松尾芭蕉の旅 鹿島紀行
俳聖 松尾芭蕉・生涯データベース
_
鹿島紀行
旅立ち、旅の同伴者、行徳





洛の貞室須磨の浦の月見にゆきて、「松かげや月は三五夜中納言」と云けん、狂夫のむかしもなつかしきままに、此秋かしまの山の月見んと、思ひ立つことあり。 京都の貞室が、須磨の浦の月を見に行って「松かげや月は三五夜中納言」と吟じたそうである。その風狂の人の昔のことが懐かしく思われたので、この秋、鹿島で月見をしようと思い立った。
伴ふ人ふたり、浪客の士ひとり、一人は水雲の僧 同行の者二人。一人は浮浪の士で、もう一人は行脚の僧である。
々(僧)はからすのごとくなる墨の衣に三衣の袋を衿に打かけ、出山の尊像を厨子にあがめ入てうしろにせおひ、引ならして、無門の関もさはるものなく、あめつちに独歩して出ぬ その僧は、烏のように黒い墨染めの衣に、三衣の袋を衿首にかけ、出山釈迦像を厨子に安置して背負い、kk01.gif (848 バイト)杖を引き鳴らし、かの無門の大道に通じる路の関を障(さわ)りなく通れるほどの悟りを開き、天地に独歩して旅立った。
今ひとりは僧にもあらず俗にもあらず、鳥鼠の間に名をかうぶりの鳥なき島にもわたりぬべく、門より舟にのりて、行徳と云処に至る。 もう一人の旅人である私は、僧でもなく俗人でもなく、同じように鳥とも鼠ともつかない蝙蝠(こうもり)が、都合のよい「鳥なき島」に渡るように、鹿島を目指し、草庵の門前から舟に乗って、行徳というところに到着した。

[語 釈]

洛の貞室
「洛」は「都」の意で、特に京都のこと。後漢以後、洛陽に数国の都が置かれたことに因む。
「貞室」は京都の紙商、安原正章。1610〜1673。通称、鍵谷彦右衛門。江戸前期の俳人で、松永貞徳の高弟。貞室、一嚢軒などを号す。
須磨の浦
「須磨」は歌枕。風光明媚で、明石とともに古くから月の名所として知られる。「一の谷」は当地の古戦場。海辺の「須磨の浦」は白砂青松の名所で、蕪村が「春の海終日のたりのたりかな」の句を詠んだ所と伝えられる。


芭蕉は、貞享五年の「笈の小文」の旅で須磨、明石を訪ね「
かたつぶり角ふりわけよ須磨明石」の句を詠み遺した。
松かげや月は三五夜中納言
「三五夜」は仲秋十五夜。白楽天の「三五夜中新月色 二千里外故人心」(和漢朗詠集)の詩句を踏み、「三五夜中納言」の「(夜)中」は、「中納言」の「中」に掛けたもの。


「中納言」は在原行平のこと。行平は、文徳天皇の頃に須磨に閑居したことがある。
  田村の御時に、事にあたりて津の国の須磨といふ所にこもり
  侍りけるに、宮の内に侍りける人に遣はしける。
  在原行平朝臣、
  わくらばに問ふ人あらば須磨の浦に藻鹽たれつつ侘ぶと答へよ
  (古今和歌集)


「松陰や月は三五夜中納言」の句意は「須磨の裏の白砂に、美しく松のかげを落とす月はと見上げれば、時あたかも十五夜の月であるよ。その昔、須磨に閑居した中納言行平もこの月を眺めたのだろうなあ」。これは安原貞室の句として本文に掲げられたものだが、真の句形は「松にすめ月も三五夜中納言」(玉海集)。
狂夫
風狂の人。風雅に徹する人。
ままに
(理由・原因を表して)〜なので。
かしまの山
「かしま(の山)」は、鹿島神宮が所在する常陸国鹿島郡の地。現在の茨城県鹿嶋市。
浪客の士
浮浪流離の士、浮浪する人。ここでは、河合曽良のこと。
水雲の僧
行雲流水の僧、行脚の僧。ここでは、深川芭蕉庵の隣人、僧宗波(そうは)のこと。「栞集」に「隣菴の僧宗波たびにおもむかれけるを 
古巣只あはれなるべき隣かな」とある。
三衣の袋
「三衣(さんえ)」は、僧侶が着る三種の袈裟(大衣、上衣、内衣)。「三衣の袋」は、それらを携帯するための袋。
出山の尊像を厨子にあが(崇)め入て
「出山(しゅっさん)の尊象」は、修行の山を下る釈迦牟尼の像。出山釈迦像。
「厨子」は、仏像などを安置する仏具。ここでは、出山釈迦像を安置し携帯した箱。
kk01.gif (848 バイト)
しゅじょう。ちゅうじょう。僧が携える杖。主に禅宗の僧が用いる杖をいう。
無門の関もさは(障)るものなく、あめつち(天地)に独歩して出ぬ
宋の禅僧・無門慧開が、古人の公案四十八則を評釈した仏書「無門関」の自序にある頌(じゅ)「大道無門、千差有路、透得此関、乾坤獨歩」を踏まえたもの。その意は「大いなる道(悟り)に入る門といった物は無いが、それに通じる路は限りなくある。この路にある関門を努力して通り抜けることができれば、天地を問わず独りで歩いて行ける」。


これより、上は「かの無門の大道に通じる路の関を、障なく通れるほどの悟りを開き、天地に独歩して旅立った」の意。
鳥鼠の間に名をかうぶりの鳥なき島にもわたりぬべく
「鳥鼠の間に名をかうぶり」の「かうぶり」は、「かうもり(コウモリ。蝙蝠)」が、鳥でも鼠でもなく、その間の子として名を「かうむる(こうむる。蒙る)」物として、この二語を掛け表したもの。「鳥鼠の間」の蝙蝠は、我が身を序した「僧にもあらず俗にもあらず」に関連している。


「鳥なき(島)」は、「鳥なき里の蝙蝠(優れた人のいない所で、つまらない者が幅をきかすたとえ)」の諺に触れたもので、「鳥なき島にもわたりぬべく」は「(蝙蝠が)自分にとって都合のよい、鳥のいない島に渡るように」の意。

< TOP >



掲載しているデータとリンクについて

テキストデータや画像データの無断使用・転載を固く禁止します。

  
リンクを張られる場合は、下記アドレスを対象としてください。
  
http://www.bashouan.com
 

  
俳聖 松尾芭蕉・生涯データベース
 
鹿島紀行
 
生涯データベース目次
 

 
おくのほそ道 総合データベース
 
俳聖 松尾芭蕉・みちのくの足跡
 
総合目次
 


Copyright(C) 2003-2004  LAP Edc. SOFT.  All Rights Reserved.
 Maintained online by webmaster@bashouan.com