松尾芭蕉の旅 おくのほそ道
俳聖 松尾芭蕉・生涯データベース
_
おくのほそ道 二十八
石巻の章段










十二日、平和泉と心ざしあねはの松・緒だえの橋など聞伝て 十二日、平泉に行くことを心に決め、姉歯の松・緒絶の橋などを伝え聞いたので、
人跡稀に雉兎蒭蕘の往かふ道そこともわかず、終に路ふみたがえて、石の巻といふ湊に出。 人の通った跡もまれで、猟師や芝刈りなどが行き来する、どこともわからない道を行ったところ、ついに道をあやまり、石巻という港に出た。
「こがね花咲」とよみて奉たる金花山海上に見わたし 大伴家持が「こがね花咲」と詠んで天皇に奉った金華山を海上遠くに望み見ることができる。
数百の廻船入江につどひ、人家地をあらそひて、竈の煙立つゞけたり。 湾内には、数百の廻船が集まり、人家が隙間なく建ち並んで、かまどの煙が途切れずに立ち上がっている。
思ひがけず斯る所にも来れる哉と、宿からんとすれど、更宿かす人なし。 思いがけず、このような所に来てしまったなあと思いながら宿を借りようとしたが、そのような人はさらさら見つからない。
漸まどしき小家に一夜をあかして、明れば又しらぬ道まよひ行。 ようやく貧しい家で一夜をあかし、夜が明けてまた知らない道を迷いながら歩いて行く。
袖のわたり・尾ぶちの牧・まのゝ萱はらなどよそめにみて、遥なる堤を行。 袖の渡り、尾ぶちの牧、真野の萱原などをよそ目に見て、遥か先までのびている堤の上を歩いて行く。
心細き長沼にそふて、戸伊摩と云所に一宿して、平泉に到る 心細い感じがする長い沼に沿って、登米という所まで来て一宿し、平泉に到着した。
其間廿余里ほどゝおぼゆ。 その間、二十里ほどと思われた。
   
[ 旅のあらすじ ]
松島の岸辺で夜明けを迎えた五月十日(新暦六月二十六日)、芭蕉一行は、石巻街道(金華山道)から更に東へと旅を進めた。本文では、歌枕の「あねはの松」や「緒だえの橋」への道行きを誤まり、思いがけなく石巻へ出たことになっているが、「随行日記」にはこうした記述は見られない。

日記によれば、この道中、矢本の宿で飲み水を求めて難儀していたところ、通りすがりの侍、今野源太左衛門に助けられ、当夜の石巻の旅宿まで紹介されたという。その所は北上川河口付近、新田町(現千石町)の「四兵へ(四平衛)」宅[
資料]だった。

一行は、その日の内に、旧北上川河口に隆起する日和山に逍遥し、仙台領内一の米の集積港・石巻の繁栄を眺めた。「随行日記」に眺望の対象が詳しく書かれていることから、土地の地理に明るい同行者を得ての散策だったと見られる。帰りに、旅宿近くの旧社住吉神社に参詣した。金華山道の渡し場で、歌枕として知られた「袖の渡り」はこの社の門前にある。


石ノ巻中不残見ゆル。奥ノ海(今ワタノハ「渡波」ト云)・遠島(牡鹿半島のこと)・尾駮ノ牧山眼前也。真野萱原も少見ゆル。帰ニ住吉ノ社参詣。袖ノ渡リ、鳥居ノ前也。
(「随行日記」)
五月十一日(新暦六月二十七日)、石巻を立ち、次の宿泊地登米を目指す。「随行日記」に、この間の地理が下のように記されている。登米での宿泊先は、予定していた儀左衛門に断られたことから、検断(村役人)の庄左衛門宅となった。

石ノ巻、二リ鹿ノ股(鹿又)(一リ余渡有)、飯野川(三リニ遠し。此間、山ノアイ、長キ沼[資料]有)。曇。矢内津(一リ半。此間ニ渡し二ツ有)。
石巻から鹿又まで二里。鹿又から飯野川まで一里余り。渡しあり。飯野川から柳津まで三里を越える。この間、山の間(あい)に長き沼あり。柳津から登米まで一里半。この間、渡しが二つあり。
(「随行日記」)
石巻街道・矢本町 日和山公園 袖の渡り 芭蕉公園・河北町 登米町
 
