白石資料写真と解説(3)

「資料写真と解説」で扱っている写真は、すべてLAP Edc. SOFTが撮影したものです。
掲載している写真の使用を希望される場合は、「使用条件のページ」をご参照ください。

馬牛沼 馬牛沼。

甲冑堂から車で2、3分程南に進むと右手に馬牛沼(ばぎゅうぬま)が見えてくる。
「おくのほそ道」には登場しないが曽良日記で「さい川ヨリ十町程前ニ、万ギ沼・万ギ山有」と書かれている。
馬牛沼。

馬牛沼では明治30年ごろから鯉の養殖が盛んで、晩秋に行われる「沼乾し」の行事は秋の風物詩となっている。
ここから左に進んだところに5000本ほどのあやめ園が広がり、開花時には大勢の花見客でにぎわう。
馬牛沼
馬牛沼 馬牛沼。

馬牛沼の周囲は2300m程。

冬になると200羽ほどの白鳥がこの沼に飛来する。
盛岡藩八代藩主南部利視の命を受けて、同藩士清水秋全が宝暦元年(1751年)に著作した「奥州道中 増補行程記」に、この沼のことが次のように書かれている。

白鳥多ク集沼ト承候。この沼よりじゅんさいと申草名物出候由。ところてんの如クにてさし身などによろしく候よし。
万牛山。

写真左の手前の山が、曽良日記で「万ギ山」と書かれた万牛山(まんぎやま)。
高さが430mほどの小丘。

地元では楯山と呼ばれているとのこと。
万牛山
万牛山 万牛山。

斎川大橋付近から見た万牛山。

道路は旧国道4号で、左に見えるのは甲冑堂のある田村神社


 
  
俳聖 松尾芭蕉・みちのくの足跡
総合目次


第9集 芭 蕉 と 白 石
スタートページ

Copyright(C) 1999-2002  LAP Edc. SOFT.  All Rights Reserved.
 
Maintained online by
webmaster@bashouan.com