草加資料写真と解説(9)

「資料写真と解説」で扱っている写真は、すべてLAP Edc. SOFTが撮影したものです。
掲載している写真の使用を希望される場合は、「使用条件のページ」をご参照ください。

百代橋 百代橋。

矢立橋の北600mほどのところにある百代橋。昭和61年(1986年)11月に松原文化通りの歩道橋として掛けられた。
橋名は「おくのほそ道」の「月日は百代の過客にして、行かふ年も又旅人也」にちなんで付けられている。

百代橋から見た草加松原

橋名由来碑。

百代橋の南詰付近に建つ。「月日は百代の過客にして、行かふ年も又旅人也」が碑面に刻まれている。
橋名由来碑
松尾芭蕉文学碑 松尾芭蕉文学碑。

百代橋の北詰付近に、「おくのほそ道」の草加の章段が彫られた松尾芭蕉文学碑が建っている。
2つの文学碑。

松尾芭蕉文学碑の北隣に、「その日ようよう草加という宿にたどり着にけり」と刻まれた奥の細道文学碑がある。

奥の細道文学碑
松尾芭蕉文学碑と奥の細道文学碑
草加松原の北端 草加松原の北端。

草加松原の遊歩道は札場河岸公園の望楼付近から1400m余り続き、その北端付近に、「水環」という名のモニュメントがある。「水環」は、中川、綾瀬川流域の水害を防止する計画が立案されたことを記念して、平成4年(1992年)に設置された。

草加松原の北端・1400m地点


 
  
俳聖 松尾芭蕉・みちのくの足跡
総合目次


第16集 芭 蕉 と 草 加
スタートページ

Copyright(C) 2000  LAP Edc. SOFT.  All Rights Reserved.