 
 




28
石巻

[語 釈]

十二日、平和泉と心ざし
「随行日記」では五月十日。この相違は、瑞巌寺の参詣日五月九日を十一日としたことによる。
あねはの松・緒だえの橋など聞伝て
「あねは(姉歯)の松」は、武隈の松(宮城県岩沼市)、阿古耶の松(山形市)、末の松山(宮城県多賀城市)とともに奥州の名松に名を連ねる松で、栗原郡金成(かんなり)町姉歯地区にある。歌枕。伊勢物語に載る次の歌で知られる。

栗原のあねはの松の人ならば
 都のつとにいざといわましを
(「伊勢物語」)


「緒だえの橋」は、古川市を流れる緒絶川に架かる橋で、中古三十六歌仙の一人・左京大夫藤原道雅の歌などで知られる歌枕。


  また同じ所にむすびつけさせ侍ける
みちのくのをだえの橋やこれならん
 ふみみふまずみ心まどわす  左京大夫藤原道雅
(「後拾遺和歌集」)
雉兎蒭蕘の往かふ道そこともわかず
「雉<きじ>兎<うさぎ>(ちと)」は、猟師。「蒭蕘(すうじょう)」の「蒭(芻)」は草を刈る人、「蕘」は木こり、芝刈り。

「わかず」は「分かず」で、「区別する、識別する」の意の「分く」の未然形。「そこともわかず」は、下記用例の「そことも知らず」と同義で、「どこともわからず」の意。


仲国、寮の御馬腸はつて、明月に鞭をあげ、そことも知らずぞあこがれ行く
(「平家物語」)
  摂政太政大臣家百首哥合に、野遊のこゝろを
思ふどちそこともしらず行きくれぬ
 花の宿かせ野辺の鶯  藤原家隆
(「新古今和歌集」)
石の巻
現在の宮城県石巻市。藩政期、北上川を利用した水運が盛んとなり、仙台領最大の米の集積港として栄えた。

「石巻」の名について、北上川河口近くに浮かぶ「巻石(まきいし)[
資料]」に由来するという説がある。巻石は、この周りを水が巻きながら流れることに因んで名付けられた岩で、大淀三千風は、石巻と巻石の関連について「石巻。川中に大きなる岩あり。此かげ浪巴(ともえ)をなせり。此故に此名有」と「松島眺望集」に記している。
「こがね花咲」とよみて奉たる金花山
「こがね花咲」は、「万葉集」巻十八に載る大伴家持の「天皇の御代栄えむと東なる陸奥山に金花咲く」の歌に触れたもの。詳しくは[資料]を参照。

「金花山」は金華山。牡鹿半島の先端の東南に位置する周囲26km、面積10平方kmの島。古来霊場の島として知られ、金華山港の桟橋から北へ行ったところに金山毘古神と金山毘売神を祭る黄金山神社がある。
海上に見わたし
本文に「(金花山、)海上に見わたし」とあり、日和山から金華山が見えたことになっているが、実際には見られない。詳しくは[資料]を参照。
袖のわたり・尾ぶちの牧・まのゝ萱はらなどよそめにみて
いずれも歌枕。「よそめにみて」とあるが、「袖のわたり」は、芭蕉が参詣した住吉神社の門前が当該地であるため、実際は立ち入った、または視野に入れたことになる。

帰ニ住吉ノ社参詣。袖ノ渡リ、鳥居ノ前也。
(曽良事項日記)


金華山道の渡し場「袖の渡り[
資料]」は、平安中期ごろまでに成立した歌枕。その名の由来について、源義経が頼朝の追手から逃れ平泉に向かうときに、当地から舟に乗って一関に渡り、船賃として袖をちぎって船頭に渡したという逸話が伝えられているが、歌枕の発生起源は義経以前である。

  さねかたのきみの、みちのくにへくたるに
とこもふちふちもせならぬなみた川
 そてのわたりはあらしとそおもふ
(「清少納言集」)
  題しらず
みちのくの袖のわたりの涙がは
 心のうちにながれてぞすむ  相模
(「新後拾遺和歌集」)


