松尾芭蕉の旅 おくのほそ道
俳聖 松尾芭蕉・生涯データベース
_
おくのほそ道 二十九
平泉の章段










三代の栄耀一睡の中にして大門の跡は一里こなたに有 藤原三代にわたる栄華も、今となっては夢のようであり、平泉の表門の跡は一里程手前にある。
秀衡が跡は田野に成て、金鶏山のみ形を残す 秀衡の館跡は、今では田や野原に変わり果て、秀衡が造らせた金鶏山だけが、その形をとどめている。
先、高館にのぼれば、北上川南部より流るゝ大河也 まずは、高館に上ってみたが、そこから見える北上川は、南部地方から流れ来る大河である。
衣川は、和泉が城をめぐりて、高館の下にて大河に落入 衣川は、泉ヶ城のまわりを流れ、高館の下で北上川と合流している。
泰衡等が旧跡は、衣が関を隔て、南部口をさし堅め、夷をふせぐとみえたり。 泰衡たちの屋敷跡は、衣が関を隔てたところにあり、南部地方からの出入り口を固めて蝦夷の侵入を防いだと見られる。
偖も義臣すぐつて此城にこもり、功名一時の叢となる。 それにしても、よりすぐった忠義心のある家来たちが高館にこもり功名を競ったが、そうして得られた功名も一時の夢と消え、今では草が生い茂るばかりだ。
国破れて山河あり、城春にして草青みたりと、笠打敷て、時のうつるまで泪を落し侍りぬ。 杜甫の「国が破れ滅びても、山や河だけはむかしのままの姿で残っている。荒廃した城にも春はめぐり来るが、草木だけが生い茂るばかりだ」の詩を思い浮かべ、笠を置いて腰をおろし、いつまでも栄華盛衰の移ろいに涙したことであった。
_夏草や兵どもが夢の跡 人気のないところに、今はただ夏草だけが生い茂るばかりだが、ここは、かつて義経主従や藤原一族の者たちが功名・栄華を夢見たところである。知るや知らずやこの夏草を眺めていると、すべてが一炊の夢と消えた哀れさに心が誘われる。
_卯の花に兼房みゆる白毛かな 曽良 夏草に混じって咲いている白い卯の花を見ていると、兼房が、白髪をふり乱して敵に向かう姿が浮かんでくることよ。
兼て耳驚したる二堂開帳す かねてから聞いて驚嘆していた経堂と光堂が開かれていた。
経堂は三将の像をのこし、光堂は三代の棺を納め、三尊の仏を安置す 経堂には、清衡、基衡、秀衡の像が残されており、光堂には、これら三代の棺が納められ、また、三尊の仏像が安置されている。
七宝散うせて、珠の扉風にやぶれ、金の柱霜雪に朽て、既頽廃空虚の叢と成べきを 七宝が散り失せ、珠玉を飾った扉は風に破れ、金箔が施された柱は霜や雪に朽ちて、もはや、すべてがくずれ廃れて何もない草むらとなりそうであったのを、
四面新に囲て、甍を覆て雨風を凌。暫時千歳の記念とはなれり。 四方を新たに囲い、屋根瓦を葺いて雨風をしのいでいる。これにより、しばらくは、遠い昔をしのぶ記念物とはなっているのである。
_五月雨の降のこしてや光堂 あたりの建物が、雨風で朽ちていく中で、光堂だけが昔のままに輝いている。まるで、光堂にだけは、五月雨も降り残しているようなことではないか。
   
[ 旅のあらすじ ]
五月十二日(新暦六月二十八日)、登米の検断庄左衛門宅を出立。途中、雨模様となる中、上沼新田町(現在中田町)、涌津と歩みを進めたが、次第に雨脚が強くなり、歩行困難のため涌津から馬に跨っての道中となった。当時、一関へ行くには、金沢宿への入り口近くで金沢川を徒渡りし、大槻を経て大門に出る一関街道が通常の道筋だった。しかし、芭蕉一行は、大槻・大門間の川越えが増水で不能となったため、一関街道を選択することができず、止む無く、大槻から日向に抜ける「皆山坂」の道を行くことになったと考えられている。

