_ _









 

しほらしき名や小松吹萩す
ゝき
 



小松と云所にて
 

あかあかと日は難面もあきの風
 



途中吟
 

秋涼し手毎にむけや瓜茄子
 



ある草庵にいざなはれて
 
 
塚も動け我泣声は秋の風
追善を催すに
えて世に知人も侍しに去年の冬早世したりとて其兄 ともにす一笑と云ものは此道にすける名のほのぼの聞 爰に大坂よりかよふ商人何処と云者有それが旅宿を  
卯の花山
・くりからが谷をこえて金沢は七月中の五日
 
 
わせの香や分入右は有磯海
かすものあるまじ


といひをどされて

ゞの国に入
ふの山陰にいり
蜑の苫ぶきかすかなれば
蘆の一夜の宿
きものをと人に尋れば

是より五里いそ伝ひして
むか
と云浦に出
擔篭の藤浪は春ならずとも
初秋の哀とふべ
 
くろべ四十八か瀬とかや
数しらぬ川をわたりて
那古
曽良にかたれば書と
ゞめ侍る
 

一家に遊女もねたり萩と月
べし


と云捨て出つ
哀さしばらくやまざりけら
只人の行にまかせて行べし神明の加護かならず恙なかる の事には侍れども


々は所
々にてと
ゞまる方おほし

大慈のめぐみをたれて結縁せさせ給へ


と泪を落す不便
見えがくれにも御跡をしたひ侍ん衣の上の御情に

行衛しらぬ旅路のうさあまり覚束なう悲しく侍れ
物云をきくきく寐入てあした旅立に
々にむかひ
ましう下りて定めなき契
々の業因いかにつたなし



白浪のよする汀に身をはふらかしあまのこの世をあさ
は古郷にかへす文した
ゝめてはかなき言伝などしやる也

成し伊勢参宮するとて此関までおのこの送りてあす の声も交て物語するをきけば越後の国新潟と云所の遊女 隔て面の方に若き女の声二人計ときこゆ年老たるおのこ 一の難所を越てつかれ侍れば枕引よせて寐たるに一間  
今日は親しらず
子しらず
・犬もどり
・駒返しなど云北国
 

荒海や佐渡によこたふ天河
 

文月や六日も常の夜には似ず
さず 此間九日暑湿の労に神をなやまし病おこりて事をしる 越後の地に歩行を改て越中の国一ぶりの関に到る をいたましめて加賀の府まで百卅里と聞鼠の関をこゆれ  
酒田の余波日を重て北陸道の雲に望
々のおもひ胸
 

波こえぬ契ありてやみさごの巣

曽良
 



岩上に雎鳩の巣をみる
 

蜑の家や戸板を敷て夕涼

みの
ゝ国の商人

低耳
 

象潟や料理何くふ神祭

曽良
 



祭礼
 

汐越や鶴はぎぬれて海涼し
 

象潟や雨に西施がねぶの花
さに悲しみをくはえて地勢魂をなやますに似たり 異なり松嶋は笑ふが如く象潟はうらむがごとし寂し を汐こしと云江の縦横一里ばかり俤松嶋にかよひて又 堤を築て秋田にかよふ道遥に海北にかまえて浪打入る所 うつりて江にあり西はむやむやの関路をかぎり東に を捲ば風景一眼の中に尽て南に鳥海天をさ
ゝえ其陰
し事いまだ聞ずいかなる事にや此寺の方丈に座して簾 神功后宮の御墓と云寺を干満珠寺と云比處に行幸あり し桜の老木西行法師の記念をのこす江上に御陵あり むかふの岸に舟をあがれば

花の上こぐ

とよまれ
をうかぶ先能因嶋に舟をよせて三年幽居の跡をとぶら  
其朝天能霽て朝日花やかにさし出る程に象潟に舟
を待 雨後の晴色又頼母敷と蜑の苫屋に膝をいれて雨の晴 て鳥海の山かくる闇中に莫作して

