松尾芭蕉の旅 おくのほそ道
俳聖 松尾芭蕉・生涯データベース
_
おくのほそ道 二十
仙台の章段










名取川を渡て仙台に入あやめふく日也。旅宿をもとめて四五日逗留す。 名取川を渡って仙台に入る。菖蒲を葺く日であった。旅の宿を求めて仙台に四、五日滞在する。
爰に画工加右衛門と云ものあり。聊心ある者と聞て知る人になる この地に絵かき職人の加右衛門という者がいる。いささか情趣を解する者と聞いて知り合いになった。
この者、年比さだかならぬ名どころを考置侍ればとて、一日案内す。 加右衛門は、「数年来、不確かな名所を調べておきましたので」といって、ある日案内してくれた。
宮城野の萩茂りあひて、秋の景色思ひやらるゝ。 宮城野の萩が今の季節にこのように茂り合っているのを見ると、秋の景色はいかばかりかと思いを馳せた。
玉田・よこ野・つゝじが岡はあせび咲ころ也 玉田、よこ野、つゝじが岡はあせびが咲くころである。
日影ももらぬ松の林に入て、爰を木の下と云とぞ。 こんどは日の光が届かないほど茂った松の林に入り、加右衛門は「ここが木の下です」という。
昔もかく露ふかければこそ、「みさぶらひみかさ」とはよみたれ 昔もこのように露が深かったからこそ古歌で「御侍(ご家来)よ、ご主人に『御笠を』と申されよ」と詠んでいるのだ。
薬師堂・天神の御社など拝て、其日はくれぬ。 次に、薬師堂、天神の御社などを参拝してその日は暮れた。
猶、松嶋・塩がまの所々、画に書て送る。且、紺の染緒つけたる草鞋二足餞す 加右衛門は、案内してくれた上に松島と塩釜の所々を絵にかいて贈ってくれた。また、紺染の緒がついたわらじを二足、餞別にくれた。
さればこそ風流のしれもの、爰に至りて其実を顕す。 そうであればこそ風流の痴れ者で、ここに至ってその本性をあらわした。そこで、
_あやめ草足に結ん草鞋の緒 ころはちょうど端午の節句。軒端には邪気ばらいの菖蒲がさしてある。わたしも旅の無事を祈って(餞別にもらった紺染の緒のように)草履にあやめ草を結び、出立することにしよう。
かの画図にまかせてたどり行ば、おくの細道の山際に十符の菅有。今も年々十符の菅菰を調て国守に献ずと云り。 加右衛門がかいてくれた画図をたよりに歩いていくと、おくの細道の山際に十符の菅が見られた。今も毎年十符の菅菰を作り藩主に献上しているという。
   
[ 旅のあらすじ ]
五月四日(新暦六月二十日)、岩沼から、増田、中田、長町の宿駅を経て、夕刻、仙台に到着した芭蕉一行は、国分町の大崎庄左衛門の旅籠屋で草鞋を脱いだ。
五月五日(新暦六月二十一日)、紹介状を頼りに、仙台藩士橋本善衛門宅を訪ね宿の提供を求めたが、同日、断りの知らせが芭蕉のもとに届いた。宿探しが振り出しに戻り、今度は曽良が、須賀川・吾妻五良七の紹介状を携えて大町二丁目の甚兵衛のところに行き、頼みとした大淀三千風[資料]のことを訪ねようとした。しかし、留守のために会えず、後刻、旅宿を訪ねてくれたものの、三千風についての消息はつかめなかった。

その後、芭蕉は、「おくのほそ道」の本文に「聊心ある者」、「風流のしれもの」と記した三千風門弟の加右衛門(和風軒加之)により、三千風が既に仙台を離れ全国行脚の最中(さなか)にあることを知らされた。芭蕉は、これにて人脈の当てのすべてを失い、七日まで大崎庄左衛門の旅籠屋に宿ることを決したものと見られる。


