千住資料写真と解説(1)

「資料写真と解説」で扱っている写真は、すべてLAP Edc. SOFTが撮影したものです。
掲載している写真の使用を希望される場合は、「使用条件のページ」をご参照ください。

千住大橋記念碑 千住大橋記念碑。

最初の大橋は徳川家康が江戸城に入って4年目の文禄3年(1594年)、架橋奉行伊奈忠次の指揮のもとで隅田川の一番目の橋として架けられた。江戸時代の大橋は木橋で、長さ66間(約120m)、4間(約7m)であった。

千住大橋。

最初に架けられた橋は、現在の橋よりも約200m上流で、「渡裸川の渡し」という渡船場があったところといわれ、その後、何回かの架け替えで次第に下流に移ったようだ。橋材について「仙台の伊達政宗が南部地方から水に強くて朽ちにくい槇の材木を提供した」との伝えがある。
千住大橋
隅田川と千住大橋 隅田川と千住大橋。

隅田川の下流から見た千住大橋。手前に見える橋は営団日比谷線と常磐線のもので、大橋は一番奥に位置する。大正時代は2つの太鼓橋になっていて、当時は橋の下をポンポン蒸気船が往来し、浅草まで1時間ほどかかったという。花見の季節には臨時便も出たとか。

千住大橋を上流から見る
足立区立大橋公園。

千住大橋の北詰に、「おくのほそ道」の行程図や「矢立初の碑」が建つ大橋公園がある。大橋公園は、昭和9年(1934年)、初の区立公園として千住船戸町につくられた。写真の右手前方に千住大橋が位置する。

公園内の行程図
足立区立大橋公園
矢立初の碑 矢立初の碑。

公園の一隅に、「おくのほそ道」の旅が千住から始まったことを記念して昭和49年(1974年)に建てられた「史跡 おくのほそ道矢立初の碑」がある。碑面に、「おくのほそ道」からの抜粋「千じゆと云所にて船をあがれば、・・・見送なるべし」を刻む。

石碑拡大


 
  
俳聖 松尾芭蕉・みちのくの足跡
総合目次


第15集 芭 蕉 と 旅 立 ち
スタートページ

Copyright(C) 2000-2002  LAP Edc. SOFT.  All Rights Reserved.