日光資料写真と解説(6)

「資料写真と解説」で扱っている写真は、すべてLAP Edc. SOFTが撮影したものです。
掲載している写真の使用を希望される場合は、「使用条件のページ」をご参照ください。

観音堂(産の宮) 観音堂(産の宮)。

養源院跡から滝尾道の方へ100mほど山道を登ると、道の左側に観音堂がある。楊柳観音を祭り、別名「香車堂」または「将棋っ駒」とも呼ばれる。将棋の駒「香車」はひたすら直進する駒であるため、妊婦が堂に奉納されている駒を借りて帰り安産を祈ると無事出産できるといわれる。

観音堂の写真
開山堂。

開山堂は江戸時代中期に建立され、その堂内には約4.5mの地蔵菩薩および日光を開いた勝道上人とその10人の弟子の木像が安置されている。
弘仁8年(817年)83歳で死去した勝道上人は開山堂が建っている場所で荼毘(火葬)に付されたといわれる。
開山堂
勝道上人の墓 勝道上人の墓。

勝道上人は、天応2年(782年)10月に男体山の頂を極め、この時、山頂で男体山の神・大己貴命と女峰山の神・田心姫神命、太郎山の神・味耜高彦根命に会い、開山を懇願して承諾を得、これに報いて三神を祭る二荒山神社、男体山頂の奥宮、中禅寺湖畔の中宮祠を建てた。
写真の左の建物が開山堂で、その隣が観音堂(産の宮)。
開山堂・境内。

開山堂の裏に勝道上人と弟子の墓があり、その裏手に切り立った崖「仏岩」が見られる。昔、この岩壁に仏の姿をした岩が並んでいたといわれるが、地震で崩れ仏岩の名のみが残った。
開山堂・境内
仏岩の石仏 仏岩の石仏。

仏岩の岩壁基部の窪みには、梵天、帝釈天、四天王のうちの三体、および不動明王、計六体の石仏が安置されている。

石仏の写真


 
  
俳聖 松尾芭蕉・みちのくの足跡
総合目次


第18集 芭 蕉 と 日 光
スタートページ

Copyright(C) 2000  LAP Edc. SOFT.  All Rights Reserved.