佐藤一族と義経について

佐藤庄司について

佐藤基治夫妻と継信・忠信の墓

「おくのほそ道」で佐藤庄司と書かれた人物は、平泉の藤原秀衡のもと、信夫、伊達、白河あたりまでを支配していた豪族佐藤基治である。

初代清衡のころから、奥州藤原氏は中央の藤原氏の庇護を受けながら、荘園の名目で領地の私有化を進めていた。

基治は、その秀衡の私有地の管理を任され、荘園管理の職名を庄司と称したので「佐藤

庄司」と呼ばれ、また、丸山(館山)の大鳥城に居を構え湯野・飯坂を本拠としたため「湯庄司」とも呼ばれた。

佐藤継信・佐藤忠信兄弟と源義経

平治の乱の後、源義経は平清盛に捕えられ鞍馬山に入ったが、その後密かに平泉の藤原秀衡のもとに下り保護されていた。治承4年(1180年)になって源頼朝が挙兵した時、義経は平泉から奥州各地の兵を引き連れながら鎌倉に駆けつけ、福島からは基治の子、継信(つぐのぶ)と忠信が加わった。

基治は息子2人を白河の関の旗宿まで見送り、別れの時に桜の杖を地面に突き刺して「忠義を尽くして戦うならこの杖は根づくだろう」と言って励まし福島に戻って行った。それ以来、旗宿のこの場所は「庄司戻し」と呼ばれている。

継信と忠信は、父の願い通り平家討伐に偉功を挙げ、剛勇を称えられることとなる。兄の継信は、屋島の合戦で平家の能登守教経が放った矢から義経を守り、身代わりとなって戦死したが、継信の死は源氏方を勝利に導き、後の歴史に大きな足跡を残した。

弟の忠信は、頼朝と不和になった義経とその一行が吉野山に逃れたとき、危うく僧兵に攻められそうになるところ、自らの申し入れで僧兵と戦い、無事主従一行を脱出させている。後に六條堀川の判官館にいるところを攻められ壮絶な自刃を遂げた。

その後、無事奥州に下った義経一行は、平泉に向かう途中大鳥城の基治に会って継信、忠信の武勲を伝えるとともに、追悼の法要を営んだと言われる。

佐藤基治と「源頼朝の奥州征伐」

義経は秀衡を頼って平泉に身を寄せるが秀衡は病気で没する。その後、秀衡の子泰衡は頼朝の命に屈し、家来の長崎太郎に義経を急襲させ、義経は高館で自刃した。頼朝は泰衡の義経討ち取りを武勲と見なさず、逆に奥州征伐の軍を起こした。佐藤基治は大鳥城から福島市南の石那坂に討って出て、激戦の末に生け捕られたが、頼朝が泰衡を討ち取った後に開放されたと伝えられる。

二人の嫁がしるし

継信と忠信の妻たちは、息子2人を失って嘆き悲しむ年老いた義母、乙和御前を慰めようと、気丈にも自身の悲しみをこらえて夫の甲冑を身に着け、その雄姿を装ってみせたという。この話は、古くは幸若舞曲「八嶋」や古浄瑠璃正本集「やしま」などでも語られている。

「おくのほそ道」にある、この「二人の嫁がしるし」は、妻たちの痕跡にあたるもの、すなわち二人の嫁の石碑(墓)や像を指すのだろうが、そのどちらも医王寺に存在したという確証がない。このことから、「二人の嫁がしるし」は、医王寺訪問の翌日、白石・斎川の甲冑堂で拝観した妻二人の木像のことで、「二人の嫁がしるし、先哀也。女なれどもかひがひしき名の世に聞えつる物かなと、袂をぬらしぬ。堕涙の石碑も遠きにあらず。」は、当所にてあふれ出た情感が、そのまま「佐藤庄司が旧跡」の章段にスライドされたとする見方が通説となっている。

