松尾芭蕉の旅 おくのほそ道
俳聖 松尾芭蕉・生涯データベース
_
おくのほそ道
日光山の章段










卯月朔日、御山に詣拝す 四月一日、日光山に参詣する。
往昔此御山を二荒山と書しを、空海大師開基の時、日光と改給ふ。千歳未来をさとり給ふにや。 その昔、この御山を二荒山と書いたが、空海大師が開基の時に日光と改めなさった。千年後の将来を推しはかってのことだったろうか。
今此御光一天にかゝやきて、恩沢八荒にあふれ、四民安堵の栖穏なり 今になって、ここ日光山東照宮のご威光が天下に輝き、そのお恵みは国の八方の果てまで行き渡り、士農工商の民がすべて安堵な暮しができ平穏である。
猶憚多くて筆をさし置ぬ。 なお、これ以上日光山にふれるのは恐れ多いので、このあたりで筆をおくことにする。
_あらたうと青葉若葉の日の光 青葉や若葉に差し込む日の光は、この日光山が国の八方まで放つご威光そのもので、実に尊いものであるよ。
黒髪山は霞かゝりて、雪いまだ白し。 黒髪山は霞がかって、雪が今なお白く残っている。
_剃捨て黒髪山に衣更 曽良 黒髪を剃り捨てて墨染めの衣で行脚の旅に出たが、おりしも今日は四月の一日。衣更えの日をこの黒髪山の麓で迎えることになったとは。
曽良は河合氏にして、惣五郎といへり。芭蕉の下葉に軒をならべて、予が薪水の労をたすく。 曽良は河合氏で、名を惣五郎という。深川の芭蕉庵と軒を並べるようにして住み、家事の労を助けてくれている。
このたび松しま・象潟の眺共にせん事を悦び、且は羈旅の難をいたはらんと、旅立暁髪を剃て墨染にさまをかえ、惣五を改て宗悟とす。 このたび松島や象潟を共に眺めることを喜び、さらには旅の辛さをいたわってくれようとして共に旅立ち、その朝に黒髪を剃って墨染めの僧衣をまとって姿を変え、惣五を宗悟に改めた。
仍て黒髪山の句有。「衣更」の二字力ありてきこゆ。 このような経緯から黒髪山の句が作られた。「衣更」の二字に、本来の衣更えと行脚の決意が共に感じられ、力強く聞こえる。
廿余丁山を登つて瀧有。岩洞の頂より飛流して百尺、千岩の碧潭に落たり。 二十余町山を登ったところに滝がある。くぼんだ岩の頂から、百尺ほども飛ぶかと思われる勢いで、多くの岩を畳んだ青々とした淵に落ち込んでいる。
岩窟に身をひそめ入て瀧の裏よりみれば、うらみの瀧と申伝え侍る也。 岩窟に身をひそめて入り込み、滝の裏から眺められるので、この滝を裏見の滝と言い伝えている。
_暫時は瀧に籠るや夏の初 轟く水音のみを聞いて滝裏にしばらくこもれば、雑念が払われ、まるで夏行の初めのような境地となるのである。
   
[ 旅のあらすじ ]
四月一日(新暦五月十九日)、正午頃、日光鉢石宿に到着した芭蕉一行は、その足で日光山内に入り[資料]、まず、参詣の便宜を図ってもらうため、水戸家代々の宿坊、養源院を訪ねた。出立前に予め江戸浅草・清水寺から貰い受けていた紹介状を手渡し、当院の使僧と共に東照宮御別所・大楽院(現在の社務所)に出向き参詣を願い出たが、来客中のため手続きが滞り、未の下刻(午後二時半頃)まで、二時間以上待たされた[資料]。

芭蕉の日光の旅は、一泊二日というあわただしいものだった。翌
四月二日(新暦五月二十日)には、早くも那須野に向けて日光を立つことになるが、その前に大谷川・荒沢沿いを散策し、名所見物の時を過ごした。本文には、華厳の滝、霧降の滝とともに日光三大名瀑の一つに数えられる「裏見の滝」のみが記されたが、「随行日記」により、含満ヶ淵(憾満ヶ淵)を巡ったことが知られ、また、その付近の大日堂に立ち寄ったことも推測される。
養源院跡 日光東照宮 二荒山神社・輪王寺 裏見の滝 含満(憾満)が淵
 
 
 





日光山

[語 釈]