一行は、日向、五合田と旅をして導心塚杉に出、牧沢、燕沢、中屋敷、細田の集落を経て、「合羽モトヲル」(「随行日記」)ほど激しい雨の中、ようやく一関にたどり着いた。芭蕉は本文の中で「戸伊摩と云所に一宿して、平泉に到る。其間廿余里ほどゝおぼゆ」と、さらりと筆を走らせたが、実際は、馬上ながら雨中、悪路の山越えを強行する至難の旅だった。
五月十三日(新暦六月二十九日)、昨日の天気が回復し、晴天となる。一行は、十時ごろ一関を立ち、平泉へ史跡探訪の旅に赴いた。奥州街道を二里ばかり歩いて平泉に到着し、隆盛を極めた奥州藤原三代や、当地で生涯を閉じた源義経の痕跡などを尋ね歩いた[資料]。

十三日 天気明。巳ノ尅ヨリ平泉ヘ趣。一リ、山ノ目。壱リ半、平泉ヘ以上弐里半ト云ドモ弐リニ近シ(伊沢八幡壱リ余リ奥也)。高館・衣川・衣ノ関・中尊寺・(別当案内)光堂(金色寺)・泉城・さくら川・さくら山(束稲山)・秀平やしき等ヲ見ル。泉城ヨリ西霧山見ゆルト云ドモ見ヘズ。タツコクガ岩ヤヘ不行。三十町有由。月山・白山ヲ見ル。経堂ハ別当留主ニテ不開。金鶏山見ル。シミン堂(新御堂)、无量劫院跡見、申ノ上尅帰ル。主、水風呂敷ヲシテ待、宿ス。(「随行日記」)
芭蕉二宿の地 無量光院跡 高館 中尊寺 泉ヶ城跡
 
 
 




29
平泉

[語 釈]

三代の栄耀一睡の中にして
「三代の栄耀」は、奥州藤原清衡(1056〜1128)、基衡(生没年未詳。通説では没年1157)、秀衡(没年1187)の三代[資料]にわたる栄華。

「一睡の中にして」の「一睡」は「一炊」で、人生の富貴栄華のはかなさに例えられる沈既済「枕中記」の故事「一炊の夢(邯鄲の夢)」に触れたもの。その要旨は次の通り。

青年盧生が、邯鄲(かんたん。中国河北省南部の都市)の地で呂翁という道士に出会う。この折に、呂翁より栄華が思いのままになるという枕を借りて寝入ったところ、願いの通り権力と富貴を手にしながらも、波乱に富んだ後半生五十年の夢を見る。末期を迎えたところで目覚めると、この夢は、一炊の時間にも満たない短いもので、寝入る前、釜にかけてあった黄粱(こうりょう。大粟)がまだ炊き上がっていなかったという。
大門の跡は一里こなたに有
「大門」がどこを指しているかは諸説あり不明だが、中尊寺・毛越寺発行の書籍「平泉」では、毛越寺の南大門がこれに当るとしている。

南大門跡[
資料]は東西三間南北二間の、十二個の礎石が整然と原位置に並んでいる。「吾妻鏡」(鎌倉幕府が編纂した公式の歴史書)に「二階惣門」といい、芭蕉が「奥の細道」のなかで「三代の栄耀一睡の中にして、大門の跡は一里こなたに有」と綴るのもこれを指す。
秀衡が跡は田野に成て、金鶏山のみ形を残す
「秀衡が跡」は、「吾妻鏡」が「伽羅御所[資料]」を秀衡の常の居所としていることから、この跡地を指すと見られる。ただし、「柳之御所」も、秀衡が鎮守府将軍・陸奥守に任ぜられ政庁として機能するようになるまで、秀衡の居館として使用されたと考えられている。以下は、伽羅御所関連の記事を書き記す「吾妻鏡」の「寺塔已下注文曰」の章。
一 館の事 秀衡
金色堂の正方、無量光院の北に並べて、宿館を構ふ。平泉館(ひらいずみのたち。「柳之御所」を指すと見られている)と号す。西木戸に嫡子国衡の家有り。同四男隆衡の宅之に相並ぶ。三男忠衡の家は、泉屋の東に在り。無量光院東門に一郭を構う。加羅御所と号す。秀衡常の居所也。泰衡之を相継ひで居所と為す。
(「吾妻鏡」)

