松尾芭蕉の旅 おくのほそ道
俳聖 松尾芭蕉・生涯データベース
_
おくのほそ道 二十五
松島湾の章段










抑ことふりにたれど松島は扶桑第一の好風にして凡洞庭・西湖を恥ず。 さて、すでに言い古されていることだが、松島は日本一風景のよいところであり、中国の名勝地の洞庭湖や西湖と比べても恥ずかしくないほどだ。
東南より海を入て、江の中三里、浙江の潮をたゝふ 東南の方角から湾内に水を入れたようになっており、湾の中は三里もあって中国の浙江のように海水を満々と湛えている。
島々の数を尽して、欹ものは天を指、ふすものは波に匍匐。 島の数は限りなく多く、それらの中で、そびえ立っているものは天を指しているようであり、低く横たわるものは波の上に腹ばいになっているかのようである。
あるは二重にかさなり、三重に畳みて、左にわかれ右につらなる。 あるいは二重に重なっているもの、三重に畳まれたようなものもある。はたまた、左のほうに分断されているかと思えば、右の島と続いていたりする。
負るあり抱るあり、児孫愛すがごとし。 小さな島をおんぶしているようなものもあれば、抱いているようなものもあり、まるで子供や孫を愛しんでいるかのようである。
松の緑こまやかに、枝葉汐風に吹たはめて、屈曲をのづからためたるがごとし 松の緑は冴え冴えとし、枝葉は潮風に吹かれてたわめられている。その姿は、自然とそうなったのだが、いかにも人が程よい形に折れ曲げたようにも見える。
其気色、よう然として美人の顔を粧ふ それらの風情には、憂愁の色を深くたたえた趣きがあり、美人の化粧顔にもたとえられようか。
ちはや振神のむかし、大山ずみのなせるわざにや。 神代の昔、山の神である大山祇神がなされた仕業なのだろうか。
造化の天工、いづれの人か筆をふるひ、詞を尽さむ 天地万物をつくられた神の働きは、いかに技を振るっても、うまく描きも、言い表しもできるものではない。
   
[ 旅のあらすじ ]
芭蕉が松島へ渡ったのは五月九日(新暦六月二十五日)。この日、天気は快晴で、観光を兼ねた舟旅には絶好の日和となった。「随行日記」で「都島」が触れられていることから、舟のコースは磯伝いと推測される。磯伝いなら、鎧島、兜島、伊勢島、小町島、毘沙門島などが間近に見られ、また、通過中、東方彼方に仁王島等の小島まで遠望できたと思われる。

松島は「日本三景」にその名を連ね、江戸の昔から、風光明媚な海景色を求めて、東北や遠国から多くの観光客が足を運んだ。「日本三景」の言い表しは、江戸時代、幕府の儒学者林春斎が「日本国事跡考」の中で「松島、此島之外有
小島若干。殆如盆池月波之景境致之佳興丹後天橋立安芸厳島(宮島)、為三処奇観」と記し、松島、天橋立、宮島を「三処奇観」と評したのに始まる。国の特別名勝に指定されている松島の領域は、広く、七ヶ浜町、塩竈市、松島町、鳴瀬町の一市三町にまたがり、松島湾、塩釜湾および外洋に「八百八島」、実際には二百六十余りの島々が、絶景を織り成している。
 
 
 




25
松島湾

[語 釈]

抑(そもそも)ことふりにたれど
「さて、すでに言い古されていることだが」の意。

「抑」は、説き起こすときに用いる語で、「さてさて」「いったい」の意。


「ことふる」は「事(言)旧る」で、「言い古される」の意。
松島は扶桑第一の好風にして
慶長十三年(1608)に鋳造された瑞巌寺大鐘の虎哉撰文に、これと同じ記述が見られる。

古徳云、坐水月道場、修空華万行、降鏡像天魔、成夢中仏果、抑大檀越黄門侍郎伊達藤原政宗公、建梵刹己竟、号山曰松島名寺、曰瑞巌、蓋松島者天下第一之好風景、而瑞巌者日本無雙之大伽藍也、公命匠人鋳一大鐘、以寄附于瑞巌精舎、就余請其銘、綴拙語応其需、銘曰、輪奐美哉殿閣連、蒲牢高吼白雲嶺、気清天朗接尊宿、月落潮平到客船、殷殷海*孤絶処、声々山寺夕日辺、従拈華暁称迦葉、礼楽縦横億万年
(瑞巌寺大鐘の虎哉撰文)
凡(およそ)洞庭・西湖
「洞庭」は、中国湖南省の北部にある大湖「洞庭湖(どうていこ)」。洞庭湖は、名勝「瀟湘八景」で知られる。「瀟湘八景」は、洞庭湖南部の、瀟水と湘江(しょうこう)の二つの川が一水(瀟湘)になって注ぐ辺りの佳景八つ(平沙落雁、遠浦帰帆、山市晴嵐、江天暮雪、洞庭秋月、瀟湘夜雨、煙寺晩鐘、漁村夕照)を言ったもの。「金沢八景」や「近江八景」の言い表しはこれに習ったもの。

