松尾芭蕉「はるやこし」発句短冊

寛文二年作

実物の真蹟短冊は柿衞文庫蔵。

本句は、寛文二年の歳暮吟。芭蕉十九歳の作。作句年次の分っている中で最古の句。

延宝三年刊「千宜理記」に伊賀上野「宗房」として入集。「千宜理記」にある前書「二九日立春なれば」について、旧暦では、「年内立春」と言って、数年に一回の割合で新年前に立春を迎える年があり、寛文二年はこれにあたって十二月二十九日が立春であった。「小晦日」は、陰暦の十二月二十九日または大晦日の前日。


「春になったのだから年は行ってしまったのだろうか、まだ小晦日だというのに」の意で、古人集や伊勢物語の「君や来し我や行きけんおもほえず夢かうつつか寝てか覚めてか」(詠人しらず)を踏まえて詠んだもの。


  
俳聖 松尾芭蕉・生涯データベース
 
松尾芭蕉真蹟模写展示室
 
生涯データベース目次
 

 
松尾芭蕉・おくのほそ道文学館
 
奥の細道関連絵図展示室
 
文学館総合目録
 

 
おくのほそ道 総合データベース
 
俳聖 松尾芭蕉・みちのくの足跡
 
総合目次
 


Copyright(C) 2003  LAP Edc. SOFT.  All Rights Reserved.
 Maintained online by webmaster@bashouan.com