那須資料写真と解説(3)

「資料写真と解説」で扱っている写真は、すべてLAP Edc. SOFTが撮影したものです。
掲載している写真の使用を希望される場合は、「使用条件のページ」をご参照ください。

殺生石への入口付近 殺生石への入口付近。

元禄2年(1689年)4月19日(新暦6月6日)、芭蕉と曽良は那須温泉神社を拝観後、殺生石を訪れた。
殺生石は温泉の出る山陰にあり。石の毒気いまだほろびず。蜂蝶のたぐひ真砂の色の見えぬほどかさなり死す。(おくのほそ道)

殺生石の謂れと伝説について
殺生石のある谷あい。

那須温泉神社の境内を拝殿に向かって右へ行くと、殺生石のある谷あいの全景を見ることができる。殺生石への入口付近(写真左)から板敷きの道ができていて、その先(写真左)に殺生石がある。
殺生石のある谷あい
千体地蔵 千体地蔵。

殺生石に行く途中、かなりの数の地蔵が手を合わせて拝んでいる姿が見られる。すべてが殺生石の方角ではなく、道側を向いて立っているので、この道を通る人や動物を守っている、ということなのだろう。

谷あいで見かけたトンボ
殺生石。

殺生石へは、湯元・鹿の湯近くの入口から行くが、上の谷あいの全景を見た位置から山道を通り、「石の香橋」を渡っても行くことができる。
写真中央から左寄りのもっとも大きいのが殺生石。


殺生石1    2
殺生石
いしの香やなつ草あかく露あつし (芭蕉) 殺生石付近の芭蕉句碑。

いしの香やなつ草あかく露あつし

殺生石からやや下ったところに建つ句碑で、この句は曽良の随行日記に次のように書かれている。
     殺生石
 石の香や夏草赤く露あつし

句碑の位置を知る


 
  
俳聖 松尾芭蕉・みちのくの足跡
総合目次


第19集 芭蕉と那須野が原
スタートページ

Copyright(C) 2000  LAP Edc. SOFT.  All Rights Reserved.