日光資料写真と解説(10)

「資料写真と解説」で扱っている写真は、すべてLAP Edc. SOFTが撮影したものです。
掲載している写真の使用を希望される場合は、「使用条件のページ」をご参照ください。

含満ヶ淵 含満ヶ淵。

大谷川(だいやがわ)が、男体山から吹き出した溶岩の上を滑るように、あるいは淀みをつくりながら流れる含満ヶ淵は、古くから不動明王が現われる霊地と言われる。
水流の響きが不動明王の呪文のように聞こえたので、僧晃海が、呪文の一句「憾満(かんまん)」をとって「憾満ヶ淵」と名付けたと伝えられる。現在は含満ヶ淵と書く。
含満ヶ淵・慈雲寺。

慈雲寺は、承応3年(1654年)、含満ヶ淵を開いた晃海が創建し、阿弥陀如来と師の慈眼大師天海の像を祭った。当時の建物は明治35年(1902年)の洪水で流失し、昭和48年(1973年)に現在の本堂が再建された。
芭蕉は元禄2年(1689年)4月2日(新暦5月20日)、この含満ヶ淵を訪れた。
天気快晴。辰ノ中尅、宿ヲ出。ウラ見ノ瀧(一リ程西北)、カンマンガ淵見巡、漸ク及午。(随行日記)
慈雲寺
並び地蔵 含満ヶ淵・並び地蔵。

南岸の散策路沿いに、慈眼大師天海の弟子約100名が寄進した地蔵が並んでいる。明治35年(1902年)の洪水で親地蔵と他の地蔵がいくつか流され、100体近くあったのが70体ほどになっている。
地蔵を数えるたびに数が異なるといういわれから「化け地蔵」とも呼ばれる。
含満ヶ淵・弘法の投筆。

「並び地蔵」近くの対岸に「カンマン」の梵字が彫られ、「弘法の投筆」と呼ばれる巨岩(写真の右側)がある。そのいわれは、弘法大師が筆を投げつけて彫ったという伝説からだが、実際は晃海が能書家に彫らせたものとか。
かつてはこの岩の上に2m余りの不動明王の石像があったという。
弘法の投筆


 
  
俳聖 松尾芭蕉・みちのくの足跡
総合目次


第18集 芭 蕉 と 日 光
スタートページ

Copyright(C) 2000  LAP Edc. SOFT.  All Rights Reserved.