松尾芭蕉の旅 おくのほそ道
俳聖 松尾芭蕉・生涯データベース
_
おくのほそ道 三十五
出羽三山の章段
 









六月三日、羽黒山に登る。 六月三日、羽黒山に登る。
図司左吉と云者を尋て、別当代会覚阿闍利に謁す。南谷の別院に舎して憐愍の情こまやかにあるじせらる 図司左吉という者を訪ね、その案内で羽黒山の別当代会覚阿闍梨にお目にかかる。南谷の別院に宿泊したが、阿闍梨は、思いやりの心で、懇(ねんご)ろにもてなしてくださった。
四日、本坊にをゐて誹諧興行 四日、本坊において俳諧を興行する。
_有難や雪をかほらす南谷 この霊山の谷あいから、雪の香の南風が吹き寄せています。旅に疲労した我が身にとっては、この上なく尊く有難いことです。
五日、権現に詣。当山開闢能除大師はいづれの代の人と云事をしらず。 五日、羽黒権現に参詣する。羽黒山を開山した能除大師は、どのような時代の人かは知らない。
延喜式に「羽州里山の神社」と有。書写、「黒」の字を「里山」となせるにや。「羽州黒山」を中略して「羽黒山」と云にや。「出羽」といへるは、「鳥の毛羽を此国の貢に献る」と風土記に侍とやらん 延喜式に「羽州里山の神社」とある。書きうつすときに、「黒」の字を「里山」としてしまったのだろうか。また、「羽州黒山」を中略して「羽黒山」と言うのだろうか。この国を出羽と言うのは、鳥の羽を国の貢物として朝廷に献上したから、と風土記に書いてあるということである。
月山・湯殿を合て三山とす 羽黒山に、月山と湯殿山を合わせて三山と称している。
当寺武江東叡に属して天台止観の月明らかに円頓融通の法の灯かゝげそひて、僧坊棟をならべ、修験行法を励し、霊山霊地の験効、人貴且恐る。繁栄長にして、めで度御山と謂つべし。 この寺は、武蔵国江戸の東叡山に属して、天台宗の止観の教えが月の光のように行き渡り、円頓融通の教えも合わせ灯って、僧坊が棟を並べて建つほどに隆盛している。修験者は修行に励んでいて、人は、こうした霊山霊地のごりやくを貴びながらも、そのあらたかさに恐れを抱いている。この繁栄はいつまでも続くと思われ、実に立派なお山と言うことができるだろう。
八日、月山にのぼる 八日、月山に登る。
木綿しめ身に引かけ、宝冠に頭を包強力と云ものに道びかれて、雲霧山気の中に氷雪を踏てのぼる事八里、更に日月行道の雲関に入かとあやしまれ、息絶身こゞえて頂上に至れば、日没て月顕る 木綿注連を首に掛け、宝冠に頭を包み、強力という者に先導されて、雲や霧が立ち込めて冷え冷えとした中を、氷雪を踏んで八里ばかり登れば、まさに日月の通り道にある雲の関所に入ってしまうかと思いながら、息絶え絶えに、冷え切った身体で頂上に到着すると、折から日が暮れて、既に出ていた月が鮮明となった。
笹を鋪、篠を枕として、臥て明るを待。日出て雲消れば湯殿に下る。 笹を敷き、まとめた篠竹を枕にして、横になって夜が明けるのを待つ。朝日が出て雲が消えたので、湯殿山の方へ下った。
谷の傍に鍛治小屋と云有。此国の鍛治、霊水を撰て爰に潔斎して劔を打、終月山と銘を切て世に賞せらる。彼龍泉に剣を淬とかや干将・莫耶のむかしをしたふ。道に堪能の執あさからぬ事しられたり 谷の傍らに鍛冶小屋というのがある。この国の刀鍛冶、月山という人が、霊験のある水をここに選び、身を清めて剣を打ち、ついに「月山」と銘を刻んで世にもてはやされた。これは、中国のかの龍泉の水で鍛錬したというのに通じるものだろうか。その昔、名剣を作り上げた干将と妻の莫耶の故事を慕うものである。熟達した技を身につけるには、それに深くこだわることが大切と知られたことである。
岩に腰かけてしばしやすらふほど、三尺ばかりなる桜のつぼみ半ばひらけるあり。ふり積雪の下に埋て、春を忘れぬ遅ざくらの花の心わりなし炎天の梅花爰にかほるがごとし。行尊僧正の哥の哀も爰に思ひ出て、猶まさりて覚ゆ。 岩に腰かけてしばらく休んでいると、三尺ばかりの桜が、つぼみを半分ほど開きかけていた。降り積もった雪の下に埋まりながら、春を忘れずに花を開こうとする遅ざくらの花の心は実に健気である。「炎天の梅花」が、ここに花の香を匂わしているようであり、行尊僧正のおもむき深い歌も思い出されて、いっそうしみじみとした思いに駈られた。
惣而此山中の微細、行者の法式として他言する事を禁ず。仍て筆をとゞめて記さず。 一般に、湯殿山の細かいことは、修行者の決まりとして、他人に話すことが禁じられている。従って、これ以上は筆を止めて記さないことにする。
坊に帰れば、阿闍利の需に依て、三山順礼の句々短冊に書。  南谷の宿坊に帰ったのち、阿闍梨の求めに応じて、三山順礼の発句を短冊に書いた。
_涼しさやほの三か月の羽黒山[資料] 日の落ちた羽黒山に佇み、西の空を眺めれば、はるかな山のあたりに三日月が出ているよ。たちこめる山気の中に見る月は、神々しくさえ感じられることである。
_雲の峯幾つ崩て月の山[資料] 昼間の陽射しの中で、猛々しく起立していた雲の峰はいつしか崩れ、今は、薄明かりに照らされた月の山が嫋(たお)やかに横たえているばかりであるよ。
_語られぬ湯殿にぬらす袂かな いにしえより恋の山と聞こえた湯殿の里に分け入れば、語らず聞かずの幽谷の奥に尊き神秘を拝し、袂を濡らしたことであるよ。
_湯殿山銭ふむ道の泪かな 曽良 湯殿山の霊域では、落ちたものを拾い上げることが禁じられている。こうした訳からだろうか、参道は、お賽銭を散り敷いたような有様であるよ。これを踏みつつお参りに上がると、かたじけない思いで涙がこぼれるのである。
   
