深川界隈資料写真と解説(10)

「資料写真と解説」で扱っている写真は、すべてLAP Edc. SOFTが撮影したものです。
掲載している写真の使用を希望される場合は、「使用条件のページ」をご参照ください。

霊巖寺 霊巖寺。

境内に松平定信の墓があり、昭和3年に国の史跡に指定されている。
松平定信は、八代将軍徳川吉宗の子である国学者・歌人の田安宗武の3男で、陸奥白河藩主となり白河楽翁を号した。

境内  ○本殿  ○六地蔵
松平定信の墓。

定信は老中の職にあった天明7年(1787年)から寛政5年(1793年)までの間に、享保、天保の改革とともに江戸幕府三大改革の一つ「寛政の改革」を断行し、倹約令、棄捐(きえん)令(旗本・御家人などの借金返済)、七分金積立(江戸市民の救済)などの諸政策で幕藩体制の建て直しをはかった。
松平定信の墓
松平定信の墓 松平定信の墓。

定信は、老中を退いた後、再び白河藩主として藩政改革などに力を注いでいる。
奥州白河の関の位置について廃絶した後、久しく不明であったが、定信が絵図や地形、老農の話を調査して旗宿と定め、関の森に寛政12年(1800)「古関蹟」碑を建てている。

福島県白河市の定信の像
松平定信の墓。

定信は和歌・絵画に力量を発揮し、朱子学者でもあり、「花月双紙」、「宇下人言(うかのひとごと)」、「集古十種」などの編著がある。
文政12年(1829年)に没した。毎年6月14日に墓前祭が行われる。
松平定信の墓


 
  
俳聖 松尾芭蕉・みちのくの足跡
総合目次


[特 集] 芭蕉と深川界隈
スタートページ

Copyright(C) 2000  LAP Edc. SOFT.  All Rights Reserved.