翌五月六日(新暦六月二十二日)は、亀岡八幡に参詣。本社は伊達氏の祖・朝宗以来の伊達家の守護神で、当時、神社への参詣は、一旦大手門から仙台城の敷地に入り、そこから八幡に向う道順で行われた。「随行日記」に「亀が岡八幡ヘ詣。城ノ追手ヨリ入」とあり、「奥州道中 増補行程記」にも、「亀岡八幡へ参詣ならば大手の前を通用くるしからず」と書かれている。今も、同じ道から八幡の社にたどることができる。

仙台を離れる前日の
五月七日(新暦六月二十三日)、三千風と共に仙台領内の歌枕の整備に努めた加右衛門が、一行を名所・旧跡に案内した。行き先は、仙台東照宮、玉田・横野、榴岡天満宮、木下(きのした)の陸奥国分寺跡・薬師堂の各所だった。帰宿の後、加右衛門と甚兵衛が芭蕉を訪ね、この折、両名に短冊と横物を一幅ずつ書き与えたことが「俳諧書留」から知られる。
    泉や甚兵衛に遣スの発句・前書
 
册尺一枚、前ノ句
 中将実方の塚の薄も、道より一里ばかり左りの方にといへど、雨ふり、日も暮に
 及侍れば、わりなく見過しけるに、笠島といふ所にといへるも、五月雨の折に
 ふれければ、
   笠島やいづこ五月のぬかり道   翁


 しのぶの郡、しのぶ摺の石は、茅の下に埋れ果て、いまは其わざもなかりければ、
 風流のむかしにおとろふる事ほいなくて、 
 
加右衞門、加之ニ遣ス
 册尺二枚、前ノ句

   五月乙女にしかた望んしのぶ摺  翁
 (「俳諧書留」)


「随行日記」に、当夜、加右衛門が「ほし飯(ほしいい)一袋」と「わらぢ二足」を持参したとあり、これが、本文に記された「紺の染緒つけたる草鞋二足」に当るものと見られる。ほし飯は、能く旅に携帯されたもので、当時仙台の名物だったという。


五月八日(新暦六月二十四日)、朝方降っていた雨が十時ごろ晴れ、一行は、芭蕉の辻から東方への道をとり、多賀城・塩釜を目指して旅立って行った[資料]。
 
 
 




20
仙台

[語 釈]

名取川を渡て仙台に入
「名取川」は、宮城と山形の県境付近の神室岳(1,353m)を源とする一級河川で、河口付近で広瀬川、笊川と合流し、名取市の閖上で太平洋に注ぎ込む。平安の昔から下記の歌などに詠まれた歌枕。名取川(および広瀬川)から「埋(も)れ木」が産出したことから、古来、「名が埋もれる」などの比喩的な意味を込めて「埋(も)れ木」の縁語に詠み込まれた。

みちのくに有りといふなるなとり河
 なきなとりてはくるしかりけり 壬生忠岑
(「古今和歌集」)
名とり河せぜのむもれぎ(埋もれ木)あらはれば
 如何にせむとかあひ見そめけむ よみ人しらず
(「古今和歌集」)

「仙台」は、伊達政宗が築いた六十二万石の旧城下町で、「杜の都」として知られる。平成元年(1989)、東北初の政令指定都市に指定された。
その地名は、愛宕山の大満寺に「千体仏」があったことに因み、政宗が、当地を本拠としたのち「千代(もと千体)」と称していた地名を「仙台」に改めたことに始まる。

「仙台に入」については「随行日記」に詳しく、「○名取川、中田出口ニ有。大橋・小橋二ツ有。左ヨリ右ヘ流也。 ○若林川、長町ノ出口也。此川一ツ隔テ仙台町入口也」と記している。「大橋」は名取川に架かる橋で、「小橋」は名取川のやや北りを流れる笊(ざる)川に架かる橋。「若林川」は広瀬川を指し、「此川」は名取川のこと。
あやめふく日
「あやめ(菖蒲)の節句」(端午の節句)の日で、五月五日。仙台滞在の二日目がこの日にあたる。端午の日は、邪気を払うため、古くから軒端にあやめやよもぎを葺く風習がある。
爰に画工加右衛門と云ものあり。聊心ある者と聞て知る人になる
「画工加右衛門」は、実際には「嘉右衛門」で、三千風門下の高弟。俳号は和風軒加之(かし)。「随行日記」中の「北野や加衛門」は、加右衛門が営んだ書林の屋号「北野屋」に依る。生業は版木彫刻業とも。

