俳聖 松尾芭蕉・みちのくの足跡    第19集「芭蕉と那須野が原」の資料
歌仙「秣おふ」の巻
 奈(那)須余瀬 翠桃を尋て

 秣おふ人を枝折の夏野哉
       芭蕉
  青き覆盆子をこぼす椎の葉
       翠桃
 村雨に市のかりやを吹とりて
         曽良
  町中を行川音の月
         はせを
 箸鷹を手に居ながら夕涼
         翠桃
  秋草ゑがく帷子はたそ
           ソラ
 ものいへば扇子に顔をかくされて
   はせを
  寝みだす髪のつらき乗合
            翅輪
 尋ルに火を焼付る家もなし
          曽良
  盗人こはき廿六の里
          翠桃
 松の根に笈をならべて年とらん
    はせを
  雪かきわけて連歌始る
         翠桃
 名所のおかしき小野の炭俵
 (記名無し)
  碪うたるゝ尼達の家
            曽良
 あの月も恋ゆへにこそ悲しけれ
      翠桃
  露とも消ぬ胸のいたきに
      翁
 錦繍に時めく花の憎かりし
          曽良
  をのが羽に乗る蝶の小車
        翠桃
 
 日がささす子ども誘て春の庭
           翅輪
  ころもを捨てかろき世の中
             桃里
 酒呑ば谷の朽木も佛也
        翁
  狩人かへる岨の松明
            曽良
 落武者の明日の道問草枕
         翠桃
  森の透間に千木の片そぎ
            翅輪
 日中の鐘つく比に成にけり
              桃里
  一釜の茶もかすり終ぬ
           曽良
 乞食ともしらで憂世の物語
            翅輪
  洞の地蔵にこもる有明
         翠桃
 蔦の葉は猿の泪や染つらん
      翁
  流人柴刈秋風の音
                 桃里
 今日も又朝日を拝む石の上
      翁
  米とぎ散す瀧の白浪
                  二寸
 籏の手の雲かと見えて翻り
          曽良
  奥の風雅をものに書つく
            翅輪
 珍らしき行脚を花に留置て
                  秋鴉
  弥生暮ける春の晦日
                桃里

 (「俳諧書留」)

○「珍らしき行脚を花に留置て」を詠んだ「秋鴉」は、浄法寺桃雪(図書)の別号。


 
  
俳聖 松尾芭蕉・みちのくの足跡
総合目次


第19集 芭蕉と那須野が原
スタートページ

Copyright(C) 2000-2004  LAP Edc. SOFT.  All Rights Reserved.