門弟が長慶寺に建てた芭蕉句塚
 
芭蕉句塚跡と其角の墓 江東区の森下に、開基を一空全鎖(いっくうぜんさ)和尚とする曹洞宗長慶寺があり、境内に発句塚、時雨塚、短冊塚とも呼ばれた芭蕉翁句塚跡がある。句塚は戦災で失われ、現在は台石が残るのみであるが、昭和18年(1943年)ごろの写真でその全貌が見られる。

この塚について「御府内備考」続編に、「元禄七戌十月十二日はせを浪花にて卒せしを聞て江戸の門人杉風・其角・
嵐雪・史邦等翁之落歯并発句を埋めり、其句に、世にふるも更に宗祇の舎り哉」とあり、芭蕉が没した元禄7年(1694年)10月12日の2ヶ月後に芭蕉の門人たちが芭蕉を偲んで、句塚を建てたことが知られる。碑の表面には「芭蕉翁桃青居士」、裏面に「元禄七甲戌十月十二日」と刻まれていた。
  
「東都古墳志」によれば、芭蕉の碑の他に、「宝晋斎其角墓」、「玄峰嵐雪居士」、「麦林舎乙由居士」、「守黒菴眠柳居士」、「松籟庵太無居士」、「二世松籟庵霜後居士」の六基が長慶寺に建てられたとあるが、現在は、芭蕉句塚の台石の右に「宝晋斎其角墓」の破片がかろうじて残るのみである。同寺には明和9年(1772年)に建てられた句塚碑もあったが、現在は失われて拓本のみが残っている。


 
  
俳聖 松尾芭蕉・みちのくの足跡
総合目次


[特 集] 芭蕉と深川界隈
スタートページ

Copyright(C) 2000  LAP Edc. SOFT.  All Rights Reserved.