「心あるもの」は、情趣を理解できる人の意。
年比さだかならぬ名どころを考置侍れば
「年比(としごろ。年頃)」は「数年来、数年に渡って」、「考える」は「実情を調べる」で、文意は「数年来、不確かな名所を調べておきましたので」ほどの意。
宮城野の萩
「宮城野」は歌枕で、「能因歌枕」に「野をよまば、さが野、かた野、みやぎ野、春日野などよむべし」とある。昔、ツツジの名所として知られた榴岡から東に延びる平野を指し、仙石線の榴ヶ岡駅界隈や隣の宮城野原駅から陸奥国分寺跡がある木ノ下あたりまでがこれにあたる[資料]。曽良の「名勝備忘録」に「○宮城野 仙台ノ東ノ方、木ノ下薬師堂ノ辺ナリ。惣(すべ)テ仙台ノ町モ宮城野ノ内也」とある。

「萩」は、夏から秋にかけて咲くマメ科の落葉小低木。青木登著「東北 庭と花と文学の旅」(のんぶる舎刊)によれば、江戸時代に宮城野で見られた萩は、ツクシハギ、キハギ、マルバハギで、ミヤギノハギは無かったという。
玉田・よこ野・つゝじが岡はあせび咲ころ也
「つゝじが岡(榴岡)」は歌枕で、宮城野原西部の丘陵地。昔はツツジの名所だったが、仙台藩四代藩主伊達綱村が枝垂れ桜を数百株植えて以来、桜の名所[資料]として知られる。

陸奥国に、をかしかりけるところどころを、絵にかきて、持てのぼりて見せ
たまひければ
陸奥の千賀の島にて見ましかば
 いかに躑躅のをかしからまし 右大将藤原道綱の母
(「蜻蛉日記」)
とりつなげ玉田横野のはなれ駒
 つゝじの岡にあせみ花咲   源俊頼
(「散木奇歌集」)

「玉田・よこ野」は、上記の源俊頼の歌にはじまる歌枕で、江戸期、「つゝじの岡」との関連から宮城野の内に設定されていた。具体的には、仙台市立東六番丁小学校(青葉区宮町)周辺にあった「小田原田んぼ」と称した辺り、とする捉え方がある。しかし、仙台領の歌枕整備に努めた大淀三千風も、「玉田・よこ野」を宮城野の内とすることについては確定しないことを認めており、「松島眺望集」に、下記のように記している。また、明治に至っては、吉田東伍が「大日本地名辞書」(初版は明治三十二年三月から明治四十年にかけて出版)の中で、「按ふに歌名所にいへる玉田は河内国なり。つゞじ岡に付会して玉田をも此に牽強する(無理に当てはめる)ごとし。されどそれも元禄以前已に然りとす」と説明している。

躑躅岡。歌まくら とりつなげ玉田横野のはなれ駒つゝじが岡にあせみ花咲く
此歌は河内国玉田横野の題にあり。此処にも玉田横野と云処ありといへり、
さだかにしれず
(「松島眺望集」)

「あぜび」は、春に小さな白花をつけるツツジ科の常緑低木。有毒の植物で、牛や馬がこれを食すると中毒を起すことから「馬酔木」と書かれる。「あせび咲ころ也」については、五月七日(新暦六月二十三)ごろ、当地で既に花期を終えていることから、上の歌を踏まえたものと見られる。
木の下
平安の昔から下記の歌などに詠まれた歌枕。宮城野の南端、現在の「木の下(きのした)」地区。当地に、奈良時代創建された陸奥国分寺があったが、源頼朝が奥州を征伐した文治五年(1189)に焼失。

