東街道(あずまかいどう)について
 
県道・仙台岩沼線(東街道)
藤原実方の墓の標柱が立つ県道・仙台岩沼線(東街道)
東街道は、都から国府多賀城に至る古代の官道東山道とほぼ一致するといわれ、古代から中世にかけて、千貫−北目−笠島−塩手−箕輪−熊野堂を通り、名取川を渡って富沢に出、宮城野を経て国府多賀城に至る街道であり、道筋は時代とともに幾度も変わったと推測されが、江戸時代に奥州街道が整備されるまでは基街道として使用された。
陸奥守が赴任地への通り道とし、また、西行や「都のつと」を著わした僧宗久が旅し、平泉
に向けて源頼朝の大軍が北上したのもこの道とされている。

「おくのほそ道」関連地図帳  「芭蕉と岩沼市」 「芭蕉と名取市」 参照



 
  
俳聖 松尾芭蕉・みちのくの足跡
総合目次


第10集 芭 蕉 と 岩 沼
スタートページ

Copyright(C) 2000  LAP Edc. SOFT.  All Rights Reserved.
 
Maintained online by
webmaster@bashouan.com