安達ケ原 「鬼婆」伝説について
 
黒塚碑 昔、京都の公卿屋敷に「岩手」という名の乳母がおり、姫を手塩にかけて育てていた。
その姫が重い病気にかかったので易者にきいてみると「妊婦の生き肝をのませれば治る」ということだった。そこで岩手は生き肝を求めて旅に出ることにした。しかし、妊婦の生き肝などたやすく手にはいるはずもなく、いつしか安達ケ原の岩屋まで足をのばしていた。
木枯らしの吹く晩秋の夕暮れ時、岩手が住まいにしていた岩屋に、生駒之助・恋衣(こいぎぬ)と名のる旅の若夫婦が宿を求めてきた。その夜ふけ、恋衣が急に産気づき、生駒之助は産婆を探しに外に走った。

この時とばかりに岩手は出刃包丁をふるい、苦しむ恋衣の腹を割き生き肝をとったが、恋衣は苦しい息の下から「幼い時京都で別れた母を探して旅をしてきたのに、とうとう会えなかった・・・」と語り息をひきとった。
ふとみると、恋衣はお守り袋を携えている。それは見覚えのあるお守り袋であった。なんと、恋衣は昔別れた岩手の娘だったのである。気付いた岩手はあまりの驚きに気が狂い鬼と化した。

以来、宿を求めた旅人を殺し、生き血を吸い、いつとはなしに「安達ケ原の鬼婆」として広く知れわたった。

数年後、知らずに宿を求めた紀州熊野の僧・東光坊が岩屋の秘密を知るところとなり逃げたが、鬼婆はすさまじい形相で追いかけてくる。東光坊はこれまでと、如意輪観音が入った笈(おい)をおろし祈願すると、観音像が空高く舞い上がって一大光明を放ち、白真弓(白木のマユミで作った弓)で鬼婆を討ち取ったという。

鬼婆は阿武隈川のほど近くに埋められ、塚は、その昔から「黒塚」と呼ばれている。


 
  
俳聖 松尾芭蕉・みちのくの足跡
総合目次


第7集 芭 蕉 と 二 本 松
スタートページ

Copyright(C) 1999  LAP Edc. SOFT.  All Rights Reserved.
 
Maintained online by
webmaster@bashouan.com