白石資料写真と解説(4)

「資料写真と解説」で扱っている写真は、すべてLAP Edc. SOFTが撮影したものです。
掲載している写真の使用を希望される場合は、「使用条件のページ」をご参照ください。

「鐙摺」の遺跡 「鐙摺(あぶみずり)」の遺跡。

馬牛沼から500mほど北に行くと国道4号から右に分離する道がある。これが芭蕉一行が旅した奥州街道で、この道沿いに「鐙摺」の遺跡がある。
「鐙」は乗馬のときに足をかける装具のこと。
「鐙摺」の遺跡。

「鐙摺」の遺跡は、「鐙摺石」という巨大な岩石があるところで、源義経一行が平泉に向かう際に、馬の鐙を摺って通ったという伝説が残っている。
写真は「おくのほそ道」の道標から坂をやや上ったところにある切り通し。カーブを曲がったあたりに「鐙摺石」の名残が見られる。
「鐙摺」の遺跡
今に残る「鐙摺石」 今に残る「鐙摺石」。

「アブミズリ石」は「アブミコワシ石」とも言われた。曽良日記には「アブミコブシ」と書かれている。
さい川ヨリ十町程前ニ、万ギ沼・万ギ山有。ソノ下ノ道、アブミコブシト云岩有。


鐙摺石の上に見られる標柱


 
  
俳聖 松尾芭蕉・みちのくの足跡
総合目次


第9集 芭 蕉 と 白 石
スタートページ

Copyright(C) 1999-2002  LAP Edc. SOFT.  All Rights Reserved.
 
Maintained online by
webmaster@bashouan.com