松尾芭蕉の旅 おくのほそ道
俳聖 松尾芭蕉・生涯データベース
_
おくのほそ道 二十一
壷の碑の章段










壷碑 市川村多賀城に有 壷の碑は市川村の多賀城にある。
つぼの石ぶみは高サ六尺餘、横三尺斗歟苔を穿て文字幽也四維国界之数里をしるす。 壷の碑は高さが六尺あまり、横幅は三尺ほどだろうか。碑を覆っている苔を払いのけてみると文字がかすかに読み取れる。四隅の国境までの里数が刻まれている。
此城、神亀元年、按察使鎮守府将軍大野朝臣東人之所置也。天平宝字六年参議東海東山節度使同将軍恵美朝臣修造而、十二月朔日と有。聖武皇帝の御時に当れり。 碑には続けて、「この城は、神亀元年、按察使・鎮守府将軍大野朝臣東人が設置したものである。天平宝字六年には、参議・東海東山節度使・鎮守府将軍恵美朝臣が修造した。十二月一日」とある。神亀元年、は聖武天皇の御代にあたる。
むかしよりよみ置る哥枕、おほく語傳ふといへども、 むかしから詠み込まれている歌枕は、数多く語り伝えられているが、
山崩川流て道あらたまり、石は埋て土にかくれ、木は老て若木にかはれば、 山は崩れ、川は新たな流れをつくって道が改まり、いわれのある石は埋まって土にかくれ、銘木は老いて若木にかわるというありさまである。
時移り代変じて、其跡たしかならぬ事のみを、 時がうつり、代が替わって、既に旧跡は不確かなものばかりとなっているのだが、
爰に至りて疑なき千歳の記念、今眼前に古人の心を閲す ここに至って、疑いようもない千歳の記念物に出会うことができた。今、目の前に、ゆかりある古人の心を見極める思いがするのである。
行脚の一徳、存命の悦び、羈旅の労をわすれて、泪も落るばかり也。 これはすべて行脚をしたお陰であり、命があったからこそと感じ入り、旅の苦労も忘れて泪が落ちるばかりであった。
  
[ 旅のあらすじ ]
五月八日(新暦六月二十四日)、岩切で「おくの細道」に足を踏み入れ「十符の菅」を見物した芭蕉一行は、塩釜への道を東へ旅し、市川村・多賀城跡の小山にて、千歳の記念物「壷碑(多賀城碑)」と対面した。

壷碑。仙台より塩釜ヘノ道、市川村ト云(所)ノ屋敷ノ中ヲ右ヘ三、四丁田ノ中ヲ行バ、ヒクキ山ノ上リ口二有。仙台ヨリ三里半程有。市川村の上二多賀城跡有。
(「名勝備忘録」)


本碑は、江戸時代の初めに、多賀城の南門があったところのやや内側で見出されたもので、土中または草むらに埋もれていたと伝えられる。この石碑は、当初から西行や藤原清輔、源頼朝らが詠んだ歌枕「壷の碑」と信じられ、大淀三千風の天和二年(1682)刊「松島眺望集」などにより、広く
知られるところとなった。歌枕「壷の碑」との関係は未詳だが、芭蕉が「疑なき千歳の記念」と感銘した多賀城碑は、近年の多賀城跡の発掘調査結果などから、碑文の通り天平宝字六年(762)の建立と判断され、平成十年、国の重要文化財に指定された。
 
 
 




21
壷の碑

[語 釈]

壷碑 市川村多賀城に有
「壷碑」は、平城京や常陸国などから多賀城[資料]までの里程、多賀城の設置および修造年、碑の建立年月日などが刻まれた石碑。一般に「多賀城碑[資料]」と呼ばれる。

「市川村」(現在、多賀城市市川)は、かつて陸奥国府と蝦夷の反乱を鎮める鎮守府が置かれたところで、明治二十二年、「末の松山」のある八幡村など全二十三の村が大合併をし多賀城村となった。多賀城村は、一部の地域を隣の塩竈市に移した後、昭和二十六年に多賀城町、昭和四十六年に多賀城市となり現在に至っている。
つぼの石ぶみは高サ六尺餘、横三尺斗(ばかり)歟(か)
実際の碑の高さは196cmで、幅は最大のところが92cm[資料]。
苔を穿(うがち)て文字幽(かすか)也
この場合の「穿つ」は、穴をあける、身につけるの意。

「穴をあける」とした場合は「碑から苔を払いのけると文字がかすかに読み取れる」、「身につける」とした場合は「碑が苔を纏っているので、文字はかすかにしか見えない」ほどの意となる。
四維国界之数里
「四維」は「四方の隅」の意。四方は、艮(うしとら)の北東、巽(たつみ)の南東、坤(ひつじさる)の南西、乾(いぬい)の北西。

「国界」は国境。


「数里」は、古くから「里数」の書き誤りとされ、蓑笠庵梨一の「奥細道菅菰抄」にも「按ルニ、数里ハ、里数ノ書キ誤リナルベシ」とある。
聖武皇帝の御時
「聖武天皇」は、第四十五代天皇。多賀城が創建された神亀、および天平の724年から749年まで在位。全国に国分寺・国分尼寺を置き、奈良に東大寺を建立し大仏を造った。
今眼前に古人の心を閲(けみ)す
「今、目の前に、古人の心を改め見る」の意。「閲する」は、「改め見る、調べる」の意。

< TOP >



「おくのほそ道」のテキストについて


本テキストは、俳聖 松尾芭蕉・生涯データベース
および、FLASHムービー「 おくのほそ道を行く」の副読本
としてLAP Edc. SOFTが制作したものです。




掲載しているデータとリンクについて

テキストデータや画像データの無断使用・転載を固く禁止します。

  
リンクを張られる場合は、下記アドレスを対象としてください。
  
http://www.bashouan.com


 

  
俳聖 松尾芭蕉・生涯データベース
 
おくのほそ道
 
生涯データベース目次
 

 
おくのほそ道 総合データベース
 
俳聖 松尾芭蕉・みちのくの足跡
 
総合目次
 


Copyright(C) 2004-2006  LAP Edc. SOFT.  All Rights Reserved.

 Maintained online by webmaster@bashouan.com
 
LAP Edc. SOFTのホームページ

 
LAP Edc. SOFTのホームページ