[ 旅のあらすじ ]
六月三日(新暦七月十九日)、清川から狩川を経て羽黒山麓の手向に到着。大石田の高野一栄の紹介で図司呂丸こと近藤左吉宅を訪ねた。本人は羽黒山の本坊宝前院若王寺[資料]に行って不在だった。帰宅した呂丸に、一栄から預かった別当代会覚阿闍梨宛の紹介状を手渡すと、呂丸は、再び本坊に出向いた。会覚は、芭蕉と曽良を直ちに南谷に案内するよう呂丸に言い付けたと見られ、一行は、暮れかかる中、千を越える石段を登り南谷に向かった。三の坂に入る手前から南に分岐する細道を五町ばかり歩けば、六泊の地、別院玄陽院への到着となる。

南谷で朝を迎えた
六月四日(新暦七月二十日)、芭蕉は、昼ごろ本坊を訪ねて会覚に面会し、そば切りの持て成しを受ける。羽黒山に滞留中、芭蕉、会覚、呂丸、曽良など八名による歌仙「有難や」が巻かれたが、この日は、そのうちの初折・表六句で締め括られた。

六月五日(新暦七月二十一日)は、出羽三山巡礼の第一日目で、昼まで断食潔斎をし、夕食ののち、木綿注連を首から垂らし、山頂の羽黒権現に参詣した。かつては、羽黒権現、月山権現、湯殿権現を合祭して羽黒三所権現とし、山頂に羽黒本社を構えたが、神仏分離後は、出羽神社の社殿に月山神と湯殿山神を合わせ祭り、三神合祭殿としている。この日、参拝から帰ったのち歌仙の会が開かれ、前日に続いて初折・裏十二句が詠まれた。随行日記に「夕飯過テ、先、羽黒ノ神前に詣。帰、俳、一折ニミチヌ」とある。

