須賀川資料写真と解説(4)

「資料写真と解説」で扱っている写真は、すべてLAP Edc. SOFTが撮影したものです。
掲載している写真の使用を希望される場合は、「使用条件のページ」をご参照ください。

乙字ケ滝の説明板 乙字ケ滝の説明板。

芭蕉は、元禄2年(1689年)4月29日(新暦6月16日)須賀川の等躬宅を離れ、郡山への途次、この乙字ケ滝(石河の滝)に立ち寄った。

乙字ケ滝碑

乙字ケ滝。

那須高原に源を発する阿武隈川唯一の滝で、日本の滝百選に選ばれている。水かさが増した時は、百メートルほどの滝幅全体から強勢に落水する。

滝を上流側から見る
乙字ケ滝
さみだれは滝降りうづむみかさ哉 (芭蕉) 芭蕉句碑。

さみだれの滝降りうづむみかさ哉

滝見不動尊の傍らに建つ句碑で、乙字ケ滝を詠んだこの句は曽良の「俳諧書留」に書かれたもの。ただし、上五が「さみだれの」に変化している。 
須か川の駅より東二里ばかりに、石河の滝(乙字ケ滝)といふあるよし。行て見ん事をおもひ催し侍れバ、此比の雨にみかさ増りて、川を越す事かなハずといゝて止ければ、
さみだれは瀧降りうづむみかさ哉


 
  
俳聖 松尾芭蕉・みちのくの足跡
総合目次


第5集 芭 蕉 と 須 賀 川
スタートページ

Copyright(C) 1999-2002  LAP Edc. SOFT.  All Rights Reserved.
 
Maintained online by
webmaster@bashouan.com