松尾芭蕉の旅 野ざらし紀行
俳聖 松尾芭蕉・生涯データベース
_
野ざらし紀行 十五
甲斐の山中、旅の終り




甲斐の山中に立よりて 甲斐の山中に立ち寄って
_行駒の麦に慰むやどり哉 旅の助けとなってくれている馬を休ませてあげよう。馬が、麦の穂をいただいてくつろいでいる姿を見ていると、わたしまで、疲れが癒されるようであるよ。
卯月の末、庵に旅の疲れをはらすほどに、 四月の末、芭蕉庵に帰って、旅の疲れを晴らすうちに、
_夏衣いまだ虱を取り尽さず 秋風を聞きながらの旅立ちであったが、こうして、夏衣をまとい、無事、草庵に戻ることができたよ。虱は、しばらく取り尽くさずにおいて、旅寝の名残を楽しむことにしよう。
[語 釈]
甲斐の山中
芭蕉は、天和二年十二月に芭蕉庵を焼失したことから、翌年の夏、一時甲斐の谷村に移り、その折も、甲斐名産の「駒」の句を詠んでいる。
  
馬ぼくぼく我を絵に見る夏野哉
  (水の友)
   甲斐の郡内といふ処に到る途中の苦吟
  
馬ぼくぼく我を絵に見る心かな
  (俳諧一葉集)

< TOP >



掲載しているデータとリンクについて

テキストデータや画像データの無断使用・転載を固く禁止します。

  
リンクを張られる場合は、下記アドレスを対象としてください。
  
http://www.bashouan.com
 

 
俳聖 松尾芭蕉・生涯データベース
 
野ざらし紀行
 
生涯データベース目次
 

 
おくのほそ道 総合データベース
 
俳聖 松尾芭蕉・みちのくの足跡
 
総合目次
 


Copyright(C) 2003-2004  LAP Edc. SOFT.  All Rights Reserved.
 Maintained online by webmaster@bashouan.com