松尾芭蕉の旅 おくのほそ道
俳聖 松尾芭蕉・生涯データベース
_
おくのほそ道
那須野の章段










那須の黒ばねと云所に知人あれば是より野越にかゝりて、直道をゆかんとす 那須の黒羽というところに、知人がいるので、ここから那須野の原に足を踏み入れ、近道をして真っ直ぐ行くことにする。
遥に一村を見かけて行に、雨降日暮る。 はるかに一つの村を見かけて行くうちに、雨が降り出し、日も暮れてしまった。
農夫の家に一夜をかりて、明れば又野中を行。そこに野飼の馬あり。 農夫の家に一夜を借り、夜が明けてまた野中を歩いて行く。その途中に、野原に放し飼いの馬がいた。
草刈おのこになげきよれば、野夫といへどもさすがに情しらぬには非ず。 草を刈る男に、馬を貸してくれるよう哀願したのだが、いなかの百姓とはいえ十分に温情のある人だった。
「いかゞすべきや。されども此野は縦横にわかれて、うゐうゐ敷旅人の道ふみたがえん、あやしう侍れば、此馬のとゞまる所にて馬を返し給へ」と、かし侍ぬ。 男は、「どうしましょうか。馬を使わないで行くとしても、この野原は縦横に道が分かれ、歩き慣れない旅人は道を踏み違えるでしょう。心配ですので、この馬で行って、止まったところで馬を返してくさだい」と言って、馬を貸してくれた。
ちいさき者ふたり、馬の跡したひてはしる。独は小姫にて、名をかさねと云。 小さい子供が二人、後を追って走ってくる。そのうちの一人は小さい娘で、名を「かさね」という。
聞なれぬ名のやさしかりければ、 聞き慣れない名前だが、優美で風情のある響きがあるので、曽良が一句したためた。
_かさねとは八重撫子の名成べし 曽良
このような片田舎で、思いもよらず、なかなか上品で美しい響きの「かさね」という名の小さい娘に出会った。花なら、さしずめ、花びらが重なって美しい八重撫子の名と言ったところであるよ。
頓て人里に至れば、あたひを鞍つぼに結付て、馬を返しぬ。 やがて人里に至り、お礼のお金を鞍つぼに結わえ付けて、馬を返したのだった。
   
[ 旅のあらすじ ]
日光から玉生までの旅を「随行日記」などをもとに推測すると、四月二日(新暦五月二十日)、芭蕉一行は、日光街道を今市手前の志渡渕川まで戻り、そこから土手道を歩いて大谷川を越え、瀬尾で会津西街道に入ったと見られる[資料]。この道を川室まで旅したのち右に折れ、大渡の宿駅で日光北街道に出合った。この先の鬼怒川を「カリ(仮)橋」(「随行日記」)で渡ったが、当時、その他の箇所においては大方(おおかた)が船渡しだったという。

午後一時半ごろ、かなり激しい雷雨に合いながら、船生から二里の道のりを行き、玉生に到着した。だれかの紹介で尋ねた旅宿かどうかは不明だが、「宿悪故(やどあしきゆえ)」、無理に名主の玉生氏に一宿を頼み、野越え[
資料]の夜を過ごすこととなった。

一 同二日 天気快晴。辰ノ中尅、宿ヲ出。ウラ見ノ瀧(一リ程西北)、カンマンガ淵見巡、漸ク及午。鉢石ヲ立、奈須・太田原ヘ趣、常ニハ今市へ戻リテ大渡リト云所ヘカヽルト云ドモ、五左衛門、案内ヲ教ヘ、日光ヨリ廿丁程下リ、左へノ方ヘ切レ、川ヲ越、せノ尾・川室ト云村ヘカヽリ、大渡リト云馬次ニ至ル。三リニ少シ遠シ。
〇今市ヨリ大渡ヘ弐リ余。
〇大渡ヨリ船入(船生)ヘ壱リ半ト云ドモ壱里程有。絹川(鬼怒川)ヲカリ(仮)橋有。大形ハ船渡し。
〇船入ヨリ玉入(玉生)ヘ弐リ。未ノ上尅ヨリ雷雨甚強。漸ク玉入ヘ着。
一 同晩 玉入泊。宿悪故、無理ニ名主ノ家入テ宿カル。
(「随行日記」)
会津西街道 日光北街道・大渡 鬼怒川・大渡 日光北街道・玉生 芭蕉一宿の地・玉生
 
