松尾芭蕉・おくのほそ道文学館
盛岡市中央公民館所蔵
「奥州道中 増補行程記」展示室
画像をクリックすることで、絵図を拡大してご覧いただけます。
   

[千住(3)] 資料
 

[千住(2)] 資料
 

[千住(1)] 資料
 

[草加(3)] 資料
 

[草加(2)] 資料
 

[草加(1)] 資料
 

[殺生石へ(鍋掛)] 資料
 

[殺生石へ(野間)] 資料
 

[室の八島] 資料
 

[白河(1)] 資料
 

[遊行柳] 資料
 

[殺生石] 資料
 

[矢吹宿] 資料
 

[白河(3)] 資料
 

[白河(2)] 資料
 

[須賀川(3)] 資料
 

[須賀川(2)] 資料
 

[須賀川(1)] 資料
   

[安積郡(3)日和田] 資料
   

[安積郡(2)郡山(2)] 資料
 

[安積郡(1)郡山(1)] 資料
   

[福島(1)] 資料
   

[二本松・安達が原] 資料
 

[安積郡(4)安積山] 資料
 

[越河〜斎川] 資料
   

[福島(3) 信夫文知摺石] 資料
 

[福島(2) 福島城下] 資料
   

[仙台城下] 資料
   

[岩沼] 資料
 

[白石城下] 資料
   

[一関(3) 芭蕉二宿の町]
   

[一関(2) 百人町と大町]
   

[一関(1) 入口と上街道] 資料
   

[平泉(2) 高館、中尊寺] 資料
   

[平泉(1) 柳之御所など] 資料
   

[一関(4) 山ノ目町入口]
   

[平泉(3) 泉ヶ城など] 資料

以下は一続きの絵図です。

□千住(1)〜(3) □草加(1)〜(3) □殺生石へ(野間)、殺生石へ(鍋掛)、殺生石 
□白河(1)〜(3) □須賀川(1)〜(3) □安積郡(1)〜(2) □安積郡(3)〜(4) □福島(1)〜(2)
□一関(1)〜(4) □平泉(1)〜(3)


「奥州道中 増補行程記」について

盛岡藩八代藩主南部利視(1708〜1752)の命を受けて、同藩士清水秋全が
宝暦元年(1751年)に著作して献上したもの。

「おくのほそ道」の旅(1689年)から60余年後の、江戸日本橋から盛岡までの
街道界隈の風景が、絵と文章で克明に記されている。

本展示室では、381の図版の中から、「おくのほそ道」本文又は「曽良随行日記」で
触れられている地域を抜き出して掲載し、当時の旅を偲ぶよすがとしている。


掲載している画像について

画像の出典は、東洋書院刊「新南部叢書 奥州道中 増補行程記」です。

盛岡市中央公民館および株式会社東洋書院の許可を得て掲載しています。
 
< 盛岡市中央公民館 掲載許可番号 No.14 >

掲載している画像の無断使用・転載を禁止します。


おくのほそ道 総合データベース

俳聖 松尾芭蕉・みちのくの足跡

松尾芭蕉・おくのほそ道文学館


Copyright(C) 2002-2006  LAP Edc. SOFT.  All Rights Reserved.
 
Maintained online by webmaster@bashouan.com
 
LAP Edc. SOFTのホームページ

 
LAP Edc. SOFTのホームページ