松尾芭蕉・おくのほそ道文学館   資料展示室

名所江戸百景 千住大はし 歌川広重
 
足立区立郷土博物館所蔵

名所江戸百景 千住大はし 歌川広重
  
歌川(安藤)広重(1797〜1858)は、葛飾北斎と同じ江戸末期の浮世絵師で、歌川豊広の門人。「名所江戸百景」、「東海道五十三次」などの傑作を残し、作品は、ゴッホなどヨーロッパの印象派の画家に大きな影響を与えた。「名所江戸百景」はタイトルの通り、江戸の名所、全118景をシリーズにして描き上げたもので、大川(隅田川)の第1番目の架橋を描いた「千住大はし」はその中の1点。

[参 照]
千住宿・旧日光街道を歩く

<展示室目次>


掲載している画像について

足立区立郷土博物館から掲載許可をいただき展示しています。

画像の出典は足立区教育委員会編「足立風土記」で、
掲載について足立区より承諾を得ています。

画像の無断使用・転載を禁止します。


おくのほそ道 総合データベース

俳聖 松尾芭蕉・みちのくの足跡

松尾芭蕉・おくのほそ道文学館


Copyright(C) 2001-2006  LAP Edc. SOFT.  All Rights Reserved.
 
Maintained online by webmaster@bashouan.com
 
LAP Edc. SOFTのホームページ

 
LAP Edc. SOFTのホームページ