「尾ぶち(の牧)」は、平安のころ馬の牧場が歌枕になったもので、下記の歌ではともに「をぶちの駒」として詠まれている。その所は、旧北上川の東岸にある海抜250mの霊境、牧山[
資料]の山麓だったとされ、その山頂の零羊崎(ひつじざき)神社に、下記の「後撰和歌集」の歌と「尾ぶちの牧 おくのほそ道」の文字を刻む標柱が建っている。


尾駮(ぶち)御牧。石ノ巻ノ向牧山ト云山有。ソノ下也。
(「名勝備忘録」)


  男のはじめいかに思へるさまにか有りけむ、女のけしきも心とけぬを見て、
  あやしく思はぬさまなる事といひ侍りければ
陸奥のをぶちの駒も野飼ふには
 荒れこそまされ懐くものかは よみ人しらず
(「後撰和歌集」)


  橘則長父の陸奥の守にて侍りけるころ馬にのりてまかり過ぎけるを見侍りて、
  男はさも知らざりければまたの日つかはしける
綱たえて離れ果てにし陸奥の
 をぶちの駒を昨日みしかな  相模
(「後拾遺和歌集」)


歌枕「真野の萱原」の発生起源は万葉集で、奈良時代にまでさかのぼる。その所は、石巻市の真野・萱原地区[
資料]のほか、福島県相馬郡鹿島町の真野川流域[資料]とする説もある。
真野・萱原地区は、古くから萱や葦や荻の生育地で、当地にある長谷寺(ちょうこくじ)参道入口に、「真野萱原伝説地」の文字と、藤原定家の「露わけむ秋の朝気は遠からで都は幾日まのの葦原」の歌を記す標柱が建てられている。長谷寺は山号を舎那山とする曹洞宗の寺院で、創建は奥州藤原三代秀衡、山号は、源義経が兄頼朝の平家追討の旗揚げの際、郎党とともに武運を祈願したことから、義経の元服前の名「遮那王」にちなみ舎那山としたという言い伝えがある。


  笠女郎(かさのいらつめ)、
  大伴宿祢家持に贈る歌三首(中の一)
陸奥の真野のかや原遠けども
 面影にして見ゆといふものを 笠女郎
(「万葉集」)
  冬の歌中に
冬枯のまののかや原ほに出でし
 面かげみせておける霜かな  大江忠広
(「新拾遺和歌集」)
  月前旅行を
古郷の人の面かげ月にみて
 露わけあかすまののかやはら 中務卿宗尊親王
(「新続古今和歌集」)
心細き長沼
「長沼」は、伊達政宗のときの北上川改修工事で川筋が変化し、流域の一部が沼として残たものと考えられている。詳しくは[資料]を参照。
戸伊摩と云所に一宿して、平泉に到る
「戸伊摩」は、宮城県登米(とめ)郡登米(とよま)町。藩政期は登米伊達氏の城下町、明治期は県庁所在地として栄え、現在も江戸のころの町割りや武家屋敷が残っている。

「一宿」先[
資料]は、予定していた儀左衛門に宿泊を断られたことから、検断(村役人)の庄左衛門宅となった。現在、登米大橋近くの北上川の土手上に「芭蕉翁一宿之跡」の碑が建っている。これは、もと検断屋敷跡にあったものだが、大正元年(1912)の北上川改修工事の時に庄左衛門の屋敷跡が堤防に埋もれたため、昭和九年(1934)に建て直されたもの。

< TOP >



「おくのほそ道」のテキストについて


本テキストは、俳聖 松尾芭蕉・生涯データベース
および、FLASHムービー「 おくのほそ道を行く」の副読本
としてLAP Edc. SOFTが制作したものです。




掲載しているデータとリンクについて

テキストデータや画像データの無断使用・転載を固く禁止します。

  
リンクを張られる場合は、下記アドレスを対象としてください。
  
http://www.bashouan.com


 

  
俳聖 松尾芭蕉・生涯データベース
 
おくのほそ道
 
生涯データベース目次
 

 
おくのほそ道 総合データベース
 
俳聖 松尾芭蕉・みちのくの足跡
 
総合目次
 


Copyright(C) 2004-2006  LAP Edc. SOFT.  All Rights Reserved.

 Maintained online by webmaster@bashouan.com
 
LAP Edc. SOFTのホームページ

 
LAP Edc. SOFTのホームページ