松尾芭蕉の旅 おくのほそ道
俳聖 松尾芭蕉・生涯データベース
_
おくのほそ道
旅立ちの章段










弥生も末の七日明ぼのゝ空朧々として月は在明にて光おさまれる物から、不二の嶺幽にみえて上野・谷中の花の梢、又いつかはと心ぼそし。 三月も末の二十七日、あけぼのの空がおぼろに霞み、月は有明けの月でうすく照らしているので富士山の嶺がかすかに見わたすことができる。上野や谷中の桜の梢はいつまた見られるかと心細い思いにかられる。
むつましきかぎりは宵よりつどひて、舟に乗て送る。 私を思ってくれている弟子たちはみな昨夜から集まり、一緒に船に乗りこんでくれた。
千じゆと云所にて船をあがれば、前途三千里のおもひ胸にふさがりて、幻のちまたに離別の泪をそゝぐ。 千住というところで船をあがれば、前途はるかな道のりの一歩を踏み出したことに胸がいっぱいになり、この世は夢、幻とは思いつつも、道に立つと切ない別れで涙がとめどなく流れた。
_行春や鳥啼魚の目は泪 厳寒の冬は身にこたえ、それだけにうららかで花咲きそろう春は格別である。その春が行ってしまうのだから、鳥までもわびしさで泣いているように聞こえ、魚も目に涙を光らせているように思われるものだ。
是を矢立の初として、行道なをすゝまず。人々は途中に立ならびて、後かげのみゆる迄はと見送なるべし。 これを、旅の句の初めとして足を踏み出すが、名残りが尽きず、なかなか先に進まない。人々は道に立ち並んで、姿が見えなくなるまで見送ってくれるのだろう。
   
[ 旅のあらすじ ]


出立前日の三月二十六日(新暦五月十五日)の宵から友人や門人が採荼庵[資料]を訪れ、芭蕉との別れを惜しんだ。こうした中で詠まれたものかどうかは不明だが、一部の餞別句や歌などが今に伝えられている。

  松島行脚の餞別吟
月花を両の袂の色香かな    露沾
蛙のからに身を入る声     翁
(「いつを昔」)

  送芭蕉翁
西上人(西行上人)の其きさらぎは法けつきたれば、我順にあらず、ねがはくば花の陰より松の陰寿はいつの春にても、我とともなはむ時
松島の松陰にふたり春死む   素堂
(「己が光」)

夏初松島自清幽 雲外杜鵑声未
眺望洗心都似水 可憐蒼翠対青眸
(「素堂歌集」)


三月二十七日(新暦五月十六日)の朝、東の空が明るみはじめたころ、芭蕉は、見送りの人々と共に仙台堀(現在の仙台堀川)に浮かぶ船に乗り込み、隅田川をさかのぼった。千住大橋のたもとで船を降りると、芭蕉は、矢立の初に惜別の句を詠んで別れを告げ、門人河合曽良と共にみちのくへと旅立って行った。
千住大橋 奥の細道画巻 増補行程記 日光街道(再現) 旧日光街道
 
 
 





旅立ち

[語 釈]

弥生も末の七日
「三月も末の二十七日」の意。「弥生」は陰暦三月の末、「末の七日」は一箇月を初・中・末に分けた表しで二十七日のこと。

「随行日記」では出立日が三月二十日とされているが、岐阜の門人安川落梧に宛てた元禄二年三月二十三日付芭蕉書簡に「此廿六日江上を立ち出で候」と書かれていることから、現在は、二十六日の出立を予定したが、天候などの都合で一日延期し、翌二十七日に深川を立ったのだろうという見解が一般的となっている。「随行日記」にある三月二十日については、当日、何らかの事情で曽良が一人で深川を立ち、七日後の二十七日に千住で芭蕉と落ち合ったものと見られる。詳しくは[
資料]を参照。
明ぼのゝ空朧々として
「あけぼの空」は、明るみはじめた空。「朧々(ろうろう)」は、おぼろに(ほのかに)霞んださま。
月は在明にて光おさまれる物から、不二の嶺幽にみえて
源氏物語「帚木(ははきぎ)」の巻の「月は有明にて、光をさまれるものから、影さやかに見えて、なかなかをかしき曙なり」に拠る。

