松尾芭蕉・おくのほそ道文学館   芭蕉の肖像画展示室

一蝶筆 芭蕉と柳図
 
江東区芭蕉記念館所蔵

一蝶筆 芭蕉と柳図 一蝶筆 芭蕉と柳図
 
英 一蝶
名は信香。字は駿。別号は朝湖・牛麿・狩林散人・旧草堂・隣樵堂・一峰閑人など。俳号は暁雲。承応元年(1652年)〜享保9年(1724年)。大坂(大阪)生まれ。多賀伯庵の子。江戸前・中期の画人。15歳で父に従って江戸に出て、狩野安信に入門するが、のち破門。元禄11年(1698年)幕府の忌諱にふれ、三宅島に流刑。宝永6年(1709年)許されて江戸に戻り、英一蝶を名乗る。

<展示室目次>


掲載している画像と解説文について

当展示室の肖像画は、すべて江東区芭蕉記念館が所蔵しています。

当展示室の肖像画および作者の解説文は、江東区芭蕉記念館の許可を得て
「図録 芭蕉の肖像」(江東区芭蕉記念館編)から転載して掲載しています。

掲載している画像の無断使用・転載を禁止します。


おくのほそ道 総合データベース

俳聖 松尾芭蕉・みちのくの足跡

松尾芭蕉・おくのほそ道文学館


Copyright(C) 2001-2006  LAP Edc. SOFT.  All Rights Reserved.
 
Maintained online by webmaster@bashouan.com
 
LAP Edc. SOFTのホームページ

 
LAP Edc. SOFTのホームページ