枝折れ前の「末の松山」の老松を偲ぶ
 
平成13年(2001年)3月、「沖の石」側に突き出ていた樹齢470年を越える黒松の大枝が積雪で折れ、松尾芭蕉や正岡子規など多くの文人や「おくのほそ道」ファンが訪れて鑑賞した松の木の樹形が大きく変化した。本ページに多賀城市提供の写真とLAP Edc. SOFTが撮影した写真を掲載し、枝折れ前の「末の松山」の老松を偲ぶことにする。
「末の松山」と末松山宝国寺
枝折れ前の樹形 枝折れ後の樹形
枝折れ前 枝折れ後
撮影:多賀城市   <拡大写真> 撮影: LAP Edc. SOFT   <壁紙のページ>
 
末 の 松 山
撮影: LAP Edc. SOFT
枝折れ前の樹形 枝折れ後の樹形
【 宝国寺の参道・東側から 】
枝折れ前 枝折れ後
【 宝国寺の駐車場・東側から 】
枝折れ前 枝折れ後
【 丘上の駐車場・西側から 】
枝折れ前 枝折れ後
【 「沖の石」の方角・南側から 】
枝折れ前 枝折れ後
【 「沖の石」のやや手前・南側から 】
枝折れ前 枝折れ後

多賀城・歌枕の地について
  


 
  
俳聖 松尾芭蕉・みちのくの足跡
総合目次


第13集 芭 蕉 と 多 賀 城
スタートページ

Copyright(C) 2002  LAP Edc. SOFT.  All Rights Reserved.
 
Maintained online by
webmaster@bashouan.com