山のしきたり、すなわち、潔斎をして羽黒に参詣し、その翌日の早朝月山に向けて出立する習いの通りに、芭蕉一行は、
六月六日(新暦七月二十二日)、強力を道連れに羽黒山を南へ下った。その行路は、手向の集落から続く登拝道と荒沢で合流したのち、野口に出て、傘骨(半合目)、海道坂(一合目)、大満、神子坂、強清水、狩籠 平清水 合清水(七合目、旧高清水)と登って行く。合清水までは騎馬での道行きも可能だった。その上の弥陀ヶ原(八合目)は湿地帯で、様々な高山植物の群生地となっている。芭蕉一行は、弥陀ヶ原から登拝道を逸れて東補陀落の地に参詣し、その後、再び弥陀ヶ原に戻り、仏生池(九合目)を目指した。現在は、弥陀ヶ原から真っ直ぐに仏生池に向かうが、当時は、芭蕉の歩いたコースが順路だった。行者返しの難所を経て、午後三時半ごろ山頂に到着した芭蕉一行は、まず、その絶頂に鎮座する月山権現を拝した。その後、山頂にある角兵衛小屋に行き「息絶身こゞえ」る体を癒した。

頂きで夜明けを迎えた
六月七日(新暦七月二十三日)、西の斜面を下り湯殿山の霊域を目指す。湯殿山のご神体は、羽黒山や月山と同じく山頂にあると思われがちだが、その実、湯殿山の急斜面を、鉄梯子や鎖を使用して下った谷底に鎮座している。一行は、開きかけたミネザクラを目に留めながら巡礼の道を行き、途中、「清め川」で水垢離をとり、湯殿権現に到着した。参拝の後、月山まで戻り、当日の内に羽黒山に帰還している。随行日記に「及暮、南谷ニ帰。甚労ル」とある。

六月八日(新暦七月二十四日)は、ゆっくりと休息の時を過ごすが、そのうちに本坊から阿闍梨が慰労に訪れ、午後4時ごろまで留まった。芭蕉が阿闍梨に書き贈った出羽三山の短冊三つ[資料]は、この折(または、翌日)に認められたものと見られる。

三山参りを終えた翌朝は、断食して潔斎をし、昼にそうめんを食べる習わしがあったが、芭蕉は、一日遅れの
六月九日(新暦七月二十五日)に、身に付けた木綿注連を納め上げるなど、一連の恒例を踏み、巡礼の旅を締め括っている。この日も、南谷に阿闍梨が訪れてご飯や銘酒を振る舞い、午後四時ごろまで滞在した。初折の十八句で中断していた歌仙「有難や」は、この日、ついに満尾した。

六月十日(新暦七月二十六日)、芭蕉の生涯の中で最も高所に身を置いた、出羽三山の旅が完結する。芭蕉と曽良は南谷を離れた後、本坊に立ち寄って皆々に別れを告げ、次なる鶴岡に向けて旅立った。出羽三山に滞在すること八日。芭蕉は、この間の経験を通し、新俳論「不易流行[資料]」の骨組みを固めたようである。
呂丸宅跡 南谷別院跡 出羽神社(合祭殿) 月山神社 湯殿山神社参拝口
 
 
 
 




35
出羽三山

[語 釈]

羽黒山
月山の北麓にある山で出羽三山[資料]の一つ。月山との隔たりは直線距離で約19km。古来、修験の山として知られ、その起源は六世紀末にさかのぼる。
伝説によれば、推古元年に三十二代崇峻天皇の第三皇子・蜂子皇子が、三本足の霊烏の導きで羽黒山に入り、難行の末に羽黒大神の示現を受けてこれを開山し、引き続き、月山、湯殿山を開いたと伝えられる。