「在明(ありあけ)」は「有明」で、夜明けのころまだ空に残っている月。また、月を残しながら夜が明けようとするころ。

「をさ(収・納)まる」は、目立たなくなる、消える。

「不二」は富士山。

「物から」は、順接、逆接などの受け取り方があり、順接の場合、「東の空が白みはじめたばかりであり、月は有明けの月でうすく照らしているだけ【なので】、かすかにではあるが富士の嶺が見える」、逆接の場合は、「東の空が白みはじめたばかりで、有明けの月がうすく照らしているだけ【なのだが】、かすかに富士の嶺が見える」ほどの意となる。
上野・谷中の花
「花」は「桜花」。上野、谷中は当時から桜の名所として知られ、深川の芭蕉庵から上野・浅草方面の桜が見渡せたという。貞享四年の句に、「草庵」を前書にした「花の雲鐘は上野か浅草歟」があり、前年の貞享三年の句に、同じく芭蕉庵からの眺望を詠んだ「観音の甍(いらか)見やりつ花の雲」の句がある。
むつましきかぎり
「むつましき者の限り」で、「私を思ってくれている弟子たちはみな」。「かぎり」は、「全員、皆」の意。
舟に乗て
杉山杉風の別墅採荼庵の脇を流れる仙台堀から乗船。仙台堀は、昭和四十年、河川法改正により砂町運河と合わせて「仙台堀川」となった。
千じゆ
千住。江戸期に、日光街道第一番目に置かれた宿駅。文禄三年(1594)建造の千住大橋は、隅田川に架けられた最初の橋。
幻のちまたに
「この世は夢、幻とは思いつつも、(千住の)道に立つと」ほどの意。「ちまた」は、分かれ道、町中を通る道の意。「道股(ちまた)」から。
行春や鳥啼魚の目は泪
惜春の情に、江戸・知人との惜別の思いを重ねた句。

「鮎の子の白魚送る別哉」も千住吟の句で、風国編「泊船集」(元禄十一年)に「留別(りゅうべつ)」、等躬編「伊達衣」(元禄十二年)に「常陸下向に江戸を出る時、送りの人に」の前書で採録されている。この「鮎の子の」句が「おくのほそ道」に載らなかったことについては、土芳自筆「芭蕉句集草稿」(宝永五、六年頃)に記す「此句、松島旅立の比、送りける人に云出侍れども、位あしく仕かへ侍ると、直に聞えし句也」から、その事情が窺い知られる。
矢立の初
「矢立」は、筆と墨壷を備えた昔の携帯用筆記道具。「矢立の初」は、一連の旅中吟の書き初めを意味する。

< TOP >



「おくのほそ道」のテキストについて


本テキストは、俳聖 松尾芭蕉・生涯データベース
および、FLASHムービー「 おくのほそ道を行く」の副読本
としてLAP Edc. SOFTが制作したものです。




掲載しているデータとリンクについて

テキストデータや画像データの無断使用・転載を固く禁止します。

  
リンクを張られる場合は、下記アドレスを対象としてください。
  
http://www.bashouan.com


 

  
俳聖 松尾芭蕉・生涯データベース
 
おくのほそ道
 
生涯データベース目次
 

 
おくのほそ道 総合データベース
 
俳聖 松尾芭蕉・みちのくの足跡
 
総合目次
 


Copyright(C) 2004-2006  LAP Edc. SOFT.  All Rights Reserved.

 Maintained online by webmaster@bashouan.com
 
LAP Edc. SOFTのホームページ

 
LAP Edc. SOFTのホームページ