「金鶏山[資料]」は、秀衡が、富士山を模して無量光院の西方に築いた標高98.6mの小山。築山の際、頂きに金製の鶏を埋めたことからこの名がある。無量光院は、秀衡が宇治の平等院鳳凰堂を模して建てた寺院。
高館(たかだち)
中尊寺の東南にある丘陵[資料][資料]。標高67m。源義経が平泉に滞在中居住したところで、藤原泰衡の軍勢に襲われ、当所にて自刃したと伝えられる。衣川館(衣河館)または判官館とも呼ばれる。以下は、高館における義経最期の日を伝える「吾妻鏡」の文治五年閏四月三十日己未の条。

今日陸奥国において、泰衡、源与州(義経)を襲う。これ且つは勅定(天皇の定め)に任せ、且つは二品(源頼朝)の仰せに依ってなり。与州、民部少輔基成朝臣(前陸奥守兼鎮守府将軍。任期終了後も京に戻らず、秀衡の望みに応えて娘を秀衡に嫁がせ、平泉藤原氏の政治顧問的な立場で留まった旧中央官吏)の衣河館にあり。泰衡の従兵数百騎、その所に馳せ至り合戦す。与州の家人等、相防ぐといえども、ことごとく以て敗績す。予州持仏堂に入り、まず妻(二十二)子(女子四歳)を害し、次に自殺す(と云々)。
(「吾妻鏡」)
北上川南部より流るゝ大河也
「北上川」は、岩手県の北部、岩手町を源とし、県の中央部を南へ下って宮城県に入り、津山町柳津で新・旧二手に分流する大河川。新北上川は、追波湾から、旧北上川は石巻湾から太平洋に注ぐ。流路の総延長は249km。

「南部」は、南部藩の領地を指す。藩都が置かれた現在の盛岡市を中心とする地域。
衣川は、和泉が城をめぐりて、高館の下にて大河に落入
「衣川[資料]」は北上川の支流で、西行の歌などに詠まれた歌枕。高館の北側で北上川に合流する。その名の由来に、源流の高檜能山(927m)に天女が舞い降りて,羽衣を乾かしたからいうのがある。

  十月十二日、平泉にまかり着きたりけるに、雪降り、嵐はげしく、
  殊のほかに荒れたりけり。いつしか衣河見まほしくてまかりむかひて
  見けり。河の岸に着きて、衣河の城しまはしたる事柄、やう変りて物
  を見る心地しけり。なぎさ凍りてとりわきさえければ
取り分きて心もしみて冴ぞわたる衣河
 見に来たる今日しも  西行
(「山家集」)

「和泉が城(泉ヶ城)[資料]」は、秀衡の三男泉三郎(泉の三郎、和泉三郎)こと藤原忠衡の居城と伝えられる。「平泉舊蹟志」に「琵琶柵跡、戸河内村に在り。往昔貞任が後見成道が居城の跡なり。中尊寺の北にあたる。里俗此所を泉三郎忠衡が居所なりと傅へり」とある。
「和泉が城をめぐりて」は、衣川の城跡周辺を流れる様を言ったもの[資料]。
泰衡等が旧跡は、衣が関を隔て
泰衡の住居は、「吾妻鏡」に「無量光院東門に一郭を構う。加羅御所と号す。秀衡常の居所也。泰衡之を相継ひで居所と為す」とあるので「伽羅御所」と目されるが、本文の「泰衡等が旧跡」がこれを指すかは不明。