山頂に、神仏習合のむかし羽黒権現と称した出羽(いでは)神社がある。祭神は、伊波(いでは)神と倉稲魂命。かつては月山権現、湯殿権現を合祭して羽黒三所権現とし、山頂に羽黒本社を構えたが、神仏分離後は、出羽神社の社殿に月山神と湯殿山神を合わせ祭り、三神合祭殿としている。
図司左吉
鶴岡藩士図士家の生まれ。本名、近藤左吉。山伏の摺り衣を染める染屋を営む傍らで俳諧をし、呂丸(ろがん)[資料]または露丸と号す。当時、羽黒俳壇の中核にあり、大石田の高野一栄とも面識があった。芭蕉が南谷滞在中に伝授した俳諧の教えを「聞書七日草」に著し、また、元禄五年(1692)深川の芭蕉庵を訪ねた折、芭蕉から「三日月日記」の稿本を貰い受けるなど、芭蕉との関わりを密にしたが、旅の途次の元禄六年二月、京都で病に倒れ、客死した。「当帰より哀は塚のすみれ草」は、呂丸に手向けた芭蕉の追悼句[資料]。
別当代会覚阿闍利
京都の人で法名和合院照寂。第五十代別当執行の天宥が伊豆流罪に遭ってから、別当は、本山の東叡山寛永寺が兼務した。芭蕉当時、本職にあったのは東叡山の大円覚院公雄で、会覚阿闍梨は、その院代として羽黒山に派遣されていた。会覚は、芭蕉と交流をもった四年後の元禄六年八月に羽黒山を去り、美濃国谷汲の華蔵院の末寺地蔵院に転じた。
南谷の別院
芭蕉当時の本坊は、二の坂先の宝前院若王寺。その別院として機能していたのが南谷の玄陽院で、宿泊施設も兼ねていた。南谷は、芭蕉来山の二十余年前、天宥が五年の歳月をかけて築造したもので、別当寺紫苑寺の大伽藍は、人目を驚かすほどに壮大だったと伝えられる。玄陽院は、紫苑寺が寛文十二年(1672)十月に焼失したことから、その替わりに山頂から移築された伽藍。現在、南谷にはただ一つの建物もなく、礎石のみが残っている。玄陽院を「別院」とするのは正しくないとする解説書もあるが、出羽三山神社自らが「別当寺(本坊)の別院」(「出羽三山歴史」)としている。
憐愍の情こまやかにあるじせらる
「憐憫の情」は、情をかたむける心、思いやりの心。「あるじ(饗)す」は「客をもてなす」意で、「あるじもうけ(饗設)す」の略。「らる」は、尊敬、受身の両意にとれるが、ここでは尊敬にて「思いやりの心で、懇(ねんご)ろにもてなしてくださった」と解する。
本坊にをゐて誹諧興行
当時の本坊は二の坂先の宝前院若王寺。俳諧は、芭蕉、会覚、呂丸、曽良、釣雪、円入、珠妙、梨水による八吟歌仙「有難や」の巻[資料]を指す。随行日記によれば、六月四、五、九日の三度を経て満尾している。
権現
ここでは、本地垂迹説(神は衆生救済のため姿を変えて現れた仏であるとする説)のもとの羽黒権現で、羽黒山神の本地である観世音菩薩。
当山開闢能除大師
「当山開闢」は、「羽黒山を開いた人」の意。「開闢(かいびゃく)」は「開山」と同意。

「能除大師」は、上の「羽黒山」に記した蜂子皇子のこと。「能除」の名は、「能(よ)く諸人の病苦を除いた」所以と伝わる。
延喜式に「羽州里山の神社」と有
「延喜式」は、醍醐天皇の時、藤原時平、忠平らが編纂した全五十巻の書で、朝廷の年中儀式や諸国の定例などを記したもの。

