日光資料写真と解説(9)

「資料写真と解説」で扱っている写真は、すべてLAP Edc. SOFTが撮影したものです。
掲載している写真の使用を希望される場合は、「使用条件のページ」をご参照ください。

標柱

大日堂跡。

大日堂跡は荒沢と大谷川の合流点付近の岸辺にあり、大日堂跡に通じる道の両脇には木々がうっそうと茂り日光を遮断している。

大日堂
<往時の大日堂>

大日堂跡に残る礎石。

その昔、このあたりは菩提ヶ原と呼ばれ、大日如来の堂が建てられていたが、慶安2年(1649年)になって大楽院の恵海がこれを再建し、池のある庭園の中に大日如来の石像を安置した。しかし、明治35年(1902年)の大洪水ですべてが流され現在は礎石のみとなっている。
  
大日堂跡・西側の景
礎石
北側の景 大日堂跡・北側の景。

大日堂跡の北側に6、7体の石仏が並び、その間に大日堂詩碑や芭蕉の句碑が建っている。芭蕉の句碑は写真中央に見られる自然石だが、その左隣のひし形の詩碑と比べるとかなり小さい。
大日堂跡・芭蕉句碑。

あらたふと青葉若葉の日の光り
 
句碑は明治42年10月に建てられたもので、碑の背面には、以前建てられていた句碑が洪水で流されたことを残念に思い、拓本をもとにして建てなおしたといった内容の由来が刻まれている。
芭蕉句碑


 
  
俳聖 松尾芭蕉・みちのくの足跡
総合目次


第18集 芭 蕉 と 日 光
スタートページ

Copyright(C) 2000  LAP Edc. SOFT.  All Rights Reserved.