松尾芭蕉の旅 野ざらし紀行
俳聖 松尾芭蕉・生涯データベース
_
野ざらし紀行
近江路に入って美濃へ、不破の関、大垣




大和より山城を経て、近江路に入て美濃に至る今須・山中を過て、いにしへ常盤の塚有伊勢の守武が云ける「義朝殿に似たる秋風」とはいづれの所か似たりけん。我も又、 大和から山城を経て、近江路に入り、美濃に至る。今須・山中を過ぎたところに、いにしえの常磐御前の墓がある。伊勢の荒木田守武が句に詠んだ「義朝殿に似たる秋風」の句の、義朝と秋風とは、どこがどう似ているのだろうか。私は私なりに次の一句を吟じて、
_義朝の心に似たり秋の風 枯葉を払いながら、もの淋しく吹き荒(すさ)ぶ「秋風」は、頼りとした譜代の家来に殺された義朝の、哀れの情念と通じるものがあることだよ。
  不 破 不破の関跡で一句詠んで
_秋風や藪も畠も不破の関 秋風寄せる中山道から不破に掛かると、「不破」を冠して手堅く守った関所も、今は、跡形もなく、その身を、藪や畠に委ねるばかりの有様となっていた。
大垣に泊りける夜は、木因が家をあるじとす。武蔵野を出る時、野ざらしを心に思ひて旅立ければ、 大垣に泊まった夜は、朋友の木因の家を宿にした。武蔵野を出る時、野ざらしも覚悟し、「野ざらしを心に風のしむ身かな」を矢立て初にしての旅だったので、
_死にもせぬ旅寝の果よ秋の暮 どうやら、道中、死にもせず大垣の友の家にたどり着いたと、感慨も一入(ひとしお)で迎えた秋の夕暮れであるよ。
 

【参考資料】 桑名への途次、多度権現で詠んだ句

  又いかなる時にか侍りけんたどの権現を過るとて
 宮人よ我名を散らせ落葉川 (笈日記)
 (宮人よ、川が落葉を掃き流すように、私の名が見えるこの落書きも川に流し、
  散らせてしまってくれないか)
「桜下文集」の編者木因が、本句の初案にあたる「宮守よわが名を散らせ木葉川」が詠まれた経緯について、次のように記している。
伊勢の国多度権現のいます清き拝殿の落書。

武州深川の隠泊船堂主芭蕉翁、濃州大垣観水軒のあるじ谷木因、勢尾廻国の句商人、四季折々の句召され候へ。伊勢人の発句すくはん落葉川 木因

  右の落書をいとふのこころ
 宮守よわが名を散らせ木葉川 桃青
[語 釈]
大和より山城を経て、近江路に入て美濃に至る
今の奈良県から、京都府の南部を経て、近江路に入り、岐阜県の南部に至る。「近江路」は、三条大橋から柏原宿までの区間、中仙道と重複する。その間、大津宿、草津宿、守山宿、武佐宿、愛知川宿、高宮宿、鳥居本宿、番場宿、醒井宿の九つの宿があった。
今須・山中
「今須(います)」は中山道の宿場町で、不破の関の西、滋賀との境界近くに位置する。山中は、今須のやや東。
いにしへ常盤の塚有
「常磐」は、もと近衛天皇の皇后九条院の雑仕で、源義朝の妻。源義経の母。義朝が平治の乱に敗死後、一時、今若、乙若、牛若の三子とともに大和に身を隠すが、子の命を救うために京都に引き返し、平清盛に付き従う。後、藤原長成に再嫁。芭蕉が墓参した常磐の塚は、現在の関が原町にある。死因については山中で賊徒に殺されたとの言い伝えがある。「源義経物語」参照
伊勢の守武
荒木田守武。1473〜1549。俳諧連歌師。伊勢神宮の神官荒木田守秀の九男として生まれ、宗祇に連歌を学ぶ。後、独吟「守武千句」を成すなど俳諧連歌の確立に努め、山崎宗鑑とともに「俳諧の祖」とされる。
義朝殿に似たる秋風
荒木田守武の独吟「守武千句」中にある次の付句を指す。
 月見てや常磐の里にかかるらん
 (月を見ながら歩いていると、常磐の里を通り掛かった)
   義朝殿に似たる秋風
   (常磐の里に寄せる秋風なら、「常磐」御前に心を寄せた義朝殿と似ている)
義朝の心
義朝は、1156年の保元の乱で平清盛とともに後白河天皇方について父の軍を主力とする崇徳上皇方を破り、その三年余後、藤原信頼と平治の乱を起こすが、平清盛のために破れ、東国に逃れる途中、尾張で譜代の家来に謀殺された。


芭蕉は、無念にも、頼りにした譜代の家来長田忠致に殺された「義朝の心」を、物淋しく吹き荒(すさ)ぶ「秋風」と似ている、と見たのだろう。
不破の関
歌枕。徳川家康の東軍と石田三成の西軍が戦った関が原にあり、古代、畿内防衛の為、伊勢の「鈴鹿の関」、越前の「愛発(あらち)の関」とともに設置された「三関」の一つ。平安京遷都後は、愛発関を外し逢坂関または勢多関を加えて三関と言ったが、平安期の内に三関ともに廃止されている。白河の関、勿来関、念珠関についても「三関」の称がある。
木因
谷木因(たにぼくいん)。大垣船町の船問屋に生まれる。芭蕉とは京都北村季吟の相弟子で朋友。芭蕉は、大垣で「おくのほそ道」の旅の疲れを癒し、元禄二年九月、木因亭前から舟で大垣を立った。舟には、如行などの門人も乗り込んで三里見送り、木因は、長島まで見送って送別の句を吟じた。


六日 同。辰尅出船。木因、馳走。越人、船場迄送ル。如行、今一人、三リ送ル。餞別有。申ノ上尅、杉江ヘ着。予、長禅寺ヘ上テ、陸ヲスグニ大智院ヘ到。舟ハ弱半時程遅シ。七左・由軒来テ翁ニ遇ス。(曽良随行日記)


ばせを、伊勢の国におもむけるを舟にて送り、長島といふ江に寄せて立ち別れし時、
 荻伏して見送り遠き別れ哉(木因)

< TOP >



掲載しているデータとリンクについて

テキストデータの無断使用・転載を固く禁止します。

  
リンクを張られる場合は、下記アドレスを対象としてください。
  
http://www.bashouan.com
 

 
俳聖 松尾芭蕉・生涯データベース
 
野ざらし紀行
 
生涯データベース目次
 

 
おくのほそ道 総合データベース
 
俳聖 松尾芭蕉・みちのくの足跡
 
総合目次
 


Copyright(C) 2003-2004  LAP Edc. SOFT.  All Rights Reserved.
 Maintained online by webmaster@bashouan.com