_ _

白河

多賀城


増りて塩がまの浦に入相のかねを聞 し枝をつらぬる契の末も終はかくのごときと悲しさも て末松山といふ松のあひあひ皆墓はらにてはねをかは  
それより野田の玉川
・沖の石を尋ぬ末の松山は寺を造
の労をわすれて泪も落るばかり也 今眼前に古人の心を閲す行脚の一徳存命の悦び羈旅 跡たしかならぬ事のみを爰に至りて疑なき千歳の記念 にかくれ木は老て若木にかはれば時移り代変じて 語傳ふといへども山崩川流て道あらたまり石は埋て土 武皇帝の御時に当れりむかしよりよみ置る哥枕おほく 東山節度使同将軍恵美朝臣修造而十二月朔日と有 鎮守府将軍大野朝臣東人之所置也天平宝字六年参議東海 幽也四維国界之数里をしるす此城神亀元年按察使  
つぼの石ぶみは高サ六尺餘横三尺斗歟苔を穿て文字
 
壷碑

市川村多賀城に有
符の菅有今も年
々十符の菅菰を調て国守に献ずと云り
 
かの画図にまかせてたどり行ばおくの細道の山際に十
 
 
あやめ草足に結ん草鞋の緒
爰に至りて其実を顕す の染緒つけたる草鞋二足餞すさればこそ風流のしれもの くれぬ松嶋
・塩がまの所
画に書て送る



とはよみたれ薬師堂
・天神の御社など拝て其日は
と云とぞ昔もかく露ふかければこそ

みさぶらひみか
あせび咲ころ也日影ももらぬ松の林に入て爰を木の下 秋の景色思ひやらる
玉田
・よこ野
・つ
ゝじが岡は
ころを考置侍ればとて一日案内す宮城野の萩茂りあひ る者と聞て知る人になるこの者年比さだかならぬ名ど て四五日逗留す爰に画工加右衛門と云ものあり聊心あ  
名取川を渡て仙台に入あやめふく日也旅宿をもとめ
 

桜より松は二木を三月越し
 
たりければ
 

武隈の松みせ申せ遅桜


と挙白と云もの
ゝ餞別し
けしきになん侍し と聞に今将千歳のかたちと
ゝのほひてめでたき松の


とは詠たり
あるは伐あるひは植継などせし
橋杭にせられたる事などあればにや

松は此たび跡もな
往昔むつのかみにて下りし人此木を伐て名取川の にわかれて昔の姿うしなはずとしらる先能因法師思ひ  
武隈の松にこそめ覚る心地はすれ根は土際より二木
 
岩沼に宿る
 
 
笠嶋はいづこさ月のぬかり道
の折にふれたりと 侍ればよそながら眺やりて過るに蓑輪
・笠嶋も五月雨
今にありと教ゆ此比の五月雨に道いとあしく身つかれ る山際の里をみのわ
・笠嶋と云道祖神の社
・かた見の薄
塚はいづくのほどならんと人にとへば是より遥右に見ゆ  
鐙摺
・白石の城を過笠嶋の郡に入れば藤中将実方の
こす 命なりと気力聊とり直し路縦横に踏で伊達の大木戸を 羇旅辺土の行脚捨身無常の観念道路にしなん是天の 出る遥なる行末をか
ゝえて斯る病覚束なしといへど
又旅立ぬ夜の余波心す
ゝまず馬かりて桑折の駅に
さへおこりて消入斗になん短夜の空もやうやう明れば 降て臥る上よりもり
・蚊にせ
ゝられて眠らず持病
火かげに寝所をまうけて臥す夜に入て雷鳴雨しきりに 坐に筵を敷てあやしき貧家也灯もなければゐろりの  
其夜飯塚にとまる温泉あれば湯に入て宿をかるに
五月朔日の事也  

笈も太刀も五月にかざれ帋幟
物とす 入て茶を乞へば爰に義経の太刀弁慶が笈をと
ゞめて什
かなと袂をぬらしぬ堕涙の石碑も遠きにあらず寺に 先哀也女なれどもかひがひしき名の世に聞えつる物 はらの古寺に一家の石碑を残す中にも二人の嫁がしる に大手の跡など人の教ゆるにまかせて泪を落し又かた ね尋ね行に丸山と云に尋あたる庄司が旧館也 が旧跡は左の山際一里半斗に有飯塚の里鯖野と聞て尋  月の輪のわたしを越て瀬の上と云宿に出づ佐藤庄司  

早苗とる手もとや昔しのぶ摺
にふしたりと云さもあるべき事にや 此石を試侍をにくみて此谷につき落せば石の面下ざま 昔は此山の上に侍しを往来の人の麦草をあらして 遥山陰の小里に石半土に埋てあり里の童べの来りて教け  
あくればしのぶもぢ摺の石を尋て忍ぶのさとに行
の岩屋一見し福島に宿る 日は山の端にか
ゝりぬ二本松より右にきれて黒塚
更知人なし沼を尋人にとひかつみかつみと尋ありき いづれの草を花かつみとは云ぞと
々に尋侍れど
路より近し此あたり沼多しかつみ刈比もや
ゝ近うなれ
 
等窮が宅を出て五里計桧皮の宿を離れてあさか山有
 

世の人の見付ぬ花や軒の栗
 
行基菩薩の一生杖にも柱にも此木を用給ふとかや
 
栗といふ文字は西の木と書て西方浄土に便ありと
付侍る其詞 僧有橡ひろふ太山もかくやとしづかに覚られてものに書  此宿の傍に大きなる栗の木陰をたのみて世をいとふ 三巻となしぬ 無下にこえんもさすがにと語れば
・第三とつ
ゞけて
 

風流の初やおくの田植うた
を断てはかばかしう思ひめぐらさず くるしみ身心つかれ且は風景に魂うば
ゝれ懐旧に腸
日と
ゞめらる先白河の関いかにこえつるやと問長途の
影うつらずすか川の駅に等窮といふものを尋て ひて山つらなるかげ沼と云所を行に今日は空曇て物 高く右に岩城
・相馬
・三春の庄常陸
・下野の地をさか
 とかくして越行ま
ゝにあぶくま川を渡る左に会津根
 
 
卯の花をかざしに関の晴着かな

曽良
衣装を改し事など
清輔の筆にもと
ゞめ置れしとぞ
花の咲そひて
雪にもこゆる心地ぞする
古人冠を正し
を俤にして
青葉の梢猶あはれ也
卯の花の白妙に
茨の
一にして
風騒の人
心をと
ゞむ
秋風を耳に残し
紅葉
定りぬ
いかで都へと便求しも断也
中にも此関は三関の
 
心許なき日かず重るま
ゝに
白川の関にか
ゝりて
旅心

 
















白河

多賀城











松尾芭蕉著





西村本




















奥の細道画巻-壷の碑 (京都国立博物館所蔵) 文学館資料  
多賀城
第十三集 文学館資料  
仙台
第十二集 奥州道中増補行程記 (盛岡市中央公民館所蔵) 文学館資料  
岩沼
第十集 文学館資料  
名取
第十一集  
白石
第九集 奥の細道絵巻-飯塚の宿 (朝日山法圓寺所蔵) 奥の細道画巻-二人の嫁 (逸翁美術館所蔵) 文学館資料  
福島
第八集 文学館資料  
二本松

第七集
 
郡山
第六集 奥の細道絵巻-須賀川 (朝日山法圓寺所蔵) 文学館資料  
須賀川
第五集 文学館資料  
白河
第四集