須賀川資料写真と解説(1)

「資料写真と解説」で扱っている写真は、すべてLAP Edc. SOFTが撮影したものです。
掲載している写真の使用を希望される場合は、「使用条件のページ」をご参照ください。

十念寺 十念寺。

芭蕉と曽良は元禄2年4月28日(新暦6月15日)来迎山十念寺に参詣した。十念寺は文録元年(1592年)に開山された浄土宗の寺で、開基は善龍上人。寛政9年(1797年)に焼失したのち再建された。元禄2年当時の住職は第十世、教蓮社良頓善達上人。  
発足ノ筈定ル。矢内彦三郎来テ延引ス。昼過ヨリ彼宅ヘ行テ及暮。十念寺・諏訪明神ヘ参詣。朝之内、曇。(曽良随行日記)
十念寺の芭蕉句碑。

風流の初やおくの田植うた

須賀川女流俳人・市原多代女(1776〜1865)が建てた芭蕉句碑。句碑の裏面に「安政二季竜集乙卯暮春 晴霞庵多代女営之」とある。

十念寺の「奥の細道」碑
風流の初やおくの田植うた (芭蕉)
長松院 長松院。

相楽等躬の墓がある萬年山長松院は、須賀川城主二階堂山城守詮公内室(三浦平八郎為豊姫)を開基、麟山禅師を開山とする曹洞宗の寺院で、寺号は、同夫人の法名「長松院殿鶴窓昌寿大姉」に因む。建立地は、牛袋村(西川字堀底)、守山(郡山市守山町)を経、慶長18年(1613年)に須賀川の現在地に移されている。
相楽等躬句碑。
 
あの辺はつくば山哉炭けふり
 
長松院の境内に建つ等躬句碑。建立は昭和33年(1958年)。この句に「みちのくの標葉さかひにてよみしを」の前書がある。標葉(しねは)町は福島県双葉郡の内。交流があった岩城平城主内藤露沾を訪ねた折の句と見られる。
 
長松院の等躬の墓   
あの辺はつくば山哉炭けふり (等躬)
神炊館(諏訪)神社 神炊館(諏訪)神社。

建美依米命を主祭神とする神社で、古来、須賀川の総鎮守「諏訪神社」として崇敬を集めている。明治11年(1878年)、「じん(しん)すいかんじんじゃ」(正式には、「おたきやじんじゃ」)の社名となった。

「おくのほそ道」碑。

芭蕉と曽良は元禄2年4月28日(新暦6月15日)諏訪神社に参詣した。元禄2年当時の神主は須田市正秀陳。
発足ノ筈定ル。矢内彦三郎来テ延引ス。昼過ヨリ彼宅ヘ行テ及暮。十念寺・諏訪明神ヘ参詣。朝之内、曇。(曽良随行日記)
「おくのほそ道」碑


 
  
俳聖 松尾芭蕉・みちのくの足跡
総合目次


第5集 芭 蕉 と 須 賀 川
スタートページ

Copyright(C) 1999-2002  LAP Edc. SOFT.  All Rights Reserved.
 
Maintained online by
webmaster@bashouan.com