松尾芭蕉「木啄も」句文懐紙

元禄二年作

実物の真蹟懐紙は個人蔵。

「おくのほそ道」の旅で、黒羽滞在中、雲巌寺を訪ねたときの作。

 当国雲岸寺のおくに佛頂和尚山居跡あり。
  竪横の五尺にたらぬ草の庵
   むすぶもくやし雨なかりせば
と、松の炭して岩に書付侍りと、いつぞや聞え給ふ。其跡みんと雲岸寺に杖を曳ば、人々すゝんで共にいざなひ、若き人おほく道のほど打さはぎて、おぼえず彼梺に到る。山はおくあるけしきにて、谷道遥に、松杉黒く、苔したゞりて、卯月の天今猶寒し。十景尽る所、橋をわたつて山門に入。
 さて、かの跡はいづくのほどにやと、後の山によぢのぼれば、石上の小庵岩窟にむすびかけたり。妙禅師の死関、法雲法師の石室をみるがごとし。
  木啄も庵はやぶらず夏木立
と、とりあへぬ一句を柱に残侍し。

(おくのほそ道)
仏頂禅師は、芭蕉が深川で参禅した師。詳しくは、「芭蕉と仏頂禅師について」を参照

< 関連資料 >
  


  
俳聖 松尾芭蕉・生涯データベース
 
松尾芭蕉真蹟模写展示室
 
生涯データベース目次
 

 
松尾芭蕉・おくのほそ道文学館
 
奥の細道関連絵図展示室
 
文学館総合目録
 

 
おくのほそ道 総合データベース
 
俳聖 松尾芭蕉・みちのくの足跡
 
総合目次
 


Copyright(C) 2003  LAP Edc. SOFT.  All Rights Reserved.
 Maintained online by webmaster@bashouan.com