「羽州里山の神社」については、延喜式にこの記述は無く、曽良の延喜式神名帳抄録においても、出羽神社については「出羽国九座 大二 小七」の部の「田川郡」に「伊35_1_oku.gif (855 バイト)波ゝ(神社)」と記すのみである。ただし、鎌倉幕府が編纂した公式の歴史書「吾妻鏡」には、承元三年五月五日の条「五月大 五日 丁酉 出羽國里山衆徒等群參。(後略)」に「里山」文字が見え、ここでは、出羽神社の衆徒を「里山衆徒」と呼称している。
出羽」といへるは、「鳥の毛羽を此国の貢に献る」と風土記に侍とやらん
「風土記」は、和銅六年(713)の元明天皇の詔により、諸国で、地名の由来、土地、人民、産物などを記して編纂された地誌。後世の風土記物と区別して古風土記とも。出羽国の古風土記は現存せず、本書に芭蕉が記すような内容があったかは不明だが、天治三年(1126年)三月廿四日付、藤原清衡の「中尊寺落慶供養願文」に「出羽・陸奥之土俗、(中略)羽毛、歯、皮之贄(にえ。朝廷などに貢ぐ土地の産物)」とあり、また、蓑笠庵梨一の「奥細道菅菰抄」に「今モ此国ヨリ、鷲ノ羽ナドヲ多ク出ス」とあることから、羽毛は、古くから当地の特産物であったことが知られる。
月山・湯殿を合て三山とす
「月山」は、「月の山」の呼称で下の歌などに詠まれた歌枕。アスピーテ(楯状)火山の山で標高1984m。山頂に月山神社が鎮座する。祭神は、天照大神の弟神の月読命。神仏混淆期にあっては月山権現と言い、本地を阿弥陀如来とした。神仏分離後は月山神社となるが、「御室」には、今も阿弥陀如来の石像が安置されている。
月の山くもらぬかげはいつとなく
 麓の里に住む人ぞ知る 加賀
(「夫木和歌集」)

「湯殿」は湯殿山(1504m)で、「恋の山」として下の歌などに詠まれた歌枕。月山の南西方向に隆起する山で、月山との隔たりは直線距離で約4km。湯殿山神社の本宮は、湯殿山と品倉山との谷底に鎮座する。境内には古来より社殿が設けられず、お湯が湧き出す茶褐色の大岩をご神体としている。
恋の山しげき小笹の露わけて
 入りそむるよりぬるる袖かな 藤原顕仲
(「新勅撰集」)

「三山」は出羽三山で、羽黒山、月山、湯殿山の総称。古くは、月山、羽黒山、葉山の総称で、湯殿山をその奥の院としたが、室町末期、葉山に代わって湯殿山が三山に名を連ねた。
武江東叡に属して天台止観の月明らかに
「武江」は武蔵国江戸、「東叡」は東叡山で東の比叡山を意図する。東京上野の寛永寺の山号。羽黒山は、第五十代別当執行天宥の時、真言宗から天台宗に改め、東叡山の末寺となった。

「天台止観」は「天台宗の止観の教え」。「止観」は、雑念を止め、観念思惟することで、主に禅宗で行う座禅にあたる。「天台止観の月明らかに」は、「天台宗の止観の教えが月の光のように隈なく行き渡り」ほどの意。
円頓融通
「円頓」は「円満な精神で速やかに悟りを開くこと」、「融通」は「滞りなく仏の教えに通じること」を意味する。
験効
「験効」は「効験」のことで、願い事のごりやく。
八日、月山にのぼる
羽黒権現に詣でたのが本文、日記ともに五日で、山の習いとしてはその翌日に月山に参ることになるので、月山登拝は随行日記「六日 天気吉。登山。(中略)申ノ上尅、月山ニ至」とある通り、六月六日(新暦七月二十二日)が妥当である。
木綿しめ身に引かけ、宝冠に頭を包
「木綿しめ」は「木綿注連[資料]」。不浄なものの侵入を防ぐため首に掛けて胸に垂らすもの。白い紙をひも状に縒(よ)り、これを編んで作る。古くは、白い布を材料にしたという。