「衣が関」については、古代、白河の関から青森の外ケ浜を結ぶ「奥大道」が関山中尊寺を貫き、その参道が、関山の北の山腹に関所を置いて「衣の関道[資料]」と呼ばれていたことから、関山そのもの、または上り口辺りを指したものと見られる。ちなみに、中尊寺の住所は「平泉町平泉字衣関」である。

高館ヲ去ルコト一町(約109m)余ノ山下ニ小関路有り。是レ古関門ノ址ナリ。
(「奥州観蹟聞老志」)
衣関 高館ノ後、切通シノヤウナル有リ。是ナリ。南部海道(街道)也。
(「名勝備忘録」)

また、後年、関山にあった関所が、高館から直線距離で3.5kmほど北東の前沢・鵜ノ木の衣関(「きぬとめ」と読む)に移ったことから、当所を本文の「衣が関」とする説もある。
国破れて山河あり、城春にして草青みたり
杜甫の「春望」詩を引用し、「草木深し」を「草青みたり」に変化させたもの。杜甫は、李白とともに「李杜(りと)」と併称される中国盛唐の大詩人。李白を「詩仙」と言い、杜甫は「詩聖」と称される。
春望 杜甫
国破山河在 (国破れて山河在り)
城春草木深 (城春にして草木深し)
感時花濺涙 (時に感じては花にも涙を濺ぎ)
恨別鳥驚心 (別れを恨んでは鳥にも心を驚かす)
烽火連三月 (烽火三月に連なり)
家書抵萬金 (家書萬金に抵る)
白頭掻更短 (白頭掻けば更に短く)
渾欲不勝簪 (渾べて簪に勝えざらんと欲す)
笠打敷て
「笠を敷いて腰をおろし」と意をとられることが多いが、「笠を傍らに置いて腰をおろし」の訳し方もある。

「笈の小文」に、杜国と吉野に遊んだ折、笠の裏に「乾坤無住同行二人(けんこんむじゅうどうぎょうににん)」と書いたとあり、また、山中吟の句に「今日よりや書付消さん笠の露」があることから、「おくのほそ道」の旅でも同じ文句を笠に書き付けたものとみられる。「乾坤無住」は「天と地の間に住処を定めず」、「同行二人」は、弘法大師と共に旅する意を表す。しかし、「今日よりや」の句において、「消さん」とする対象は明らかに曽良であることから、芭蕉にとって「同行二人」は、必ずしも弘法大師云々といった意を込めたものでなかったかも知れない。けれもど、この文句は旅の無事を祈念しての書き付けであったことに相違なく、こうした笠を尻に敷く可能性を慮(おもんばか)り、「笠打敷て」は「笠を傍らに置いて腰をおろし」と解釈して置く。
兼房
「義経記」に依れば、「兼房」は、義経の北の方の御乳人(めのと。守役)、(増尾)十郎権頭兼房。もと久我大臣の家臣で、平泉に下った時六十三歳。「義経記」の中の関連記事は[資料]を参照。
二堂開帳す
「二堂」は、中尊寺山内の金色堂(光堂)と経堂(経蔵)。「二堂開帳」とあるが、「随行日記」に「経堂ハ別当留主ニテ不開」とあり、経堂は、芭蕉が訪ねたとき別当が留守で、厨子内の拝観はできなかった。
経堂は三将の像をのこし、光堂は三代の棺を納め、三尊の仏を安置す
「経堂(経蔵)」は、金色堂の西側にあり、本尊の騎獅文殊菩薩像と従者の四眷属像を安置する。実際には「三将」(藤原清衡、基衡、秀衡)の像は無い。天治三年(1126)に二階瓦葺で建立されたが、建武四年(1337)の火災で二階部分が焼け、一階部分を修復して現在に至っている。

「光堂(金色堂)」は、平泉の黄金文化を今に伝える遺構で、天治元年(1124)、清衡が六十九歳の時に建立したもの。阿弥陀如来を本尊とする。「光堂」の称は、阿弥陀仏が無量光仏(光仏)を意味することに依る。仏像を配置する須弥壇(しゅみだん)に藤原三代の遺骸と四代泰衡の首級が安置されているが、清衡が、初めから葬堂(霊廟)として金色堂を建立したか否かについては不明で、長く論じられている。

