
巣をは
づれの年より


片雲の風にさそはれて

漂泊の思ひやま
旅にし
て旅を栖とす

古人も多く旅に死せるあり

予もい
に生涯をうか


馬の口とらえて老をむかふる物は



月日は百代の過客にして

行かふ年も又旅人也

舟の上

 

































松尾芭蕉著





西村本




















奥の細道絵巻-殺生石へ (朝日山法圓寺所蔵) 奥の細道画巻-那須野 (逸翁美術館所蔵) 文学館資料  
那須野が原
第十九集 奥の細道絵巻-仏五左衛門 (朝日山法圓寺所蔵) 文学館資料  
日光
第十八集 文学館資料  
室の八島
第十七集 文学館資料  
草加
第十六集 奥の細道画巻-旅立ち (逸翁美術館所蔵) 文学館資料  
旅立ち
第十五集 芭蕉行脚図-許六筆 (天理大学附属天理図書館所蔵)
文学館資料