「宝冠」は白装束の修験者に見る頭巾で、長い布を、両脇を角状にして頭に巻いたもの。
強力
出羽三山の門前集落・手向には、かつて、妻帯の衆徒三百六十坊が居住し、参詣者や行者・修験者のための宿坊を営み、また先達(山案内者)を勤めていた。芭蕉と曽良を先導した「強力」は、こうした中から選ばれた人物とも見られる。「奥細道菅菰抄」には、「強力は、修験の弟子、笈など負せて従はしむるもの。即チ登山の案内先達なり」とある。
雲霧山気の中に氷雪を踏て
「雲霧」は、山腹にこもるか、または斜面を這い上がっては消えていく雲や霧[資料]について触れたもの。ただし、雲と霧は同じ物で、自分から離れてあれば雲、自分がその中に居れば霧と呼ぶ。「山気」は、冷え冷えとした空気。

芭蕉が月山に登った新暦七月二十二日ごろは、まだ山肌にかなりの雪を残す時期で、「氷雪を踏て」は、こうした情況下の登山の有様を言ったもの。
更に日月行道の雲関に入かとあやしまれ
「日月行道の雲関に入」は、「太陽や月の通り道にある雲の関所に入り込む」意。登り詰めて、雲のある大空と溶け合う段階、すなわち月山の峰に達したことを暗示していると見られる。

「更に」は「全く、本当に、まさに」、「あやしむ」は「疑わしく思う」で、上は、「まさに、太陽や月の通り道にある雲の関所に入り込むのではないかと疑わしく思いながら」の意。
頂上に至れば、日没て月顕る
随行日記では、頂上に達した時間を「申ノ上尅(午後三時半ごろ)」としている。一方、本文では、上の通り「頂上に着いたところ、折から日が暮れて月が顕れた」ことにしているので、到着の時間は日没近くということになる。これについては、芭蕉が月山に登った日の六日月は、おおよそ、昼前に月が出て、日が没するにつれて南の空高くに鮮明となることから、芭蕉は、月山への到着を、次第に「月顕る」情景とからめて叙することを希望し、このため、到着時刻を三時間ばかり繰り下げることにしたものと推測される。
笹を鋪、篠を枕として、臥て明るを待
随行日記によれば、芭蕉が泊ったのは「角兵衛小ヤ」。よって野宿とする虚構がなければ「笹を鋪、篠を枕として」は、小屋の内部の様子。

「角兵衛小ヤ」は、当時山頂に七軒あった小屋の1つで、七軒の内訳は、五軒が宿泊用、残りは酒屋と菓子屋だったという。荻原井泉水(1884〜1976)は、八合目小屋に泊まった時の様子を「石を積んだ上を、蒲鉾のやうな形に、苫を以て蔽ふたものに過ぎなかった。中には土の上にむしろが一枚づゝ奥深く敷いてあるらしいが、真暗だった」と「奥の細道を尋ねて」に書いている。かなり年数を隔ててはいるが、芭蕉が体験した「笹を鋪、篠を枕として」という仮寝も、これに近い趣だったのだろう。
鍛治小屋
頂きから西へ300mほど下ったところにあった小屋。その名は、鎌倉時代の刀鍛冶鬼王丸を祖とする名匠「月山」に由来するとされ、「月山」は、月山麓近くの谷地や寒河江を鍛刀の地とし、室町時代に最も繁栄したという。「月山」が、実際に鍛冶小屋に居住して鍛刀したかは不明。「奥細道菅菰抄」に「月山ノ鍛冶小屋ハ、今其業ヲナス者ナク、唯名ノミ遺リテ、道者ノ舎リトナルノミ」とある。
彼龍泉に剣を淬とかや
「龍泉」は、中国湖南省にあったと伝えられる泉で、この水は、刀を鍛えるのに適したという。