雨も又奇也

とせ
十里日影や
ゝかたぶく比汐風真砂を吹上雨朦朧とし
湊より東北の方山を越礒を伝ひいさごをふみて其際  
江山水陸の風光数を尽して今象潟に方寸を責酒田の
 

暑き日を海にいれたり最上川
 

あつみ山や吹浦かけて夕す
ゞみ
乗て酒田の湊に下る淵庵不玉と云医師の許を宿とす にむかへられて誹諧一巻有左吉も共に送りぬ川舟に  
羽黒を立て鶴が岡の城下長山氏重行と云物のふの家
 

湯殿山銭ふむ道の泪かな

曽良
 

語られぬ湯殿にぬらす袂かな
 

雲の峯幾つ崩て月の山
 

涼しさやほの三か月の羽黒山
に帰れば阿闍利の需に依て三山順礼の句
々短冊に書
式として他言する事を禁ず仍て筆をと
ゞめて記さず
思ひ出て猶まさりて覚ゆ惣而此山中の微細行者の法 炎天の梅花爰にかほるがごとし行尊僧正の哥の哀も爰に り積雪の下に埋て春を忘れぬ遅ざくらの花の心わりなし ふほど三尺ばかりなる桜のつぼみ半ばひらけるあり の執あさからぬ事しられたり岩に腰かけてしばしやすら に剣を淬とかや干将
・莫耶のむかしをしたふ道に堪能
潔斎して劔を打終月山と銘を切て世に賞せらる彼龍泉  
谷の傍に鍛治小屋と云有此国の鍛治霊水を撰て爰に
を枕として臥て明るを待日出て雲消れば湯殿に下る 息絶身こ
ゞえて頂上に至れば日没て月顕る笹を鋪
てのぼる事八里更に日月行道の雲関に入かとあやしまれ 強力と云ものに道びかれて雲霧山気の中に氷雪を踏  
八日月山にのぼる木綿しめ身に引かけ宝冠に頭を
してめで度御山と謂つべし 修験行法を励し霊山霊地の験効人貴且恐る繁栄長に かに円頓融通の法の灯か
ゝげそひて僧坊棟をならべ
を合て三山とす当寺武江東叡に属して天台止観の月明ら 羽を此国の貢に献る


と風土記に侍とやらん月山
・湯殿
して

羽黒山

と云にや

出羽

といへるは

鳥の毛



の字を
里山

となせるにや

羽州黒山

を中略
云事をしらず延喜式に
羽州里山の神社


と有書写
 
五日権現に詣当山開闢能除大師はいづれの代の人と
 

有難や雪をかほらす南谷
 
四日本坊にをゐて誹諧興行
かにあるじせらる 代会覚阿闍利に謁す南谷の別院に舎して憐愍の情こまや  
六月三日羽黒山に登る図司左吉と云者を尋て別当
 
 
五月雨をあつめて早し最上川
隙隙に落て仙人堂岸に臨て立水みなぎつて舟あやうし 稲つみたるをやいな船といふならし白糸の瀧は青葉の は酒田の海に入左右山覆ひ茂みの中に船を下す是に はやぶさなど云おそろしき難所有板敷山の北を流て  
最上川はみちのくより出て山形を水上とすごてん
き一巻残しぬこのたびの風流爰に至れり まよふといへどもみちしるべする人しなければとわりな 心をやはらげ此道にさぐりあし
ゝて新古ふた道にふみ
諧の種こぼれて忘れぬ花のむかしをしたひ芦角一声の  
最上川のらんと大石田と云所に日和を待爰に古き誹

 
































松尾芭蕉著





西村本




















◇金沢 ◇那古の浦 奥の細道画巻-市振 (京都国立博物館所蔵) ◇市振 ◇越後路 奥の細道絵巻-象潟 (朝日山法圓寺所蔵) ◇象潟 奥の細道画巻-酒田 (京都国立博物館所蔵)  
酒田
◇鶴岡 奥の細道絵巻-羽黒山 (朝日山法圓寺所蔵) ◇出羽三山 奥の細道絵巻-最上川下り (朝日山法圓寺所蔵)  
最上川
◇大石田