松尾芭蕉の旅 おくのほそ道
俳聖 松尾芭蕉・生涯データベース
_
おくのほそ道 三十
出羽越えの章段










南部道遥にみやりて、岩手の里に泊る 南部地方に続いている道を遠くに望み見て、岩手の里に泊まった。
小黒崎・みづの小嶋を過て、なるごの湯より尿前の関にかゝりて、出羽の国に越んとす。 小黒崎や美豆の小島を通り過ぎ、鳴子温泉から尿前の関に差しかかって出羽の国へ越えて行こうとした。
此路旅人稀なる所なれば、関守にあやしめられて、漸として関をこす。 この道は旅人がめったに通らないので関所の番人に怪しく思われて、ようやく関を越すことができた。
大山をのぼつて日既暮ければ、封人の家を見かけて舎を求む。 大きな山を登って行くうちに既に日が暮れてしまったので、封人の家(国境の番人の家)を見かけて一夜の泊りをたのんだ。
三日風雨あれて、よしなき山中に逗留す。 しかし、三日間雨風が激しかったため、わびしい山中に逗留することになった。
_蚤虱馬の尿する枕もと 蚤や虱に悩まされる旅夜ではあるが、人と住まいを共にする習いの中、馬が枕もとで小便をするというのも心安く趣があるものだ。
あるじの云、是より出羽の国に大山を隔て、道さだかならざれば、道しるべの人を頼て越べきよしを申 宿の主人が言うには、ここから出羽の国に行くには、間に大きな山があって、道もはっきりしていないので、道案内の人を頼んで越えていくのがよい、とのことだった。
さらばと云て人を頼侍れば、究境の若者、反脇指をよこたえ、樫の杖を携て、我々が先に立て行。 それならばと言って人を頼んだところ、いかにも力が強そうな若者が、反脇差を腰に差し、樫の木の杖をもって我々の先に立って歩いて行く。
けふこそ必あやうきめにもあふべき日なれと、辛き思ひをなして後について行。 今日こそきっと危険な目にあいそうな日であると、びくびくしながら後について行く。
あるじの云にたがはず、高山森々として一鳥声きかず、木の下闇茂りあひて夜る行がごとし。 宿の主人が言った通り、山は高く木々が生い茂って鳥の声一つ聞こえず、枝葉が茂り合って木の下を暗くし、まるで夜を行くようである。
雲端につちふる心地して、篠の中踏分踏分、水をわたり岩に蹶て、肌につめたき汗を流して、最上の庄に出づ。 杜甫の詩に「霾雲端(うんたんにつちふる)」とあるように、大風が土や砂を吹き上げて雲の端から吹き降ろすときのような心もとない心地で、笹やぶの中を踏み分け踏み分けして進み、時には水を渡り岩につまづいて冷や汗を流し、やっとのことで最上の庄に出た。
かの案内せしおのこの云やう、此みち必不用の事有。恙なうをくりまいらせて仕合したりと、よろこびてわかれぬ。跡に聞てさへ胸とゞろくのみ也。 あの案内の男は、この道では必ずなにか良くないことが起こる。何事も無く送ることができてほんとうに幸いだったと言って、喜んで別れて行った。後になって聞いてさえ、胸がどきどきするばかりであった。
   
[ 旅のあらすじ ]

五月十四日(新暦六月三十日)、尾花沢を目指し、二泊した一関の宿から岩出山方面へ旅立った[資料]。まず奥州街道に出て台町の追分地点まで南下し、そこで奥州街道と分かれ脇街道の奥州上街道に足を踏み入れた。奥州上街道は、台町の追分を起点に、岩ヶ崎、真坂の宿駅を経由し、岩出山の天王寺追分で出羽街道中山越に合流する。

芭蕉一行は、蔵主沢、岩ヶ崎、真坂と旅を続け、千本松長根の道を抜けて天王寺追分に到着。一行は、この足で、歌枕「小黒崎」を一目見ようと、追分地点から中山越の道を西へ向かったが、日没が迫ったためこれを断念し、岩出山に戻って城下の旅籠に一宿した。


