黒羽資料写真と解説(3)

「資料写真と解説」で扱っている写真は、すべてLAP Edc. SOFTが撮影したものです。
掲載している写真の使用を希望される場合は、「使用条件のページ」をご参照ください。

芭蕉公園の入口 芭蕉公園の入口。

芭蕉公園は、芭蕉と曽良が逗留した浄法寺桃雪邸跡に築かれた公園で、園内には、様々な色合いのあじさいが植栽され、初夏のころ多くの花見客が訪れる。
「芭蕉の道」の入口から坂を登って園内に入ることもできる。

「芭蕉の道」から公園へ

公園の入口付近に「浄法寺桃雪亭跡」と書かれた標柱が建ち、左手の一段高いところに芭蕉句碑連句碑がある。
句碑には、曽良の「俳諧書留」に書かれた「山もの庭もうごき入るや夏座敷」の句が刻まれている。

秋鴉主人の佳景に対す
山も庭にうごきいるゝや夏座敷
(俳諧書留。秋鴉は桃雪の別号)
「芭蕉の道」から公園へ
芭蕉公園 芭蕉公園。

芭蕉と曽良が長期逗留した桃雪邸跡。
桃雪・翠桃兄弟に手厚くもてなされた芭蕉は、14日間に及ぶ黒羽の日々を懐かしみと感謝の意を込めて、「思ひがけぬあるじの悦び、日夜語つゞけて、其弟桃翠など云が、朝夕勤とぶらひ、自の家にも伴ひて、親属の方にもまねかれ、・・・」と「おくのほそ道」に記している。
「芭蕉の道」の入口。

標柱の右に建つ
芭蕉句碑のところから「芭蕉の道」入口の坂を登ると、正面に浄法寺桃雪直系の子孫の方が営むペンションがあり、その先に芭蕉公園がある。園内の浄法寺邸の裏を下った辺りから「芭蕉の広場」、「芭蕉の館」に至る「芭蕉の道」が続いている。

周囲の景観
「芭蕉の道」の入口
芭蕉の道 芭蕉の道。

「芭蕉の道」に写真のような山道然としたところがある。こういった道は、土を踏みしめながら何しろゆったりと歩くのがよい。草いきれの青さの中からひょっこり姿を見せた同色のカエルに、取材の疲れがひととき癒される。
芭蕉の広場。

広場には武家屋敷が再現され趣きを添えている。折しも屋敷の庭の百日紅が満開で一人あでやかだった。写真の手前側に、曽良の「俳諧書留」に書かれた「鶴鳴や其声に芭蕉やれぬべし」の句碑が建っている。

ばせをに鶴絵かけるに
サン
鶴鳴や其声に芭蕉やれぬべし 翁
(俳諧書留。「サン」は画讃(画に書き添えた詩句等)の意)
芭蕉の広場


 
  
俳聖 松尾芭蕉・みちのくの足跡
総合目次


第19集 芭蕉と那須野が原
スタートページ

Copyright(C) 2000  LAP Edc. SOFT.  All Rights Reserved.