「三尊の仏」は、金色堂本尊の阿弥陀如来と観音菩薩・勢至菩薩。
七宝散うせて
金色堂の七宝荘厳の巻柱を指す「七宝」は、仏教で言う七種の宝物で、経典により内容が一部異なるが、「無量寿経」では、金・銀・瑠璃(るり)・玻璃(はり)・石+車 (音/シャ)石+渠 (音/コ)(しやこ)・瑪瑙(めのう)・珊瑚(さんご)をいう。
既頽廃空虚の叢と成べきを
「もはや、すべてがくずれ廃れて何もない草むらとなりそうであったのを」ほどの意。「頽廃」は「衰えすたる」、「空虚」は「何ももない」の意。
四面新に囲て、甍を覆て雨風を凌
「四面新に囲て、甍を覆て」は、金色堂を瓦葺の覆堂で保護していることを表す。

芭蕉が目にした旧覆堂の建立は、金色堂修復の棟札から、鎌倉期の正応元年とされてきたが、現在は、建築様式から、室町中期と考えられている。旧覆堂は、昭和四十年(1965)の五月、同地に新覆堂が完成したのに伴い、経蔵の北側に移されている。
千歳の記念
「千年の昔(遠い昔)の記念物」の意。
五月雨
「五月雨」は、芭蕉が好んで使用した季語。下は、芭蕉の全生涯句から(「五月の雨」を含めて)該当句をすべて抜き出したもの。
寛文七年(1667) 五月雨に御物遠や月の顔     「続山井」
寛文十年(1670) 五月雨も瀬ぶみ尋ぬ見馴河    「大和巡礼」
延宝五年(1677) 五月雨や龍灯あぐる番太郎    「六百番発句合」
延宝八年(1680) 五月の雨岩檜葉の緑いつ迄ぞ   「向之岡」
天和元年(1681) 五月雨に鶴の足短くなれり    「東日記」
貞享四年(1687) 五月雨や桶の輪切るる夜の声   「真蹟懐紙」
貞享四年(1687) 髪はへて容顔青し五月雨     「真蹟懐紙」
貞享四年(1687) 五月雨に鳰の浮き巣を見に行かむ 「真蹟詠草」
貞享五年(1688) 五月雨に隠れぬものや瀬田の橋  「曠野」
元禄二年(1689) さみだれは滝降りうづむみかさ哉 「随行日記」
元禄二年(1689) 五月雨の降のこしてや光堂    「おくのほそ道」
元禄二年(1689) 五月雨をあつめて早し最上川   「おくのほそ道」
元禄二年(1689) 五月雨を集て凉し最上川     「俳諧書留」
元禄三年(1690) 日の道や葵傾く五月雨      「猿蓑」
元禄四年(1691) 五月雨や色紙へぎたる壁の跡   「嵯峨日記」
元禄四年(1691) 五月雨や色紙まくれし壁の跡   「笈日記」

< TOP >



「おくのほそ道」のテキストについて


本テキストは、俳聖 松尾芭蕉・生涯データベース
および、FLASHムービー「 おくのほそ道を行く」の副読本
としてLAP Edc. SOFTが制作したものです。




掲載しているデータとリンクについて

テキストデータや画像データの無断使用・転載を固く禁止します。

  
リンクを張られる場合は、下記アドレスを対象としてください。
  
http://www.bashouan.com


 

  
俳聖 松尾芭蕉・生涯データベース
 
おくのほそ道
 
生涯データベース目次
 

 
おくのほそ道 総合データベース
 
俳聖 松尾芭蕉・みちのくの足跡
 
総合目次
 


Copyright(C) 2004-2010  LAP Edc. SOFT.  All Rights Reserved.

 Maintained online by webmaster@bashouan.com
 
LAP Edc. SOFTのホームページ

 
LAP Edc. SOFTのホームページ