塩釜資料写真と解説(4)

「資料写真と解説」で扱っている写真は、すべてLAP Edc. SOFTが撮影したものです。
掲載している写真の使用を希望される場合は、「使用条件のページ」をご参照ください。

御釜神社 御釜神社。

JR仙石線の本塩釜駅から壱番館の前を通り、本町を鹽竈神社の方向に進んだ四辻に鹽竈神社の末社・御釜神社がある。本町は、古くから商業の中心として栄えたところで、今も酒造業などの老舗が店を構えている。
「おくのほそ道」の標柱。

元禄2年(1689年)5月8日(新暦6月24日)、芭蕉と曽良は、この御釜神社を訪れた。曽良の随行日記に「出初ニ塩釜ノかまを見ル」とある。境内の一角に、噴水の出る池が築かれ、周囲の雑踏から遮断された、趣きのある風景を楽しむことができる。
「おくのほそ道」の標柱
御神釜を祭る祠 御神釜を祭る祠(ほこら)。

毎年7月5日の満水時に塩釜湾の釜ヶ淵から海水を汲み取り、一年間御神釜四口に張られた海水を取り替える神事が行われる。この海水は一年中変色しないとされ、海水に変色がおこれば凶事の前触れと信じられていたという。
藻塩焼が行われる釜場。

神事で行われる古代製塩の方法は次の通り。
すのこ状に結ばれた割り竹を御神釜と同寸の鉄釜に敷き、その上に近くの鼻節神社沖合いで刈られた藻(ほんだわら)をのせて海水を注ぎ入れる。火打ち石で点火して海水を煮炊き、塩を取り出す。

  
平安前期の貴族源融(みなもとのとおる)が六条あたりの河原院に塩釜の景を築き、藻塩を焼く風雅を楽しんだことはつとに有名。
藻塩焼が行われる釜場


 
  
俳聖 松尾芭蕉・みちのくの足跡
総合目次


第14集 芭 蕉 と 塩 釜
スタートページ

Copyright(C) 2000-2004  LAP Edc. SOFT.  All Rights Reserved.
 
Maintained online by
webmaster@bashouan.com