栃木資料写真と解説(2)

「資料写真と解説」で扱っている写真は、すべてLAP Edc. SOFTが撮影したものです。
掲載している写真の使用を希望される場合は、「使用条件のページ」をご参照ください。

大神神社は古来「室の八島」ともいわれ、境内の、水を張った池の中に石橋や朱塗りの橋が架かった島が8つあって、それぞれの島に筑波神社、天満宮、鹿島神社、雷電神社、浅間神社、熊野神社、二荒山神社、香取神社が鎮座している。
筑波神社 筑波神社。

祭神は伊邪那岐命(いざなぎのみこと)と伊邪那美命(いざなみのみこと)。

天満宮。

祭神は菅原道真。
天満宮
鹿島神社 鹿島神社。

祭神は武甕槌神(たけみかづちのかみ)。
雷電神社。

祭神は鳴雷神(なるいかずちのかみ)。
雷電神社
浅間神社 浅間神社。

祭神は木花咲耶姫命(このはなさくやひめのみこと)。
熊野神社。

熊野三山の那智大社(祭神は熊野夫須美大神。くまのふすみのおおかみ)を祭る。
熊野神社
二荒山神社 二荒山神社。

祭神は倭大物主櫛玉命(やまとおおものぬしくしみかたまのみこと)と豊城入彦命(とよきいりひこのみこと)。
香取神社。

祭神は経津主神(ふつぬいしのかみ)。
香取神社


 
  
俳聖 松尾芭蕉・みちのくの足跡
総合目次


第17集 芭蕉と室の八島
スタートページ

Copyright(C) 2000  LAP Edc. SOFT.  All Rights Reserved.