松尾芭蕉・おくのほそ道文学館   「おくのほそ道」関連句碑写真展示室

草の戸も住替る代ぞひなの家
 
[句碑建立地] 東京都江東区常磐 芭蕉記念館

草の戸も住替る代ぞひなの家
本句は、元禄2年(1689年)3月、「おくのほそ道」の旅直前に詠まれたもので、岐阜の門人安川落梧宛、同月23日付書簡に、その草案にあたる「草の戸も住みかはる世や雛の家」の句が見られる。その後、推敲を経て上の句形で「おくのほそ道」に記された。
上の句碑は、昭和59年(1984年)、江東区が深川芭蕉記念館の前庭に建立したもので、当時の区長小松崎軍次の揮毫による。

本句に関する資料ページ  ○関連地図帳/深川界隈

<展示室目次>


展示室に掲載の写真について

掲載している写真はLAP Edc. SOFTが撮影したものです。

写真の無断使用・転載を禁止します。


おくのほそ道 総合データベース

俳聖 松尾芭蕉・みちのくの足跡

松尾芭蕉・おくのほそ道文学館


Copyright(C) 2003-2006  LAP Edc. SOFT.  All Rights Reserved.
 
Maintained online by webmaster@bashouan.com
 
LAP Edc. SOFTのホームページ

 
LAP Edc. SOFTのホームページ