五月十五日(新暦七月一日)、芭蕉一行は、前日まで、中新田・小野田経由で尾花沢を目指そうとしていたが、「道遠ク、難所有之」の理由で、急遽、鳴子経由に変更し、通行手形の用意がないままに岩出山を出立した。こうした事情から、前日取りやめた歌枕の見物が可能となった。その小黒崎は岩出山の旅籠から12kmほど行った鳴子
との境目にあり、美豆の小島はその先の名生定にある。

一行は、美豆の小島から中山越の道を更に西へ進み、鳴子村の尿前の関に至る。芭蕉と曽良は、厳重な警戒の中、手形不携帯の廉(かど)で取調べを受けることとなったが、その日の内に放免され、漸(ようよ)うにして関越えを果たした。


番所裏の尿前坂、薬師坂を登ると旧関の地、岩手の森に至り、その先に中山峠越えの山道が延々と続く。芭蕉一行は、日暮れ時になって堺田に到着し「封人の家」に止宿した。


大雨のため翌
五月十六日(新暦七月二日)も同家に泊まり、快晴となった五月十七日(新暦七月三日)、尾花沢を目指し堺田を旅立って行った。尾花沢への経路として、当初背坂峠越えを予定していたが、回り道との理由から山刀伐峠越えに変更し、宿の主人の「道さだかならざれば、道しるべの人を頼て越べき」との教えに従い「究境の若者」を道連れにした。芭蕉一行は、笹森口留番所、万騎の原古戦場、赤倉、一刎を経、山刀伐峠を越えて尾花沢に到着した。
一関・台町 刈又一里塚 芭蕉腰掛けの松 千本松長根 天王寺追分
岩出山・一宿の地 小黒ヶ崎、小島 尿前の関跡@ A B 封人の家 山刀伐峠@ A B C
 
 
 




30
出羽越え

[語 釈]

南部道遥にみやりて、岩手の里に泊る
「南部道」は、南部藩の領地、現在の盛岡市を中心とする地域へ通じる南部街道(奥州街道の内)。「南部道遥にみやりて」については[資料]を参照。

「岩手の里」は、現在の大崎市岩出山。地域名の「岩出山」は、室町時代から「岩手沢」と呼ばれていたのを、天正十九年(1591)、岩手沢城に移った伊達政宗が「岩出山」に改めたのにはじまる。当地がむかし「岩手沢」と呼ばれていたことについては、丘陵の岩肌が掌(てのひら)状に枝分かれして露出してことに因むとか、「岩の森」を意味するアイヌ語「イワタイ」が「イワテ」になったなどの説がある。
小黒崎・みづの小嶋
ともに、出羽街道中山越(国道47号線)の道沿いにある歌枕。

をぐろ崎みつのこじまの人ならば
 都のつとにいざといはましを  東歌
(「古今和歌集」)
をぐろ崎みつのこじまにあさりする
  田鶴ぞなくなり波たつらしも 順徳院
(「続古今和歌集」)

「小黒崎[資料]」は、田園の中に一山孤立する標高244.6m、長さ800mの小山。山全体が紅葉する中に、古松が緑の点景を織り成す秋の景色が特に美しい。歌枕では「小黒崎」だが、山の名称としては「小黒ヶ崎」と表記される。

「みづの小嶋[資料]」は、小黒ヶ崎から出羽街道中山越の道を約1km西へ行ったところにある名所。江合川の流れの中にある。「随行日記」に書かれた「川中ニ岩島ニ松三本、其外小木生テ有(川中の岩島に松三本、その外小木が生えて有る)」と同じ景色が今も見られる。
なるごの湯
大崎市の鳴子温泉または一帯の鳴子温泉郷[資料]。泉質の豊富さとこけしの産地で有名。「続日本後記」に、当温泉の起こりとなった承和四年(837)の(火山性)爆発のことが、次のように記されている。

仁明天皇承知四年癸巳朔申。陸奥国玉造郡の温泉石神。雷響き振動昼夜止まず。温泉河に流れてその色漿(しょう。米を煮た汁)の如し。加うるに以って山焼け、谷塞がり石崩れる。更に新沼を作る。沸く声雷の如し。
(「続日本後記」)
尿前の関
鳴子温泉の北西に位置し、江合川と大谷川が合流するところの西側にあった番所[資料]。芭蕉一行は、当番所で手形不携帯のために怪しまれ足止めされた。「随行日記」に「断六ヶ敷也。出手形ノ用意可有之也」と記されている。(「鳴子」および)「尿前」の地名の由来については[資料]を参照。
出羽の国
現在の山形県と秋田県にあたる。明治元年(1868)に羽前(山形県のほぼ全域)と羽後(秋田県の大部分と山形県の一部)に分割された。
関守にあやしめられて
「関守」は関を守る役人。