「西湖」は、中国浙江省杭州の西にある周囲約15kmの湖。これの名勝十景(断橋残雪、平湖秋月、三潭印月、花港観魚、曲院風荷、蘇提春暁、南屏晩鐘、雷峰夕照、柳浪聞鶯、双峰挿雲)を指して「西湖十景」と言う。


蘇東坡(蘇軾)は、「飮湖上初晴後雨」の中で、西湖の景観の美しさを春秋時代の越の美女・西施(西子)を引き合いに出し「欲若把西湖比西子 淡粧濃抹総相宜」(西湖ヲ把ッテ西子ニ比セント欲スレバ、淡粧濃抹総テ相宜シ。西湖と西施を比べようとすれば、西湖は晴雨、西施は化粧の濃さに関係なく、どちらも美しい)と称えている。
浙江の潮(うしお)をたゝふ
「浙江」は、浙江省の大河で杭州湾に注ぐ。河口がラッパ状になっていることに起因する満潮時の「大逆流」が有名。「浙江の潮」は、逆流する潮のこと。

「浙江の潮をたゝふ」は、「東南より海を入」れた松島湾内を例えたもので、浙江がラッパ状の河口に満々と海水を湛えた様子。
枝葉汐風に吹たは(撓)めて、屈曲をのづからた(矯)めたるがごとし
「吹たはめて」は、内容的には「吹きたわめられて」(受動)の意。


「屈曲をのづから」は、「屈曲している姿は、自(おの)ずから(自然に)そうなった結果で」といった意。


「ためたるがごとし」は、「(人の力で)曲げたようだ」の意。
其気色、よう然として美人の顔を粧ふ
「気色」は様子、風情。


「よう然として」は「憂愁の色を深くたたえた趣があり」の意。


「美人」は、上の蘇東坡(蘇軾)の詩句の西湖、西子(西施)に触れたもので、「象潟や雨に西施がねぶの花」の句を差し挟む象潟の章段に受け継がれる。


「顔を粧ふ」は「顔を化粧する」意で、風で程よく折れ曲がった松の枝葉を例えて言ったもの。
大山ずみ
「大山ずみ」は大山祇神(おおやまつみのかみ。大山津見神)で、山を司る神。神話で、木花咲耶姫[資料]の父。
造化の天工、いづれの人か筆をふるひ、詞を尽さむ
「天地万物をつくられた神の働きは、いかに技を振るっても、うまく描きも、言い表しもできるものではない」の意。

「造化の天工」は「大山ずみ」のこと。


「造化」は、「天地万物を創造した神」で、「天工」は、天の仕業(しわざ)、所為。


「いづれの人か」の「か」は反語の意の係助詞、結びは推量の助動詞「む(ん)」で、「誰が絵筆で充分に描いたり、詩文で完全に言い表したりすることができようか。(とてもできるものではない)」といった意。

< TOP >



「おくのほそ道」のテキストについて


本テキストは、俳聖 松尾芭蕉・生涯データベース
および、FLASHムービー「 おくのほそ道を行く」の副読本
としてLAP Edc. SOFTが制作したものです。




掲載しているデータとリンクについて

テキストデータや画像データの無断使用・転載を固く禁止します。

  
リンクを張られる場合は、下記アドレスを対象としてください。
  
http://www.bashouan.com


 

  
俳聖 松尾芭蕉・生涯データベース
 
おくのほそ道
 
生涯データベース目次
 

 
おくのほそ道 総合データベース
 
俳聖 松尾芭蕉・みちのくの足跡
 
総合目次
 


Copyright(C) 2004-2006  LAP Edc. SOFT.  All Rights Reserved.

 Maintained online by webmaster@bashouan.com
 
LAP Edc. SOFTのホームページ

 
LAP Edc. SOFTのホームページ