「淬(にら)ぐ」は、鉄を鍛えるため、赤く熱して水に入れる意。焼きを入れる意。
干将・莫耶
「干将」は、中国春秋時代の刀鍛冶で、「莫耶」はその妻。干将は、呉王に作刀を命じられたとき、妻の髪を炉に入れ、龍泉の水で鍛えて雌雄の名剣二振りを作り、雄剣に「干将」、雌剣に「莫耶」と名付けたという。
道に堪能の執あさからぬ事しられたり
「道」は、ここでは「専門の技」の意。

「堪能」は、技に優れ熟達していること(人)。

「執」は、物事にこだわること。執着。

「道に堪能の執あさからぬ事」は、「熟達した技を身につけるには、それに深くこだわることが大切と知られる」ほどの意。
三尺ばかりなる桜
「三尺」は約90cm。この「桜」は、中部地方以北の亜高山帯から高山帯に咲くタカネザクラ(ミネザクラ)。新葉とともに五月から七月ごろ、月山では六月から七月ごろに花をつける。本来は高木だが、高所においては横に枝を広げ低木状となる。
春を忘れぬ遅ざくらの花の心わりなし
「遅ざくら(遅咲きの桜)」は、上で「三尺ばかりなる桜」と表した桜。

「わりなし(理無し)」は、ここでは「健気(けなげ)だ、殊勝だ」の意。

「春を忘れずに花を開こうとする遅ざくらの花の心は実に健気である」と、遅ざくらの生命力を称えた文。
炎天の梅花
「禅林句集」(坤巻)の中の「雪裏芭蕉摩詰画。炎天梅蘂簡斎詩」による。「雪裏芭蕉摩詰画」は、雪の中の芭蕉の株は摩詰(唐代の詩人・画家)が描いたもの、「炎天梅蘂簡斎詩」は、炎天の梅花は簡斎(宋代の詩人)が詩で詠んだものといった意で、「雪裏芭蕉」と「炎天梅蘂(花)」は、いずれも実際には見られないものであることから、禅宗ではこれを鍛錬によって心眼で見えるものとし、一般には珍しいものの例えとされる。
行尊僧正の哥
「行尊僧正」は、平安末期の天台宗の高僧で歌人。「哥(歌)」は、行尊が大峰で修行の時に詠んだ次の歌を指す。
  大峰にて思ひかけず桜の咲きたるを見て
もろともにあはれと思へ山ざくら
 花より外に知る人もなし
(「金葉和歌集」)
惣而此山中の微細、行者の法式として他言する事を禁ず
「惣而」は、「全体に、一般に」の意。

「行者の法式」は、行者(修行者)のおきて、決まり。

「他言する事を禁ず」は、湯殿山の古来よりの戒律「語るなかれ、聞くなかれ」に触れたもの。
坊に帰れば、阿闍利の需に依て、三山順礼の句々短冊に書
月山と湯殿山の巡礼から帰ったのちに、会覚阿闍梨の求めに応えて三山三句の短冊[資料]を書き贈ったことに触れたもの。その日にちは、六月八日または九日と見られる。

< TOP >



「おくのほそ道」のテキストについて


本テキストは、俳聖 松尾芭蕉・生涯データベース
および、FLASHムービー「 おくのほそ道を行く」の副読本
としてLAP Edc. SOFTが制作したものです。

  
ただし、本章段を含むムービーはまだ制作されていません。




掲載しているデータとリンクについて

テキストデータや画像データの無断使用・転載を固く禁止します。

  
リンクを張られる場合は、下記アドレスを対象としてください。
  
http://www.bashouan.com


 

  
俳聖 松尾芭蕉・生涯データベース
 
おくのほそ道
 
生涯データベース目次
 

 
おくのほそ道 総合データベース
 
俳聖 松尾芭蕉・みちのくの足跡
 
総合目次
 


Copyright(C) 2004-2006  LAP Edc. SOFT.  All Rights Reserved.

 Maintained online by webmaster@bashouan.com
 
LAP Edc. SOFTのホームページ

 
LAP Edc. SOFTのホームページ