卯月朔日、御山に詣拝す
「卯月朔日」は四月一日。「随行日記」の当日条「一 四月朔日 (中略)終日雲、午ノ尅(正午頃)、日光ヘ着。雨止。清水寺の書、養源院ヘ届。大楽院ヘ使僧ヲ被添、折節大楽院客有之。未ノ下尅(午後二時半頃)迄待テ御宮拝見」から、この日の動向(上の「あらすじ」参照)が窺える。
空海大師開基
「空海大師」は、真言宗を開いた平安初期の僧。弘法大師(774-835)。日光山の開基は、正しくは「勝道上人(735-817)」。詳しくは[資料]を参照。
恩沢八荒にあふれ、四民安堵の栖(すみか)穏(おだやか)なり
「恩沢(おんたく)」は、恵み、おかげ。「八荒(はっこう)」は、八方の遠い地方。「荒」は「地の果て」の意。「四民」は、江戸時代、士農工商に分けられた身分の四階級。「安堵」の「堵」は垣根で、「安堵」はその中で「安んずる」こと。
あらたうと青葉若葉の日の光
これの草稿にあたる「あなたふと」句が曽良の「俳諧書留」に見られる。

  室八島
糸遊に結つきたる煙哉  翁  
あなたふと木の下暗も日の光
入かゝる日も糸遊の名残哉
      (程々に春の暮れ)
鐘つかぬ里は何をか春の暮
入逢の鐘もきこえす春の暮
(「俳諧書留」)

「あらたうと」の「あら」は、「あなたふと」の「あな」と同じく感動詞。「たふ(う)と」は「たふとし(尊し、貴し)」の語幹。
黒髪山
歌枕。日光連山の主峰・男体山の別称。標高2484m。山頂に二荒山神社の奥宮がある。中禅寺湖は、この山の噴火により生まれた堰止め湖。
剃捨て黒髪山に衣更
「衣更(ころもがえ)」は、季節の変化に応じて衣服を着がえる習わし。江戸時代は、四月一日を春の衣、十月一日を夏の衣をかえる日とした。

本句の「衣更」は、季節の節目を表すほか、僧形となった身の上の変化や、師の旅に同行する決意も表す。
曽良[資料]
深川芭蕉庵の近隣に居を構えた蕉門俳人。「おくのほそ道」の旅の二年前にも、宗波とともに鹿島への観月の旅に随伴。元禄七年(1694)五月、伊賀上野に帰郷する芭蕉を箱根まで見送り、これが芭蕉との最後の旅となった。
松しま・象潟
元禄二年(1689)二月十五日の桐葉宛書簡に「拙者三月節句過早々、松島の朧月見にとおもひ立候」とあり、同年三月、「おくのほそ道」の旅直前に書かれた猿雖宛書簡に「彌生に至り、待侘候塩竈の桜、松島の朧月、あさかのぬまのかつみふくころより北の国にめぐり」と記されている。さらに、岐阜の門人安川落梧への同年三月二十三日の書簡で「又々たびごこちそぞろになりて、松島一見のおもひやまず、此廿六日江上(こうしょう)を立ち出で候」と記すなど、「おくのほそ道」の旅は、松島に対する憧憬が、その着想の大きな要因であったことを示している。

象潟は、九十九島・八十八潟の景勝地として松島と並称されたが、文化元年(1804)の地震で海底が隆起し、海に浮かぶ景観を失った。
廿余丁山を登つて瀧有
「瀧」は、日光東照宮から直線距離で約2km西にある名瀑「裏見の瀧[資料]」。滝の裏側から眺められたことからこの名がある。華厳の滝、霧降の滝とともに日光三大名瀑の一つに数えらる。
暫時(しばらく)は瀧に籠るや夏の初
「夏」は「げ」と読み、夏行(げぎょう)、夏安居(げあんぎょ)とも。僧侶が、陰暦四月十六日から七月十五日までの三十日間、一室に籠って修行すること。

芭蕉は、「おくのほそ道」の旅の途中、須賀川から江戸の杉山杉風に書簡[
資料]を送付したが、その折、次の句を記す曽良の書簡が添付されている。

  日光うら見の瀧
ほとゝぎすへだつか瀧の裏表 翁
うら見せて涼しき瀧の心哉 曽良

< TOP >



「おくのほそ道」のテキストについて


本テキストは、俳聖 松尾芭蕉・生涯データベース
および、FLASHムービー「 おくのほそ道を行く」の副読本
としてLAP Edc. SOFTが制作したものです。




掲載しているデータとリンクについて

テキストデータや画像データの無断使用・転載を固く禁止します。

  
リンクを張られる場合は、下記アドレスを対象としてください。
  
http://www.bashouan.com


 

  
俳聖 松尾芭蕉・生涯データベース
 
おくのほそ道
 
生涯データベース目次
 

 
おくのほそ道 総合データベース
 
俳聖 松尾芭蕉・みちのくの足跡
 
総合目次
 


Copyright(C) 2004-2006  LAP Edc. SOFT.  All Rights Reserved.

 Maintained online by webmaster@bashouan.com
 
LAP Edc. SOFTのホームページ

 
LAP Edc. SOFTのホームページ