二本松資料写真と解説(2)

「資料写真と解説」で扱っている写真は、すべてLAP Edc. SOFTが撮影したものです。
掲載している写真の使用を希望される場合は、「使用条件のページ」をご参照ください。

芭蕉休み石 芭蕉休み石。

上方の平らな石が芭蕉が休んだと言われる石。
元禄2年(1689年)5月1日(新暦6月17日)供中の渡しで阿武隈川を越え黒塚に立ち寄った。供中の渡しは、安達ヶ橋の5、60m程下流域にあったという。
正岡子規句碑。

涼しさや聞けば昔は鬼の家

真弓山観世寺境内にある正岡子規の句碑。
「文学界」が創刊された明治26年(1893年)27歳の時、7月から8月にかけて東北の俳諧宗匠を訪ねる旅に出ており、その時に黒塚に立ち寄って詠んだもの。この句は、子規の旅行記「はて知らずの記」に収められている。   
涼しさや聞けば昔は鬼の家 (正岡子規)
黒塚 黒塚。

観世寺から山門前の道路を100mほど行った曲り角に鬼婆を埋葬したという「黒塚」がある。
黒塚碑と兼盛歌碑。

みちのくの安達ケ原の黒塚に鬼こもれりと聞くはまことか

写真左が平兼盛の歌碑。
黒塚碑と兼盛歌碑
安達太良山 安達太良山。

安達太良高原・岳温泉「鏡が池 碧山亭」から、朝日に輝く春の安達太良山を見る。


 
  
俳聖 松尾芭蕉・みちのくの足跡
総合目次


第7集 芭 蕉 と 二 本 松
スタートページ

Copyright(C) 1999-2000  LAP Edc. SOFT.  All Rights Reserved.
 
Maintained online by
webmaster@bashouan.com