松尾芭蕉・おくのほそ道文学館   「奥州道中 増補行程記」展示室

那須野が原(2)-殺生石へ(鍋掛)
 
盛岡市中央公民館所蔵


鍋掛。越堀迄六丁。

当分は無之よし承候。御本陣 菊池助之丞。

制札。

日の沢出口。

一里塚。

鍋掛入り口。

宿長サ三丁程。曲り有。

鍋掛入口より此ノ辺松雑木篭りミへて候。

<展示室目次>


「奥州道中 増補行程記」について

盛岡藩八代藩主南部利視(1708〜1752)の命を受けて、同藩士清水秋全が
宝暦元年(1751年)に著作して献上したもの。

「おくのほそ道」の旅(1689年)から60余年後の、江戸日本橋から盛岡までの
街道界隈の風景が、絵と文章で克明に記されている。

本展示室では、381の図版の中から、「おくのほそ道」本文又は「曽良随行日記」で
触れられている地域を抜き出して掲載し、当時の旅を偲ぶよすがとしている。


掲載している画像について

画像の出典は、東洋書院刊「新南部叢書 奥州道中 増補行程記」(P64-図113)です。

盛岡市中央公民館および株式会社東洋書院の許可を得て掲載しています。
 
< 盛岡市中央公民館 掲載許可番号 No.14 >

掲載している画像の無断使用・転載を禁止します。


「おくのほそ道」関連WEBサイト

俳聖 松尾芭蕉・みちのくの足跡

松尾芭蕉・おくのほそ道文学館


Copyright(C) 2002-2006  LAP Edc. SOFT.  All Rights Reserved.
 
Maintained online by webmaster@bashouan.com
 
LAP Edc. SOFTのホームページ

 
LAP Edc. SOFTのホームページ