相楽等躬と可伸について
 

相楽等躬について

相楽等躬邸跡 相楽貞栄の子。寛永14年(1637年)生まれ。江戸期に、須賀川俳壇の中核となった人物で、巽庵石田末得の門人。「葱摺」や「伊達衣」などの著書がある。

等躬の祖は、南朝の忠臣として知られる白河結城氏で、後代、晴常の時に、白河から中畑(福島県矢吹町の内)に移って山城を築き城主となった。

晴常の子晴辰を継いだ弟の晴時が、奥州に進軍する豊臣秀
吉に同調せず、天正17年(1589年)自ら城を捨てて歯向かい、勢至堂峠の馬尾滝で秀吉を銃で狙撃する。弾を逸らし、秀吉殺害に失敗した晴時は隈井姓に変えて身を隠し、天正19年(1591年)、蒲生氏郷に従い九戸政実の乱(九戸一揆)に出陣し、討死した。

残された子晴倶が幼少であったため、家臣の相楽孫右衛門が預って須賀川に逃れた。成長後、晴倶は結城から相楽姓に名を変え、その五男が、分家した甚左衛門貞栄であり、相楽等躬はその子伊左衛門である。

伊左衛門は、はじめ乍憚(さたん)または乍単斎(さたんさい)と号し、後に等躬、晩年になって藤躬と号した。等躬の屋敷は、現在の須賀川市本町にあったとされ、等躬は、須賀川宿で問屋を営む傍ら、須賀川の駅長の要職をつとめた。

芭蕉とは、問屋の用向きで江戸へ出府した折、俳諧を通して知り合った仲と見られ、芭蕉が、元禄2年(1689年)4月22日(新暦6月9日)から29日まで須賀川に長期逗留したのも等躬と旧交をあたためるためだった。

二人は、それぞれの師、北村季吟と石田末得がともに松永貞徳門下であることから同門・孫弟子の間柄にあたる。等躬は、芭蕉が延宝5年(1677年)または同6年に万句興行を催して立机披露をした際、次の発句を贈呈している。
  桃青万句に 
三吉野や世上の花を目八分 等躬
(岸本調和編「富士石」)

等躬は、俳諧を通じて岩城平城主の内藤露沾と交流があり、たびたび岩城平に出かけたが、正徳5年(1715年)、77歳のときに旅先の露沾邸で命を落とした。等躬の句に、露沾邸への道中に詠まれたと見られる「みちのくの標葉(福島県双葉郡の内)さかひにてよみしを あの辺はつくば山哉炭けふり」があり、これの句碑が、昭和33年(1958年)、菩提寺長松院の本堂前に建てられた。


可伸について

可伸庵跡 生没年不祥。俳号栗斎。俗名、簗井弥三郎。相楽等躬の屋敷の一隅に庵を結んで隠棲したと伝えられる僧で、「おくのほそ道」に「此宿の傍に、大きなる栗の木陰をたのみて、世をいとふ僧有」と書かれ、俳諧書留に「桑門可伸のぬしは栗の木の下に庵をむすべり」と書かれたた人物。委細は不明。

芭蕉が須賀川に到着した翌々日の4月24日、可伸の庵で芭蕉、栗斎(可伸)、等躬、曽良、
等雲、須竿、素蘭による七吟歌仙が催され、「おくのほそ道」の「世の人の見付ぬ花や軒の栗」の草稿にあたる「隠家やめにたゝぬ花を軒の栗」(「俳諧書留」の中。「伊達衣」では「かくれ家や目だゝぬ花を軒の栗」)が発句として吟じられた。

楽翁の号で知られる白河城主松平定信も、「退閑雑木」の中で「芭蕉一とせ、みちのくへ行て、わが封内の須賀川となんいふ所へ来りて一宿し、その軒端の栗によって発句し、ともなひ来りし曽良、又はこの地のものども集りて、三十六句の連歌したるが、今に芭蕉がその連歌かいたるもの、須賀川に持ち侍るがあり、この道このむものは、殊に尊ぶ事になむ」と、可伸庵の栗の木や当日の歌仙について記している。

世間から隔たり、等躬屋敷の片隅でひっそりと庵を営む可伸であったが、心ならずも、芭蕉の立ち寄りをきっかけに時の人となり、庭先に植えてある食用の栗の木も一躍名所になってしまった。こうしたことへの可伸の戸惑いが、次の句文で浮き彫りにされている。

予が軒の栗は、更に行基のよすがにもあらず、唯実をとりて喰のみなりしを、いにし夏、芭蕉翁のみちのく行脚の折から一句を残せしより、人々愛る事と成侍りぬ。
梅が香に今朝はかすらん軒の栗 須賀川栗斎 可伸
(「伊達衣」巻下)

可伸の詠句としては、他に、元禄5年(1692年)刊「壬申歳旦」に載る「万歳の烏帽子傾く狂ひ哉」と等躬編「葱摺」(上巻)坤の巻に載る「凩(こがらし)に濁り次第の清水哉」がある。



芭蕉が須賀川に残した8日間の足跡」参照


 
  
俳聖 松尾芭蕉・みちのくの足跡
総合目次


第5集 芭 蕉 と 須 賀 川
スタートページ

Copyright(C) 1999-2002  LAP Edc. SOFT.  All Rights Reserved.
 
Maintained online by
webmaster@bashouan.com