 
 





那須野

[語 釈]

那須の黒ばね
「那須(那須野が原)」は、那珂川の支流である箒川以北、福島県境までの山地を除いた地域を指し、その面積は約七万haに及ぶ。ただし、狭くは、北を那珂川までとして栃木県最北部を含まない場合もある。

「黒ばね(黒羽)[
資料]」は、那須七騎(那須・大田原・伊王野・大関・千本・福原・芦野)の一つ大関氏高増が、天正四年(1576)黒羽城を構えた旧城下町。当時の城主は、大関氏六代増恒で、元禄二年時は若干四歳。
知人あれば
芭蕉は黒羽滞在中、黒羽藩城代の浄法寺高勝(通称図書、俳号桃雪、秋鴉)宅に八泊、その弟・鹿子畑豊明(俳号翠桃)宅に五泊している。
是より野越にかゝりて、直道をゆかんとす
日光を立った芭蕉一行は、会津西街道を大渡まで行き、大渡から日光北街道を東進した。日光北街道は、奥州街道の大田原から分岐し、矢板、玉生、船生、大渡を経、今市で日光街道に合流する脇街道。この「野越
[資料]」の道は縦横に分岐して迷い易く、芭蕉は、次の句文の中で「道もまがふばかり草ふかければ」と記している。

陸奥にくだらむとして、下野国まで旅立けるに、那須の黒羽と云所に翠桃何某の住けるを尋て、深き野を分入る程、道もまがふばかり草ふかければ、
秣(まぐさ)負ふ人を枝折の夏野哉 芭蕉
(「陸奥鵆」)
農夫の家に一夜をかりて
「随行日記」によれば、一行は、四月二日(新暦五月二十日)、玉生のとある宿に一宿を求めようとしたが、「宿悪故」に、無理に名主(玉生氏)に頼んで宿を借りたという。
草刈おのこになげきよれば
「なげき(嘆き、歎き)よる」は、「困って(馬を貸してくれるよう)哀願する」の意。
あやしう侍れば
「あやし」は、心配、気掛りの意。
かさね
芭蕉の後を追う子供の一人。小姫「かさね」は、その名がめずらしく、優美で風情のある聞こえであったことから心に強く残り、芭蕉は、「おくのほそ道」の旅の後、然(さ)る人の赤子に「かさね」の名を授け、次の文を認めている。

みちのく行脚の時、いづれの里にかあらむ、こむ[す]めの六ツばかりとおぼしきが、いとさゝやかに、えもいはずをかしかりけるを、「名をいかにいふ」と問へバ、「かさね」と答ふ。いと興有(ある)名なり。都の方にては稀にもきゝ侍ざりしに、いかに伝て何をかさねといふ[に]やあらん。我、子あらば、此名を得させんと、道連れなる人(曽良)に戯れ侍しを思ひ出でて、此たび思はざる縁に引かれて名付親となり、
  賀重(かさねをがす)
いく春をかさねがさねの花ごろも
 しは(皺)よるまでの老もみるべく はせを
(芭蕉真蹟懐紙「ミの虫」)
○出光美術館所蔵のもので「伝芭蕉真蹟」として扱われる場合もある。

< TOP >



「おくのほそ道」のテキストについて


本テキストは、俳聖 松尾芭蕉・生涯データベース
および、FLASHムービー「 おくのほそ道を行く」の副読本
としてLAP Edc. SOFTが制作したものです。




掲載しているデータとリンクについて

テキストデータや画像データの無断使用・転載を固く禁止します。

  
リンクを張られる場合は、下記アドレスを対象としてください。
  
http://www.bashouan.com


 

  
俳聖 松尾芭蕉・生涯データベース
 
おくのほそ道
 
生涯データベース目次
 

 
おくのほそ道 総合データベース
 
俳聖 松尾芭蕉・みちのくの足跡
 
総合目次
 


Copyright(C) 2004-2006  LAP Edc. SOFT.  All Rights Reserved.

 Maintained online by webmaster@bashouan.com
 
LAP Edc. SOFTのホームページ

 
LAP Edc. SOFTのホームページ