「あや(怪)しめられ」は、下二段活用としての「あやしむ」の未然形「あやしめ」に受身の助動詞「られ」がついたもの。「あやしまれて」と同じく「怪しく思われて」の意。
大山をのぼつて
大きな山の意の「大山」は、具体的には、奥羽山脈の内の、尿前の裏山から中山峠を越えるまでの山のこと。芭蕉が旅した「大山」の行程については[資料]を参照。
封人の家[資料]
新庄・伊達領の境を守備した堺田村(現在山形県最上町の内)の庄屋・有路家のこと。国境を守る人を「封人(ほうじん)」といったことから、芭蕉は当家を「封人の家」と記した。

江戸時代初期の建物と見られている旧有路家の住宅は、昭和四十四年(1969)に重要文化財に指定され、昭和四十六年(1971)六月から二年九ヶ月の歳月をかけて解体・復元工事が行われた。昔、堺田村は新庄藩の保護・奨励のもと馬産地として発展し、有路家もこの大型民家で常時、数頭の母子馬を飼っていたと言われる。
蚤虱馬の尿する枕もと
「封人の家」における旅寝の情景を詠んだもの[資料]。「泊船集」や「俳諧古今抄」所収の句から、本句に定まるまでの推敲課程が知られる。

蚤虱馬のばりこくまくらもと
(伊藤風国編「泊船集」)

蚤虱馬の尿(バリ)つく枕もと
(支考編「俳諧古今抄」)
大山を隔て、道さだかならざれば、道しるべの人を頼て越べきよしを申
芭蕉は、当初、堺田から向町、満沢を経て尾花沢の岩谷沢に抜ける背坂(せなさか)峠越え[資料]を予定したが、堺田逗留中この経路が遠回りであることを知らされたとみられ、急遽、一刎経由の山刀伐峠越に変更した。「随行日記」の「小国ト云ヘカヽレバ廻リ成故」は向町経由の背坂峠越えについて記したものであり、当時はこの経路が尾花沢への一般道で多くの人馬が往来していた。これは、山刀伐峠越の山道が、特に小国側で険峻だったからであり、この為、芭蕉は、宿の主人の勧めに従い、道案内や荷物運搬のために「究境の若者」を道連れにして峠越えを果たしている。若者は、芭蕉と曽良の護衛のため「反脇指をよこたえ」ていた。
雲端につちふる
「大風が土や砂を吹き上げて雲の端から吹き降ろす」の意で、杜甫の詩句にある「已入風磴雲端(すでにふうとうにいリてうんたんにつちふる)」に依る。
最上の庄
ここでは、戦国時代に最上義光(よしあき。1546〜1614)が支配下に置いた最上・村山地方一帯を指すとみられる。
不用の事
不都合なこと、よくないことの意。「不用」について、蓑笠庵梨一の「奥細道菅菰抄」に「不用は、不用心といふ事にて、山賊などの害を、さす成べし」とある。

< TOP >



「おくのほそ道」のテキストについて


本テキストは、俳聖 松尾芭蕉・生涯データベース
および、FLASHムービー「 おくのほそ道を行く」の副読本
としてLAP Edc. SOFTが制作したものです。




掲載しているデータとリンクについて

テキストデータや画像データの無断使用・転載を固く禁止します。

  
リンクを張られる場合は、下記アドレスを対象としてください。
  
http://www.bashouan.com


 

  
俳聖 松尾芭蕉・生涯データベース
 
おくのほそ道
 
生涯データベース目次
 

 
おくのほそ道 総合データベース
 
俳聖 松尾芭蕉・みちのくの足跡
 
総合目次
 


Copyright(C) 2004-2006  LAP Edc. SOFT.  All Rights Reserved.

 Maintained online by webmaster@bashouan.com
 
LAP Edc. SOFTのホームページ

 
LAP Edc. SOFTのホームページ