多賀城碑






を聞


 

 

 




















































は寺




















 


















































































































れば
























































































使












使














穿






















 





















 


 










壷 の 碑

 壷碑 市川村多賀城に有。
 つぼの石ぶみは高サ六尺餘、横三尺斗歟。苔を
穿て文字幽也。四維国界之数里をしるす。此城、
神亀元年、按察使鎮守府将軍大野朝臣東人之所置
也。天平宝字六年参議東海東山節度使同将軍恵美
朝臣修造而、十二月朔日と有。聖武皇帝の御時
に当れり。むかしよりよみ置る哥枕、おほく語傳
ふといへども、山崩川流て道あらたまり、石は埋
て土にかくれ、木は老て若木にかはれば、時移り
代変じて、其跡たしかならぬ事のみを、爰に至り
て疑なき千歳の記念、今眼前に古人の心を閲す。
行脚の一徳、存命の悦び、羈旅の労をわすれて、
泪も落るばかり也。
多賀城碑と多賀城跡南門の標柱
 
(注意) 6行目の「
(あさかり)<明示>」、「」は、碑にはそれぞれ「朝<明示>」、「」と彫られています。
(注意)  「
」と「」は画像文字の為、テキスト印刷を行った場合、スキップされます。

末 の 松 山

 それより野田の玉川・沖の石を尋ぬ。末の松山
は寺を造て末松山といふ。松のあひあひ皆墓はら
にて、はねをかはし枝をつらぬる契の末も、終は
かくのごときと、悲しさも増りて、塩がまの浦に
入相のかねを聞。
末の松山

底本について

「俳聖 松尾芭蕉・みちのくの足跡」に掲載している「おくのほそ道」は、
素龍清書の「西村本」を底本としています。
 
日本古典文学刊行会複製・素龍清書「おくのほそ道」
(昭和47年刊行)
 
句読点や章段ごとの見出しは「俳聖 松尾芭蕉・みちのくの足跡」
の中で任意に付したものであり、
「おくのほそ道」の本文に存在するものではありません。


本サイトに掲載しているデータについて
 
「資料写真と解説」に掲載している写真については下記をご参照ください。

それ以外のテキストデータや画像データの無断使用・転載を禁止します。


「資料写真と解説」に掲載している写真について
 
写真の使用を希望される場合は、次のページをご参照ください。

< 使用条件のページ >


本サイトへのリンクについて

「俳聖 松尾芭蕉・芭蕉庵ドットコム」のアドレスは次の通りです。

俳聖 松尾芭蕉・芭蕉庵ドットコム
http://www.bashouan.com

俳聖 松尾芭蕉・芭蕉庵ドットコム

芭蕉と多賀城
http://www.bashouan.com/piBashouTG.htm

リンクを張られた方は、こちらにご連絡ください。
aboutlink@bashouan.com


おくのほそ道 総合データベース
 
俳聖 松尾芭蕉・みちのくの足跡

総合目次

第13集 芭蕉と多賀城


Copyright(C) 2000-2006  LAP Edc. SOFT.  All Rights Reserved.
 
Maintained online by webmaster@bashouan.com
 
LAP Edc. SOFTのホームページ

 
LAP Edc. SOFTのホームページ