みさぶらひ(御侍)みかさ(御笠)と申せ宮城野の
 木の下(このした)露は雨にまされり 東歌
(「古今和歌集」)
実方朝臣みちのくにへくだり侍りけるに、したぐら(下鞍)つかはすとて
あづまぢの木の下(このした)くらくなりゆかば
 みやこの月をこひざらめやは    右衛門督公任
(「拾遺和歌集」)
昔もかく露ふかければこそ、「みさぶらひみかさ」とはよみたれ
上記の、古今集の東歌に触れたもので、昔もこのように露が深かったからこそ古歌で「御侍(ご家来)よ、ご主人に『御笠を』と申されよ」と詠んでいるのだ、の意。
薬師堂・天神の御社
「薬師堂[資料]」は、伊達政宗が陸奥国分寺国分寺の再建を念願し、慶長十二年(1607)陸奥国分寺跡に創建したもの。同時に仁王門や鐘楼などを建立。

「天神の御社」は、榴岡(躑躅岡)天満宮[資料]のこと。
松嶋・塩がまの所々、画に書て送る
「画」は、後の「かの画図にまかせてたどり行ば」の画図にあたり、加右衛門が、仙台・松島間の名所を絵地図に描いて芭蕉に贈ったもの。さらに、塩釜と松島の旅宿への紹介状も遣わし、旅の便宜を図っている。

一 八日 十符菅・壺碑ヲ見ル。未ノ尅、塩釜ニ着、湯漬など喰。(中略) 宿、治兵ヘ、法蓮寺門前。加衛門状添。銭湯有ニ入。
一 九日 (中略) 松島ニ宿ス。久之助ト云。加衛門状添。
(「随行日記」)
紺の染緒つけたる草鞋二足餞す
「草鞋二足餞す」については、「随行日記」の五月七日の条にある「ほし飯一袋・わらぢ二足、加衛門持参」と符合する。
風流のしれもの
「心憎いほどの風流人、風流に徹した人」といった意。これは、加右衛門の呉れた草鞋の鼻緒が、折からの菖蒲の花を連想させる紺染であったことに依る。ただし、「しれもの(痴れ者)」から「したたか者」といった風も窺われる。
かの画図にまかせてたどり行ば、おくの細道の山際に十符の菅有
「かの画図」は、加右衛門が描いてくれた「松嶋・塩がまの所々」の画(名所の絵地図)。本文から、松島や塩釜のみならず、岩切、多賀城についての画もあったことが推測される。

「おくの細道」は、仙台藩四代藩主伊達綱村のころ、大淀三千風らによって再整備された仙台領の名所・旧跡の1つで、岩切の東光寺の西にあったとされる小道[資料]。曽良は、旅立つ前の手控え「名勝備忘録」に、これを次のように記している。

今市ヲ北ヘ出ヌケ大土橋有。北ノツメヨリ六、七町西ヘ行ク所ノ谷間百姓やしきノ内也。岩切新田ト云。カコヒ垣シテ有。今モ国主ヘ十符ノコモアミテ貢ス。道、田ノ畔也。奥ノ細道ト云。
(「名勝備忘録」)

「十符の菅」は、編目が十筋ある菰(むしろ)を造る材料の菅(すげ)。古くから岩切の十符の里がこの菅の産地として知られ、歌枕となる。

陸奥の十符の菅菰七符には
 君を寝させて我三符に寝む よみ人しらず
(「夫木和歌抄」)
水鳥のつららの枕隙もなし
 むべ冴えけらし十符の菅菰 源経信
(「金葉集」)

< TOP >



「おくのほそ道」のテキストについて


本テキストは、俳聖 松尾芭蕉・生涯データベース
および、FLASHムービー「 おくのほそ道を行く」の副読本
としてLAP Edc. SOFTが制作したものです。




掲載しているデータとリンクについて

テキストデータや画像データの無断使用・転載を固く禁止します。

  
リンクを張られる場合は、下記アドレスを対象としてください。
  
http://www.bashouan.com


 

  
俳聖 松尾芭蕉・生涯データベース
 
おくのほそ道
 
生涯データベース目次
 

 
おくのほそ道 総合データベース
 
俳聖 松尾芭蕉・みちのくの足跡
 
総合目次
 


Copyright(C) 2004-2006  LAP Edc. SOFT.  All Rights Reserved.

 Maintained online by webmaster@bashouan.com
 
LAP Edc. SOFTのホームページ

 
LAP Edc. SOFTのホームページ