現在、医王寺の本堂にも甲冑姿の妻二人の像が安置されているが、これは昭和37年(1962年)12月に作られたものである。

二人の嫁の話は昭和初期までの国定教科書に掲載され、婦女子教育の教材となった。以下は「国定教科書高等小学校読本巻三女子用第十四課」より。

甲冑堂

奥州白石の城下より一里半南に、斎川といふ駅あり。此の斎川の町末に、高福寺といふ寺あり。奥州筋近年の凶作に此の寺も大破に及び、住持となりても食物乏しければ、僧も住まず。あき寺となり、本尊だに何方へ取納めしにや寺には見えず。庭は草深く、誠に狐梟(こきょう)のすみかといふも余りあり。此の寺に又一つの小堂あり。俗に甲冑堂といふ。堂の書付には故将堂とあり。大きさ僅かに二間四方ばかりの小堂なり。
本尊だに右の如くなれば、此の小堂の破損はいふまでもなし。漸うに縁に上り見るに、内に仏とても無く、唯婦人の甲冑して長刀を持ちたる木像二つを安置せり。如何なる人の像にやと尋ぬるに、佐藤継信・忠信の妻なりとかや。

これ今より百余年前、橘南谿が「東遊記」に記せる所なり。
継信・忠信は源義経の家来なり。平家の盛なりし頃、義経は奥州に下りて身を藤原秀衡に寄せしが、兄頼朝の兵を挙ぐる由聞きて、急ぎて鎌倉へ馳せ参じぬ。継信兄弟も従ひ行きしに、其の後義経京都へ攻上り、平家を追落して武成著しかりしかども、頼朝と不和になりて、再び奥州さして落延びたり。然るに継信は屋島の合戦に能登守教経の矢にあたりて斃れ、忠信も京都にて討たれしかば、同じく従ひ出でたりし亀井、片岡等の人々は無事にて帰国せしに、継信兄弟は形見ばかり帰りぬ。母は悲しみに堪えず、せめて二人の中の一人にても帰りたらばと、悲嘆の涙止む時なし。兄弟の妻は母の心根を察しやがて夫の甲冑を取出し、勇ましげにいでたちて、母の前にひざまづき「兄弟唯今凱陣致し候ひぬ。」と言ひしかば、母も二人の嫁の志を喜びて、涙をさめてほゝ笑みたりとぞ。
継信の、主と頼みし義経に忠なりしは、屋島の戦に教経の矢面に立ちて、主の命に代りしにても知るべし。義経は痛手を負へる継信をいたはりて「一しょにとてこそ契りしに、先立つることの悲しさよ。思ひ置く事あらば言へかし。」と言へば、継信苦しげなる息の下に、「敵の矢にあたりて主君の命に代るは弓矢取る身の習、更に恨あるべからず。唯、思ふ所は、故郷に遺し置きし老母の身の上なり。弟なる忠信をば行末かけて召使い給へ。」とばかり言ひて、やがて息絶えたり。今はの一言に、母への孝心、弟への友愛、之を聞ける兵も皆鎧の袖を絞りぬ。弟の忠信が吉野の山に踏止りて多勢の敵と戦ひ、義経を落してやりし武勇義烈は、兄にも劣らずといふべし。妻なる二人の婦人が、深き悲しみを押包みて母を慰めんとせし健気さ、雄々しさ、打揃ひての忠孝、世にもめでたき例ならずや。時の人の其の姿を木像に刻みて此の堂を建てしも、故あるかな。こゝに詣でし俳人の句に、
   軍めく二人の嫁や花あやめ
   卯の花やをどし毛ゆゝし女武者
明治八年、此の小堂は火災に罹り、像も共に焼失せたりとぞ。

医王寺について

薬師如来の別称「医王」を寺号とする医王寺は天長3年(826年)に開基された寺で、この地に温泉を発見した鯖湖親王を祭るお宮があったので地域の名が鯖野になったと言われ、医王寺は、これにちなんで鯖野の薬師と呼ばれる。

医王寺は佐藤一族の菩提寺として広く知られ、佐藤庄司夫妻の墓継信と忠信の墓など、一族の墓が奥の院薬師堂の裏手にある。

佐藤庄司夫妻の墓の左側に、「乙和御前の悲しみが乗り移ったかのように西側の半分がつぼみのまま開かずに落ちてしまう」という「乙和の椿」の古木があり、瑠璃光殿(宝物殿)には「基治夫妻の使用した椀」、「弁慶の笈」、「弁慶直筆の経文」などの寺宝が展示されている。


 
  
俳聖 松尾芭蕉・みちのくの足跡
総合目次


第8集 芭 蕉 と 福 島
スタートページ

Copyright(C) 1999-2002  LAP Edc. SOFT.  All Rights Reserved.
 
Maintained online by
webmaster@bashouan.com