鹽竈神社について
 
鹽竃神社の石鳥居

鹽竈神社は、塩釜市北西部の一森山に鎮座し、古来より東北を鎮護する「陸奥国一の宮」として崇敬を集めている。

境内の広さは28ヘクタールに及び、神社の杜は、室町初期に植えられた樹齢600年の杉の木を筆頭に、相当数の樹木で緑の生活が営まれている。

同じ山内の志波彦神社の境内に立てば、塩釜の浦の絶景を一望することができ、晴れた日

は、遥か遠くの牡鹿半島や金華山まで見渡すことができる。「八百八島」と形容される日本三景・松島の半分以上の島が塩釜市に含まれることから、この一森山からであっても、十分に湾内の眺望を楽しむことができる。
樹齢600年の杉の木 ○志波彦神社境内から見た塩釜の浦


鹽竈神社の創建年代は不明だが、その起源について次のような言い伝えがある。むかし、日本古来の武神である武甕槌(たけみかづち)と経津主(ふつぬし)の二神が、鹽土老翁神(しおつちのおじのかみ)の案内で東北に出向き、鎮定と開発を遂げた。その上に、鹽土老翁神が当地に留まって製塩の方法を伝授したことから、人々は、これらの恩に感謝して鹽竈神社を創り、三神を祭ったのだという。
鹽土老翁神を祭る別宮の拝殿 ○武甕槌神を祭る左宮と経津主神を祭る右宮の拝殿

爾来、鹽竈神社は、東北鎮護の国司や奥州藤原氏、中世には陸奥国の留守職伊沢氏、近世になってからは仙台藩伊達氏の崇敬保護を受け、殊に伊達氏については藩祖政宗を初めとする歴代の藩主が大神主として神社を治め、社殿や拝殿などの造営に力を注いだ。現在の社殿は、四代藩主綱村が元禄8年(1695年)に着工してから吉村の代の竣工まで、9年の歳月をかけて造られたものである。

神社への参拝路としては、西の表参道・表坂と東の裏参道・裏坂があり、その中間に七曲坂がある。また、社人道と称する道や北側の車を利用した場合の参道などもある。

表坂は急勾配で、男坂、海坂とも呼ばれ202の石段でできている。表参道の鳥居(上の写真)は亀千代(綱村の幼名)によって寄進されたもので、石階に向かって鳥居の右側の柱に「鹽竈宮大明神奉創建石華表一基」、左に「寛文三年癸卯七月七日 松平亀千代」の刻印が見られる。鳥居額の「奥州国一宮」の書は、姫路藩主酒井忠以の揮毫によるもの。
表坂 ○鳥居の左の柱の刻印 ○鳥居額

その昔、奥州藤原三代秀衡が切り開いたと伝えられる裏参道・裏坂は女坂とも呼ばれ、石巻産の硯石で築かれた、なだらかな石階が続いている。明治2年(1869年)に神仏分離の政策が施行されるまで、登り口付近に神社の別当法蓮寺があり、参道沿いに、仏殿や客殿、勝画楼、方丈、山内脇院十二院などが建ち並んでいた。

書院の勝画楼は、藩主が参拝した時の休憩所として建てられたもので、明治9年には天皇が東北巡幸した際の宿泊所として使用され、また、与謝野鉄幹など多くの文人墨客の訪問を受けている。後に、料亭に使用された時代もあったが、現在は鹽竈神社が領有している。
裏坂 ○書院・勝画楼 ○裏坂の登り口付近

芭蕉と曽良は、元禄2年(1689年)5月8日(新暦6月24日)、多賀城で末の松山、沖の石、野田の玉川などを見物した後、この法蓮寺の門前にある治兵衛の宿に一宿した。
朝之内小雨ス。巳ノ尅ヨリ晴ル。仙台ヲ立。十符菅・壺碑ヲ見ル。未ノ尅、塩釜ニ着、湯漬など喰。末ノ松山・興井・野田玉川・おもはくの橋・浮島等ヲ見廻リ帰。出初ニ塩釜ノかまを見ル。宿、治兵ヘ、法蓮寺門前。加衛門状添。銭湯有ニ入。
(曽良随行日記)
末の松山 ○沖の石(沖の井) ○野田の玉川

七曲坂の参拝路は昔の風情を残す佳き道で、これを上りきると御神馬舎の前に出る。社人道と呼ばれる道は利府から神社に通じる山道で、表坂を上り詰めたところに到る。かつては、オオカミが出たことから、鈴を鳴らして通行したという。
七曲坂 ○御神馬舎 ○社人道

表坂からの参拝コースを採ると、急坂を上るにつれて威風漂う二階造りの建物が見えてくる。これが300年以上の歴史を刻む楼門(随神門)で、桃山風の華麗な建築様式が見事である。これをくぐると唐門(四足門)があり、その奥に、上記の三神を祭る別宮、左宮・右宮の両社殿と拝殿が控えている。
楼門(随神門) 1 2

左宮・右宮の拝殿に向って右側に、江戸時代、近在の俳人が詠んだ発句を刻む40本の石柵に囲まれて、鉄製の燈篭が建っている。これは、奥州藤原三代秀衡の三男泉三郎(泉の三郎。和泉三郎)が文治3年(1187年)7月に寄進したもので、「文治の燈篭」と呼ばれる。

これに同じ鉄製の扉(近年補修)が装着されていて、「三日月」の形に刳(く)り貫いた右の扉に「奉寄進」の刻印が見られ、「日」の形に貫かれた左の扉に「文治三年七月十日和泉三郎忠衡敬白」の文字が見られる。
泉三郎関連 1 2 ○文治の燈篭 1 2

文治三年は、源義経が兄頼朝から逃れ平泉に下った年だが、寄進から三ヶ月余後の同年十月末、秀衡が他界する。奥州藤原氏は、これを境に一気に勢いを失い、四代泰衡は、頼朝の命に屈し義経を討つこととなる。しかし、弟・泉三郎は、秀衡の遺言に従い、二十三歳の最期まで義経を守護し、忠義を尽した。

芭蕉は、泉三郎のこうした生き様を称え、「神前に古き宝燈有。かねの戸びらの面に文治三年和泉三郎寄進と有。五百年来の俤、今目の前にうかびて、そゞろに珍し。渠は勇義忠孝の士也。佳命今に至りてしたはずといふ事なし。誠人能道を勤、義を守べし。名もまた是にしたがふと云り」と、「おくのほそ道」に書き記している。

現在の燈篭は、芭蕉訪問後の元禄年間に造り直されたもので、もともとの形と推量される燈篭は、鹽竈神社博物館蔵の「芭蕉、鹽竈神社の文治神灯を拝す図」(小池曲江)に見ることができる。


 
  
俳聖 松尾芭蕉・みちのくの足跡
総合目次


第14集 芭 蕉 と 塩 釜
スタートページ

Copyright(C) 2000-2004  LAP Edc. SOFT.  All Rights Reserved.
 
Maintained online by
webmaster@bashouan.com