松尾芭蕉の旅 おくのほそ道
俳聖 松尾芭蕉・生涯データベース
_
おくのほそ道
雲巌寺の章段










当国雲岸寺のおくに佛頂和尚山居跡あり。 この下野国の雲巌寺の奥に、仏頂和尚の山居跡がある。
 竪横の五尺にたらぬ草の庵
  むすぶもくやし雨なかりせば
和尚は、「竪横の五尺にたらぬ草の庵むすぶもくやし雨なかりせば」
と、松の炭して岩に書付侍りと、いつぞや聞え給ふ。 と松の炭で傍らの岩に書き付けましたよ、といつぞや語っておられた。
其跡みんと雲岸寺に杖を曳ば、人々すゝんで共にいざなひ、若き人おほく道のほど打さはぎて、おぼえず彼梺に到る。 その跡を見ようと雲巌寺に行こうとすると、人々が進んで共に誘い合い、多くの若い人が道々にぎやかに騒ぎ、気が付けば山寺の麓に着いていた。
山はおくあるけしきにて、谷道遥に、松杉黒く、苔したゞりて、卯月の天今猶寒し。 山は奥深い景色であり、谷道は遥かに続き、松や杉はあたりを暗くし、苔はみずみずしく輝き、卯月というのに寒々としている。
十景尽る所、橋をわたつて山門に入 十景が尽きる所の橋を渡って山門に入る。
さて、かの跡はいづくのほどにやと、後の山によぢのぼれば、石上の小庵岩窟にむすびかけたり。 さて、仏頂和尚の山居跡はどこにあるのかと、寺の背後の山によじ登ると、岩の上に、小さな庵が岩窟に立てかけるようにして築かれていた。
妙禅師の死関法雲法師の石室をみるがごとし。 中国の高僧妙禅師が「死関」の額を掲げて修行した洞穴や法雲法師が身を置いた大岩の上の居所を見るような思いがした。
_木啄も庵はやぶらず夏木立
さすがのきつつきも、仏頂和尚の結んだ山居だけはやぶろうとはしないようだ。こうして、うっそうとした木々の中に和尚が修行した庵を拝見することができたのはありがたいことだ、
と、とりあへぬ一句を柱に残侍し。 と感じ入り、取り敢えず一句を書いて柱に残したのだった。
   
[ 旅のあらすじ ]
黒羽滞在三日目の四月五日(新暦五月二十三日)、芭蕉は、名所・旧跡探訪の先駆けとして仏頂禅師ゆかりの雲巌寺[資料]に参詣した。本文に「人々すゝんで共にいざなひ、若き人おほく道のほど打さはぎて」とあるのみで、同行者について詳細は不明だが、城代家老の桃雪やその弟翠桃らを連れ立っての遠出だったと思われる。

かつて、仏頂禅師が居住した庵跡に通じる山道は今も残っているが、現在、当地への立ち入りは固く禁じられ、足を踏み入れることはできない。
 
 
 





雲巌寺

[語 釈]

雲岸寺
旧黒羽町(現在大田原市の一部)の中心部から約8kmほどの所にある古刹雲巌寺[
資料]。臨済宗妙心寺派の禅寺で、山号を東山という。筑前博多・聖福寺、越前・永平寺、紀州由良・興国寺とともに禅宗の四大道場の一つとされる。
佛頂和尚山居跡
「仏頂和尚[資料]」は、寛永十九年(1642)常陸国(現在の茨城県)に生まれ、八歳で冷山和尚の根本寺に入り禅門の道を歩んだ。明暦元年(1655)、十四歳の春、諸国の名僧との出合いを求めて旅に出、延宝二年(1674)、三十三歳の時、根本寺を受け継ぎ二十一世住職となった。
芭蕉が、江戸市中から深川の草庵に移ったのが延宝八年(1680)の冬で、このころ仏頂禅師は、鹿島神社との係争で江戸に出、臨川庵に仮住まいをしていた。芭蕉は、この折に禅師と出会い参禅する日々を送った。臨川庵の境内に建つ「芭蕉由緒の碑」に「抑此臨川寺は、むかし仏頂禅師東都に錫をとどめ給ひし旧地也。その頃ばせを翁深川に世を遁れて、朝暮に来往ありし参禅の道場也とぞ」とある。


「山居跡」は、仏頂禅師が、修行時代に雲巌寺の山中に結んだ庵の跡[資料]。禅師は雲巌寺四十五世徹通和尚と親交が厚く、晩年は雲巌寺で山庵を営んだが、正徳五年(1715)、七十四歳の時、病によりこの山庵で逝去した。雲巌寺に「前住根本臨川開山仏頂南和尚禅師」「生徳五乙未年十二月廿八日於山庵化」と書かれた位牌がある。
竪横の五尺にたらぬ草の庵むすぶもくやし雨なかりせば
仏頂禅師が、修行時代、雲巌寺山中の庵に松の炭で書き付けた歌。「修行の身は、樹下石上(じゅげせきじょう)の境涯を旨とするところだが、縦、横ともに五尺ほどのささやかな作りながら、不本意にも草の庵を結んでいる。雨さえ降らなければこうした庵の要もないのだが」ほどの意。
十景尽る所、橋をわたつて山門に入
雲巌寺の十景や五橋、三井について、「俳諧書留」に次のように記されている。「橋をわたつて」の橋は「瓜(か)てつ橋[資料]」のこと。

雲岩寺十景      五橋    三井
海岩閣  竹林    獨木橋   神龍池
十梅林  龍雲洞   瑞雲ゝ   都寺泉
玉几峯  鉢盂峯   瓜てつゝ  岩虎井
水分石  千丈岩   涅槃ゝ
飛雪亭  玲瓏岩   梅船ゝ
四月五日、奈須雲岩寺に詣て佛頂和尚旧庵を尋。
 木啄も庵は破らす夏木立 翁
翁に供せられて、雲岩寺遊ぶ。茂りたる山の入口より清冷たる川にそひて三町斗歩て山門に至ル。鉢盂峰、龍雲洞、千丈・玲瓏の岩、五橋、三井、総てかんのうこかささる所(「すべて感応動かざる所」か)なし。
(「俳諧書留」)
妙禅師の死関
「妙禅師」は、南宋時代の臨済宗の高僧・高峰原妙禅師(1238-1395)で、十五年間に渡って隠棲した中国杭州天目山の洞窟・張公洞を「死関」と名付け、五十七歳のとき当所で没した。
法雲法師の石室
「法雲法師」は、法雲寺を建立した中国南朝梁時代の高僧で、寺内の大岩の上を居所に終日談論したという。「石室」は大岩の上の居所のこと。

< TOP >



「おくのほそ道」のテキストについて


本テキストは、俳聖 松尾芭蕉・生涯データベース
および、FLASHムービー「 おくのほそ道を行く」の副読本
としてLAP Edc. SOFTが制作したものです。




掲載しているデータとリンクについて

テキストデータや画像データの無断使用・転載を固く禁止します。

  
リンクを張られる場合は、下記アドレスを対象としてください。
  
http://www.bashouan.com


 

  
俳聖 松尾芭蕉・生涯データベース
 
おくのほそ道
 
生涯データベース目次
 

 
おくのほそ道 総合データベース
 
俳聖 松尾芭蕉・みちのくの足跡
 
総合目次
 


Copyright(C) 2004-2006  LAP Edc. SOFT.  All Rights Reserved.

 Maintained online by webmaster@bashouan.com
 
LAP Edc. SOFTのホームページ

 
LAP Edc. SOFTのホームページ