松尾芭蕉・おくのほそ道文学館   芭蕉の肖像画展示室

蕪村筆 芭蕉坐像図
 
江東区芭蕉記念館所蔵

蕪村筆 芭蕉坐像図 蕪村筆 芭蕉坐像図
 
与謝 蕪村
谷口氏のち与謝氏。享保元年(1716年)〜天明3年(1783年)。江戸中・後期の画人・俳人。本作品は、安永8年(1779年)64歳のもの。賛は、すべて芭蕉の句を書しているが、坐像左側には「早行残夢の句・・・(中略)・・・はじめに書したるを忘れて又書す」とあり、上段9行目と中段3、4行目に2度書いてしまったことを述べ、「こいねがハくハ其再復をとがむる事なかれ 夜半亭」とした添書がある。

<展示室目次>


掲載している画像と解説文について

当展示室の肖像画は、すべて江東区芭蕉記念館が所蔵しています。

当展示室の肖像画および作者の解説文は、江東区芭蕉記念館の許可を得て
「図録 芭蕉の肖像」(江東区芭蕉記念館編)から転載して掲載しています。

掲載している画像の無断使用・転載を禁止します。


おくのほそ道 総合データベース

俳聖 松尾芭蕉・みちのくの足跡

松尾芭蕉・おくのほそ道文学館


Copyright(C) 2001-2006  LAP Edc. SOFT.  All Rights Reserved.
 
Maintained online by webmaster@bashouan.com
 
LAP Edc. SOFTのホームページ

 
LAP Edc. SOFTのホームページ